スクリプトの生成とパブリッシュ ウィザードGenerate and Publish Scripts Wizard

スクリプトの生成とパブリッシュ ウィザード を使用すると、 SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine または Azure SQL データベースAzure SQL Databaseのインスタンス間でデータベースを転送するスクリプトを作成できます。You can use the Generate and Publish Scripts Wizard to create scripts for transferring a database between instances of the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine or Azure SQL データベースAzure SQL Database. データベース用のスクリプトは、ローカル ネットワーク上のデータベース エンジンのインスタンスまたは SQL データベースSQL Databaseから生成できます。You can generate scripts for a database on an instance of the Database Engine in your local network, or from SQL データベースSQL Database. 生成したスクリプトは、データベース エンジンの別のインスタンスまたは SQL データベースSQL Databaseで実行できます。The generated scripts can be run on another instance of the Database Engine or SQL データベースSQL Database. また、ウィザードを使用して、Database Publishing Services を使用して作成された Web サービスに、データベースの内容を直接パブリッシュすることもできます。You can also use the wizard to publish the contents of a database directly to a Web service created by using the Database Publishing Services. スクリプトの作成は、データベース全体または特定のオブジェクトに限定して行うことができます。You can create scripts for an entire database, or limit it to specific objects.

  1. Before you begin: Publishing to a Hosted Service, PermissionsBefore you begin: Publishing to a Hosted Service, Permissions

  2. To generate or publish a script, using: The Generate and Publish Scripts WizardTo generate or publish a script, using: The Generate and Publish Scripts Wizard

はじめにBefore You Begin

転送元と転送先のデータベースは、 SQL データベースSQL Database、または データベース エンジンDatabase Engine 以降を実行している SQL Server 2005SQL Server 2005 のインスタンス上に配置できます。The source and target database can be on SQL データベースSQL Database, or an instance of the データベース エンジンDatabase Engine running SQL Server 2005SQL Server 2005 or later.

ホストされたサービスへのパブリッシュ Publishing to a Hosted Service

スクリプトの生成とパブリッシュ ウィザード を使用すると、スクリプトの作成に加えて、ホストされた特定の種類の SQL Server Web サービスにデータベースをパブリッシュできます。In addition to creating scripts, the Generate and Publish Scripts Wizard can be used to publish a database to a specific type of hosted SQL Server Web service. SQL Server Hosting Toolkit には、CodePlex 上で共有されているソース プロジェクトとして Database Publishing Services が提供されています。The SQL Server Hosting Toolkit provides Database Publishing Services as a shared source project on CodePlex. Database Publishing Services プロジェクトを使用すると、Web ホスティング プロバイダーの顧客がデータベースを簡単に Web サービスに配置できる一連の Web サービスを構築することができます。The Database Publishing Services project can be used by Web hosting providers to build a set of Web services that make it easy for their customers to deploy databases to the Web service. SQL Server Hosting Toolkit のダウンロードの詳細については、「 SQL Server Database Publishing Services」をご覧ください。For more information about downloading the SQL Server Hosting Toolkit, see SQL Server Database Publishing Services.

データベースを Web ホスティング サービスにパブリッシュするには、ウィザードの [スクリプト作成オプションの設定] ページで [Web サービスにパブリッシュ] オプションを選択します。To publish a database to a Web hosting service, select the Publish to Web Service option on the Set Scripting Options page of the wizard.

権限 Permissions

データベースをパブリッシュするには、少なくとも元のデータベースで db_ddladmin 固定データベース ロールのメンバーシップが必要です。The minimum permission to publish a database is membership in the db_ddladmin fixed database role on the origin database. ホスティング プロバイダーの SQL ServerSQL Server のインスタンスにデータベース スクリプトをパブリッシュするには、少なくともターゲット データベースで db_ddladmin 固定データベース ロールのメンバーシップが必要です。The minimum permission to publish a database script to an instance of SQL ServerSQL Server at the hosting provider is membership in the db_ddladmin fixed database role on the target database.

