リソース ガバナーの有効化

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Managed Instance

リソース ガバナーは、既定ではオフになっています。 SQL Server Management Studio または Transact-SQL のいずれかを使用して、リソース ガバナーを有効にすることができます。

はじめに

リソース ガバナーを有効にすると、結果は次のようになります。

  • 新しい接続に対して分類子関数が実行され、それらのワークロードがワークロード グループに割り当てられます。

  • リソース ガバナー構成で指定されているリソース制限が有効になり適用されます。

  • リソース ガバナーを有効にする前に存在していた要求に、リソース ガバナーが無効であったときに加えた構成の変更が反映されます。

制限事項と制約事項

ユーザー トランザクション内でリソース ガバナーを有効にする場合、 ALTER RESOURCE GOVERNOR ステートメントを使用できません。

アクセス許可

リソース ガバナーを有効にするには、CONTROL SERVER 権限が必要です。

オブジェクト エクスプローラーを使用してリソース ガバナーを有効にする

オブジェクト エクスプローラーを使用してリソース ガバナーを有効にするには

  1. SQL Server Management Studioでオブジェクト エクスプローラーを開き、 [管理] ノードを [リソース ガバナー] ノードまで再帰的に展開します。

  2. [リソース ガバナー] を右クリックし、 [有効化] をクリックします。

リソース ガバナーのプロパティを使用してリソース ガバナーを有効にする

[リソース ガバナーのプロパティ] ページでリソース ガバナーを有効にするには

  1. SQL Server Management Studioでオブジェクト エクスプローラーを開き、 [管理] ノードを [リソース ガバナー] ノードまで再帰的に展開します。

  2. [リソース ガバナー] を右クリックし、 [プロパティ] をクリックすると、 [リソース ガバナーのプロパティ] ページが開きます。

  3. [リソース ガバナーの有効化] チェック ボックスをオンにしてから、 [OK] をクリックします。

Transact-SQL を使用してリソース ガバナーを有効にする

Transact-SQL を使用してリソース ガバナーを有効にするには

  1. ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE ステートメントを実行します。

例 (Transact-SQL)

リソース ガバナーを有効にする例を次に示します。

ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE;  
GO  

参照

リソース ガバナー
リソース ガバナーの無効化
リソース ガバナー リソース プール
リソース ガバナー ワークロード グループ
リソース ガバナーの分類子関数
ALTER RESOURCE GOVERNOR (Transact-SQL)