また、ホスティング プロバイダーのアカウントにアクセスしてデータベースをウィザードでパブリッシュするには、ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。The user also has to supply a user name and password to access their hosting provider account to publish with the wizard. ソース データベースをパブリッシュする前に、ホスティング プロバイダーにターゲット データベースを作成しておく必要もあります。The target database must be created at the hosting provider before the source database is published. パブリッシュを実行すると、その既存のデータベースのオブジェクトは上書きされます。Publishing overwrites objects in that existing database.

スクリプトの生成とパブリッシュ ウィザードの使用 Using the Generate and Publish Scripts Wizard

スクリプトを生成してパブリッシュするにはTo generate a publish a script

  1. オブジェクト エクスプローラーで、スクリプト化するデータベースを含んだインスタンスのノードを展開します。In Object Explorer, expand the node for the instance containing the database to be scripted.

  2. [タスク]をポイントし、 [スクリプトの生成]をクリックします。Point to Tasks, and then click Generate Scripts.

  3. ウィザードの各ダイアログの手順を実行します。Complete the wizard dialogs:

[説明] ページ Introduction Page

このページには、スクリプトを生成またはパブリッシュする手順が説明されています。This page describes the steps for generating or publishing a script.

[次回からこのページを表示しない]: スクリプトの生成とパブリッシュ ウィザードを次回起動したときにこのページをスキップします。Do not show this page again - Skip this page the next time you start the Generate and Publish Scripts Wizard.

[次へ >] : [方法の選択] ページに進みます。Next > - Proceeds to the Choose Method page.

[キャンセル] : データベースからスクリプトを生成またはパブリッシュせずに、ウィザードを終了します。Cancel - Ends the wizard without generating or publishing a script from the database.

[オブジェクトの選択] ページ Choose Objects Page

このページでは、このウィザードで生成されたスクリプトに含めるオブジェクトを選択できます。Use this page to choose which objects you want to include in the scripts generated by this wizard. 次のウィザード ページでは、これらのスクリプトを指定した場所に保存するか、これらのスクリプトを使用して、 SQL Server Database Publishing Servicesがインストールされているリモートの Web ホスティング プロバイダーにデータベース オブジェクトをパブリッシュするかを選択できます。In the following wizard page, you will have the option to save these scripts to the location of your choice or use them to publish database objects to a remote Web hosting provider that has installed the SQL Server Database Publishing Services.

データベース全体のスクリプトを作成するオプション : データベース内のすべてのオブジェクトのスクリプトを生成し、データベース自体のスクリプトを含めます。Script Entire Database Option - Click to generate scripts for all objects in the database and to include a script for the database itself.

[特定のデータベース オブジェクトの選択] : ウィザードを制限して、データベース内の選択した特定のオブジェクトのみのスクリプトを生成します。Select specific database objects - Click to limit the wizard to generate scripts for only the specific objects in the database that you choose:

  • [データベース オブジェクト] : スクリプトに含めるオブジェクトを少なくとも 1 つ選択します。Database objects - Select at least one object to include in the script.

  • [すべて選択] : 利用可能なすべてのチェック ボックスをオンにします。Select All - Selects all available check boxes.

  • [すべて選択解除] : すべてのチェック ボックスをオフにします。Deselect All - Clears all the check boxes. 続行するには、1 つ以上のデータベース オブジェクトを選択する必要があります。You must then select at least one database object to continue.

[スクリプト作成オプションの設定] ページ Set Scripting Options Page

このページでは、スクリプトを指定した場所に保存するか、スクリプトを使用してリモートの Web ホスティング プロバイダーにデータベース オブジェクトをパブリッシュするかを指定します。Use this page to specify if you want the wizard to save scripts to the location of your choice or to use them to publish database objects to a remote Web hosting provider. パブリッシュするには、Database Publishing Services Web サービスを使用してインストールされた Web サービスにアクセスできる必要があります。To publish, you must have access to a Web service installed by using the Database Publishing Services Web service.

[オプション] : スクリプトを指定した場所に保存する場合は、 [スクリプトを指定した場所に保存]をクリックします。Options - If you want the wizard to save scripts to a location of your choice, select Save scripts to a specific location. その後、データベース エンジンのインスタンスまたは SQL データベースSQL Databaseに対して、保存したスクリプトを実行できます。You can later run the scripts against either an instance of the Database Engine, or against SQL データベースSQL Database. リモートの Web ホスティング プロバイダーにデータベース オブジェクトをパブリッシュする場合は、 [Web サービスにパブリッシュ]をクリックします。If you want the wizard to publish your database objects to a remote Web hosting provider, select Publish to Web service.

[スクリプトを指定した場所に保存] : 1 つまたは複数の Transact-SQL スクリプト ファイルを指定した場所に保存します。Save Scripts to a Specific Location – save one or more .Transact-SQL script files to a location you specify.

  • [詳細設定] : スクリプトの生成に関する拡張オプションを選択できる場合には、 [スクリプト作成の詳細オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。Advanced - Display the Advanced Scripting Options dialog box where you can select advanced options for generating scripts.

  • [ファイルに保存] : スクリプトを 1 つ以上の .sql ファイルに保存します。Save to file - Save the script to one or more .sql files. 参照ボタン () をクリックしてファイルの名前と場所を指定します。Click the browse button () to specify a name and location for the file. 同じ名前のファイルが既に存在する場合にそのファイルを置き換えるには、 [既存のファイルの上書き] チェック ボックスをオンにします。Select the Overwrite existing file check box to replace the file if one already exists with the same name. スクリプトを生成する方法を指定するには、 [単一ファイル] または [オブジェクトごとに 1 つのファイル] をクリックします。Click Single file or Single file per object to specify how the scripts should be generated. スクリプトに使用するテキストの種類を指定するには、 [Unicode テキスト] または [ANSI テキスト] をクリックします。Click Unicode text or ANSI text to specify the kind of text that should be used in the script.

  • [クリップボードに保存] : Transact-SQL スクリプトをクリップボードに保存します。Save to Clipboard - Save the Transact-SQL script to the Clipboard.

  • [新しいクエリ ウィンドウに保存] : データベース エンジン クエリ エディター ウィンドウにスクリプトを生成します。Save to new query window - Generate the script to a Database Engine Query Editor window. エディター ウィンドウが開いていない場合、スクリプトのターゲットとして新しいエディター ウィンドウが開きます。If no editor window is open, a new editor window is opened as the target for the script.

    [Web サービスにパブリッシュ] : プロバイダーを構成したリモート Web ホスティング サービスに、選択したオブジェクトをパブリッシュします。Publish to Web Service - Publish the objects that you selected to a remote Web hosting service for which you have configured a provider.

  • [プロバイダーの管理] : [プロバイダーの管理] ダイアログ ボックスが表示されます。Manage Providers - Display the Manage Providers dialog box. [プロバイダーの管理] ダイアログ ボックスでは、ホスティング プロバイダーを追加、編集、および削除できます。Use the Manage Providers dialog box to add, edit, and delete hosting providers. 各プロバイダーでは、Web ホスティング サービスへの接続情報と、そのサービス上の対象になるデータベースを指定します。Each provider specifies the connection information to a Web hosting service and the target databases on that service.

  • [詳細設定] : スクリプトのパブリッシングに関する拡張オプションを選択できる場合には、 [パブリッシングの詳細オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。Advanced - Display the Advanced Publishing Options dialog box where you can select advanced options for publishing scripts.

  • [プロバイダー] : 選択したオブジェクトのパブリッシュ先のデータベースをホストしている Web ホスティング サービスの接続情報を指定するプロバイダーを選択します。Provider - Select the provider that specifies the connection information for the Web hosting service that hosts the database where you want to publish the objects that you selected. プロバイダーを選択するには、 [プロバイダーの管理] ダイアログ ボックスにプロバイダーが少なくとも 1 つは表示される必要があります。You must have at least one provider in the Manage Providers dialog box to select a provider.

  • [対象になるデータベース] : 選択したオブジェクトのパブリッシュ先のデータベースを選択します。Target database - Select the target database where you want to publish the objects that you selected. 対象になるデータベースを選択する前に、プロバイダーを選択する必要があります。You must select a provider before selecting a target database.

[スクリプト作成の詳細オプション] ページ Advanced Scripting Options Page

このページでは、このウィザードでスクリプトを生成する方法を指定できます。Use this page to specify how you want this wizard to generate scripts. さまざまなオプションを使用できます。Many different options are available. SQL データベースSQL Database [データベース エンジンの種類] で指定した SQL Server またはのバージョンによってオプションがサポートされていない場合、それらのオプションはグレーで表示されます。Options are greyed out if they are not supported by the version of SQL Server or SQL データベースSQL Database specified in Database engine type.

[オプション] : 詳細オプションを指定するには、各オプションの右にある使用可能な設定の一覧から値を選択します。Options - Specify advanced options by selecting a value from the list of available settings to the right of each option.

[全般] : 次のオプションは、スクリプト全体に適用されます。General – The following options apply to the entire script.

  • [ANSI Padding] : ANSI PADDING ON をスクリプトに含めます。ANSI Padding - Includes ANSI PADDING ON in the script. 既定値は Trueです。The default is True.

  • [ファイルに追加] : Trueの場合、 [スクリプト作成オプションの設定] ページで指定した既存のスクリプトの末尾に、このスクリプトを追加します。Append to file - When True, this script is added to the bottom of an existing script, specified on the Set Scripting Options page. Falseの場合、以前のスクリプトが新しいスクリプトで上書きされます。When False, the new script overwrites a previous script. 既定値は Falseです。The default is False.

  • [エラー発生時にスクリプトを続行] : Trueの場合、エラーが発生した時点でスクリプトの生成を停止します。Continue scripting on error - When True, scripting stops when an error occurs. Falseの場合は、スクリプトの生成を続行します。When False, scripting continues. 既定値は Falseです。The default is False.

  • [UDDT を基本型に変換] : Trueの場合、ユーザー定義データ型 (UDDT) を、その UDDT の作成に使用された基本データ型に変換します。Convert UDDTs to base types - When True, user-defined data types (UDDT) are converted into the underlying base data types that were used to create them. スクリプトを実行するデータベースに UDDT が存在しない場合は、 True を使用します。Use True when the UDDT does not exist in the database where the script will run. Falseの場合は、UDDT が使用されます。When False, UDDTs are used. 既定値は Falseです。The default is False.

  • [依存オブジェクトのスクリプトを生成] : 選択したオブジェクトのスクリプトを実行するにあたり、その他のオブジェクトも必要な場合は、それらのオブジェクトのスクリプトも生成します。Generate script for dependent objects - Generates a script for any object that is required to be present when the script for the selected object is executed. 既定値は Trueです。The default is True.

  • [説明用ヘッダーを含める] : Trueの場合はスクリプトに説明用のコメントが追加され、オブジェクトごとに、スクリプトが複数のセクションに分割されます。Include descriptive headers - When True, descriptive comments are added to the script separating the script into sections for each object. 既定値は Falseです。The default is False.

  • [If NOT EXISTS を含める] : Trueの場合は、オブジェクトが既にデータベースに存在するかどうかを確認するステートメントが追加されます。オブジェクトが既に存在する場合は、新しいオブジェクトは作成されません。Include if NOT EXISTS - When True, the script includes a statement to check whether the object already exists in the database, and does not try to create a new object if the object already exists. 既定値は Falseです。The default is False.

  • [システム制約名を含める] : Falseの場合、元のデータベースで自動的に名前を付けられた制約の既定値は、対象のデータベースで自動的に名前が変更されます。Include system constraint names - When False, the default value of constraints that were automatically named on the origin database are automatically re-named on the target database. Trueの場合、制約は元のデータベースと対象のデータベースで同じ名前になります。When True, constraints have the same name on the origin and target databases.

  • [サポートされていないステートメントを含める] : Falseの場合は、選択したサーバーのバージョンまたはエンジンの種類でサポートされていないオブジェクトのステートメントをスクリプトに含めません。Include unsupported statements - When False, the script does not contain statements for objects that are not supported on the selected server version or engine type. Trueの場合は、サポートされていないオブジェクトをスクリプトに含めます。When True, the script contains the unsupported objects. サポートされていないオブジェクトの各ステートメントには、選択した SQL Server バージョンまたはエンジンの種類に対してスクリプトを実行する前にステートメントを編集する必要があるというコメントが付加されます。Each statement for an unsupported object will have a comment that the statement must be edited before the script can be run against the selected SQL Server version or engine type. 既定値は Falseです。The default is False.

  • [オブジェクト名を修飾するスキーマ] : 作成されるオブジェクトの名前にスキーマ名を含めます。Schema qualify object names - Includes the schema name in the name of objects that are created. 既定値は Trueです。The default is True.

  • [バインドのスクリプトを作成] : 既定のオブジェクトとルール オブジェクトのバインドのスクリプトを生成します。Script binding - Generates a script for binding default and rule objects. 既定値は Falseです。The default is False. 詳細については、「CREATE DEFAULT (Transact-SQL) 」と「CREATE RULE (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see CREATE DEFAULT (Transact-SQL) and CREATE RULE (Transact-SQL).

  • [スクリプトの照合順序]: 照合順序に関する情報をスクリプトに追加します。Script collation - Includes collation information in the script. 既定値は Falseです。The default is False. 詳細については、「 Collation and Unicode Support」を参照してください。For more information, see Collation and Unicode Support.

  • [既定のスクリプトを作成] : テーブル列の既定値を設定するために使用される既定のオブジェクトを含めます。Script defaults - Includes default objects used to set default values in table columns. 既定値は Trueです。The default is True. 詳細については、「CREATE DEFAULT (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see CREATE DEFAULT (Transact-SQL).

  • [DROP および CREATE のスクリプトを作成]: [CREATE のスクリプトを作成] の場合、オブジェクトを作成する Transact-SQLTransact-SQL ステートメントを追加します。Script drop and create - When Script CREATE, Transact-SQLTransact-SQL statements are included to create objects. [DROP のスクリプトを作成]の場合、オブジェクトを削除する Transact-SQLTransact-SQL ステートメントを追加します。When Script DROP, Transact-SQLTransact-SQL statements are included to drop objects. [DROP および CREATE のスクリプトを作成]の場合、スクリプトを作成するオブジェクトごとに Transact-SQLTransact-SQL の DROP ステートメントとその後に CREATE ステートメントをスクリプトに追加します。When Script DROP and CREATE, the Transact-SQLTransact-SQL drop statement is included in the script, followed by the create statement, for each scripted object. 既定値は [CREATE のスクリプトを作成]です。The default is Script CREATE.

  • [拡張プロパティのスクリプトを作成] : オブジェクトに拡張プロパティが含まれている場合、それらの拡張プロパティをスクリプトに追加します。Script extended properties - Includes extended properties in the script if the object has extended properties. 既定値は Trueです。The default is True.

  • [エンジンの種類のスクリプト] : 選択した SQL データベースSQL Database または SQL Server データベース エンジンのインスタンスのいずれかで実行できるスクリプトを作成します。Script for engine type - Creates a script that can be run on the selected type of either SQL データベースSQL Database or an instance of the SQL Server Database Engine. 指定した種類でサポートされていないオブジェクトはスクリプトに追加されません。Objects not supported on the specified type are not included in the script. 既定値は、元のサーバーの種類です。The default is the type of the origin server.

  • [サーバーのバージョン互換のスクリプト] : 選択したバージョンの SQL ServerSQL Serverで実行できるスクリプトを作成します。Script for server version - Creates a script that can be run on the selected version of SQL ServerSQL Server. あるバージョンの新機能のスクリプトを、それ以前のバージョン用に生成することはできません。Features new to a version cannot be scripted for earlier versions. 既定値は、元のサーバーのバージョンです。The default is the version of the origin server.

  • [スクリプト ログイン] : スクリプトを生成するオブジェクトがデータベース ユーザーの場合に、このオプションを使用すると、そのユーザーに必要なログインが作成されます。Script logins - When the object to be scripted is a database user, this option creates the logins on which the user depends. 既定値は Falseです。The default is False.

  • [オブジェクトレベル権限のスクリプトを作成] : データベース内のオブジェクトに権限を設定するためのスクリプトを追加します。Script object-Level permissions - Includes scripts to set permission on the objects in the database. 既定値は Falseです。The default is False.

  • [統計のスクリプトを作成] : [統計のスクリプトを作成]に設定すると、オブジェクトの統計を再作成する CREATE STATISTICS ステートメントが追加されます。Script statistics - When set to Script Statistics, this option includes the CREATE STATISTICS statement to re-create statistics on the object. [統計とヒストグラムのスクリプトを作成します] オプションを選択すると、ヒストグラムの情報も作成されます。The Script statistics and histograms option also creates histogram information. 既定では、 [統計のスクリプトを作成しません]が設定されています。The default is Do not script statistics. 詳細については、「CREATE STATISTICS (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see CREATE STATISTICS (Transact-SQL).

  • [USE DATABASE のスクリプトを作成]: スクリプトに USE DATABASE ステートメントを追加します。Script USE DATABASE - Adds the USE DATABASE statement to the script. データベース オブジェクトが適切なデータベースに作成されるようにするには、 USE DATABASE ステートメントを含めます。To make sure that database objects are created in the correct database, include the USE DATABASE statement. スクリプトが別のデータベースで使用される可能性がある場合は、 False を選択して USE DATABASE ステートメントを除外します。When the script is expected to be used in a different database, select False to omit the USE DATABASE statement. 既定値は Trueです。The default is True. 詳細については、「USE (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see USE (Transact-SQL).

  • [スクリプトを作成するデータの種類]: スクリプトを作成する対象を [データのみ][スキーマのみ]、またはその両方から選択します。Types of data to script - Selects what should be scripted: Data only, Schema only, or both. 既定値は [スキーマのみ]です。The default is Schema only.

    [テーブル/ビュー オプション] : 次のオプションは、テーブルまたはビューのスクリプトのみに適用されます。Table/View Options - The following options apply only to scripts for tables or views.

  • [変更の追跡のスクリプトを作成] : 変更の追跡が元のデータベースまたは元のデータベースのテーブルで有効になっている場合に、変更の追跡のスクリプトを作成します。Script change tracking - Scripts change tracking if it is enabled on the origin database or tables in the origin database. 既定値は Falseです。The default is False. 詳細については、「変更の追跡について (SQL Server)」を参照してください。For more information, see About Change Tracking (SQL Server).

  • [CHECK 制約のスクリプトを作成] : CHECK 制約をスクリプトに追加します。Script check constraints – Adds CHECK constraints to the script. 既定値は Trueです。The default is True. CHECK 制約を追加すると、指定した条件を満たすデータのみがテーブルに入力されます。CHECK constraints require data that is entered into a table to meet some specified condition. 詳しくは、「 Unique Constraints and Check Constraints」をご覧ください。For more information, see Unique Constraints and Check Constraints.

  • [データ圧縮オプションのスクリプトを作成] : データ圧縮オプションが元のデータベースまたは元のデータベースのテーブルで構成されている場合に、データ圧縮オプションのスクリプトを作成します。Script data compression options - Scripts data compression options if they are configured on the origin database or tables in the origin database. 詳細については、「 Data Compression」を参照してください。For more information, see Data Compression. 既定値は Falseです。The default is False.

  • [外部キーのスクリプトを作成] : 外部キーをスクリプトに追加します。Script foreign keys - Adds foreign keys to the script. 既定値は Trueです。The default is True. 外部キーは、テーブル間のリレーションシップを示し、そのリレーションシップを適用します。Foreign keys indicate and enforce relationships between tables.

  • [フルテキスト インデックスのスクリプトを作成] : フルテキスト インデックスを作成するスクリプトを作成します。Script full-text indexes - Scripts the creation of full-text indexes. 既定値は Falseです。The default is False.

  • [インデックスのスクリプトを作成] : インデックスを作成するスクリプトを作成します。Script indexes - Scripts the creation of indexes. 既定値は Trueです。The default is True. インデックスを使用すると、データをすばやく検索できます。Indexes help you find data quickly.

  • [主キーのスクリプトを作成] : テーブルに主キーを作成するスクリプトを作成します。Script primary keys - Scripts the creation of primary keys on tables. 既定値は Trueです。The default is True. 主キーは、テーブルの各行を一意に識別します。Primary keys uniquely identify each row of a table.

  • [トリガーのスクリプトを作成] : テーブルに DML トリガーを作成するスクリプトを作成します。Script triggers - Scripts the creation of DML triggers on tables. 既定値は Falseです。The default is False. DML トリガーは、データベースで DML (データ操作言語) イベントが発生したときに起動されるようにプログラミングされた操作です。A DML trigger is an action programmed to execute when a data manipulation language (DML) event occurs in the database server. 詳しくは、「 DML Triggers」をご覧ください。For more information, see DML Triggers.

  • [一意キーのスクリプトを作成] : テーブルに一意キーを作成するスクリプトを作成します。Script unique keys - Scripts the creation of unique keys on tables. 一意キーにより、重複するデータを入力できなくなります。Unique keys prevent duplicate data from being entered. 既定値は Trueです。The default is True. 詳しくは、「 Unique Constraints and Check Constraints」をご覧ください。For more information, see Unique Constraints and Check Constraints.

[プロバイダーの管理] ページ Manage Providers Page

このダイアログ ボックスを使用すると、ホスティング プロバイダー接続を表示、追加、編集、削除、またはテストできます。Use this dialog box to view, add, edit, delete, or test hosting provider connections. ホスティング プロバイダーによって、CodePlex 上にある SQL Server Hosting Toolkit の Database Publishing Service プロジェクトを使用して作成される Web サービスの接続情報が指定されます。A hosting provider specifies the connection information for a Web service created by using the Database Publishing Service project in the SQL Server Hosting Toolkit on CodePlex.

[構成済みのプロバイダー] : 保存されている各ホスティング プロバイダーの名前と Web サービス アドレスが一覧表示されます。Configured providers - Lists the name and Web service address of each hosting provider that has been saved.

[新規作成] : [新規プロバイダーのプロバイダー構成] ダイアログ ボックスが開き、新しいホスティング プロバイダーを追加できます。New - Opens the Provider configuration for new provider dialog box to add a new hosting provider.

[編集] : 対応する [プロバイダーの構成] ダイアログ ボックスが開き、既存のホスティング プロバイダーを編集できます。Edit - Opens the corresponding Provider configuration dialog box to edit an existing hosting provider.

[削除] : 選択したホスティング プロバイダーを削除します。Delete - Deletes the selected hosting provider.

[テスト] : 選択したプロバイダーの情報を使用して、ホスティング サービスへの接続をテストします。Test - Tests the connection to a hosting service by using the information from the selected provider.

[OK] : [ホスティング プロバイダー] ダイアログ ボックスで行ったすべての変更を保存します。OK - Saves all changes that you have made on the Hosting Provider dialog box.

[キャンセル] : [ホスティング プロバイダー] ダイアログ ボックスで行ったすべての変更を取り消します。Cancel - Undoes all changes that you have made on the Hosting Provider dialog box.

[パブリッシングの詳細オプション] ページ Advanced Publishing Options Page

このページでは、このウィザードでデータベースをパブリッシュする方法を指定できます。Use this page to specify how you want this wizard to publish a database. さまざまなオプションを使用できます。Many different options are available. SQL データベースSQL Database [データベース エンジンの種類] で指定した SQL Server またはのバージョンによってオプションがサポートされていない場合、それらのオプションはグレーで表示されます。Options are greyed out if they are not supported by the version of SQL Server or SQL データベースSQL Database specified in Database engine type.

[オプション] : 詳細オプションを指定するには、各オプションの右にある使用可能な設定の一覧から値を選択します。Options - Specify advanced options by selecting a value from the list of available settings to the right of each option.

[全般] : 次のオプションは、パブリケーション全体に適用されます。General – The following options apply to the entire publication.

  1. [UDDT を基本型に変換] : Trueの場合、ユーザー定義データ型 (UDDT) を、その UDDT の作成に使用された基本データ型に変換します。Convert UDDTs to base types - When True, user-defined data types (UDDT) are converted into the underlying base data types that were used to create them. スクリプトを実行するデータベースに UDDT が存在しない場合は、 True を使用します。Use True when the UDDT does not exist in the database where the script will be run. Falseの場合は、UDDT が使用されます。When False, UDDTs are used. 既定値は Falseです。The default is False.

  2. [照合順序のパブリッシュ] - テーブル列の照合順序に関する情報を追加します。Publish collation - Includes collation information for table columns. 既定値は Falseです。The default is False. 詳細については、「 Collation and Unicode Support」を参照してください。For more information, see Collation and Unicode Support.

  3. [既定値のパブリッシュ] - テーブル列の既定値を設定するために使用される既定のオブジェクトを含めます。Publish defaults - Includes default objects used to set default values in table columns. 既定値は Trueです。The default is True. 詳細については、「CREATE DEFAULT (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see CREATE DEFAULT (Transact-SQL).

  4. [依存オブジェクトのパブリッシュ] - 選択したオブジェクトのスクリプトを実行するにあたり、その他のオブジェクトも必要な場合は、それらのオブジェクトもパブリッシュします。Publish dependent objects - Publishes any object that is required to be present when the script for the selected object is executed. 既定値は Trueです。The default is True.

  5. [拡張プロパティのパブリッシュ] - オブジェクトに拡張プロパティが含まれている場合、パブリッシング用のプロバイダーに送信するスクリプトにそれらの拡張プロパティを追加します。Publish extended properties - Includes extended properties in the script that is sent to the provider for publishing, if the object has extended properties. 既定値は Trueです。The default is True.

  6. [サーバーのバージョン互換のパブリッシュ] - 選択したバージョンの SQL ServerSQL Serverで実行できるように、パブリッシング用のリモート プロバイダーに送信されるスクリプトを作成します。Publish for server version - Creates a script that is sent to the remote provider for publishing in a way that can be run on the selected version of SQL ServerSQL Server. あるバージョンの新機能のスクリプトを、それ以前のバージョン用に生成することはできません。Features new to a version cannot be scripted for earlier versions. 既定値は、元のサーバーのバージョンです。The default is the version of the origin server.

  7. [オブジェクトレベル権限のパブリッシュ] - データベース内の選択したオブジェクトに対する権限を含めます。Publish object-Level permissions - Includes the permissions on the selected objects in the database. 既定値は Falseです。The default is False.

  8. [統計のパブリッシュ] - [統計のパブリッシュ]に設定すると、オブジェクトの統計を再作成する CREATE STATISTICS ステートメントが追加されます。Publish statistics - When set to Publish Statistics, includes the CREATE STATISTICS statement to re-create statistics on the object. [統計とヒストグラムのパブリッシュ] オプションを選択すると、ヒストグラムの情報も作成されます。The Publish statistics and histograms option also creates histogram information. 既定では、 [統計をパブリッシュしない]が設定されています。The default is Do not publish statistics. 詳細については、「CREATE STATISTICS (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see CREATE STATISTICS (Transact-SQL).

  9. [VarDecimal オプションのパブリッシュ] - vardecimal テーブル形式が元のデータベース テーブルで有効になっている場合に、対象のデータベース テーブルでもそのテーブル形式を有効にします。Publish vardecimal options - Enables the vardecimal table format on the target database table when it is enabled on the origin database table. 既定値は Trueです。The default is True.

  10. [オブジェクト名を修飾するスキーマ] : 作成されるオブジェクトの名前にスキーマ名を含めます。Schema qualify object names - Includes the schema name in the name of objects that are created. 既定値は Trueです。The default is True.

  11. [バインドのスクリプトを作成] - 既定のオブジェクトとルール オブジェクトのバインドを、パブリッシング用のプロバイダーに送信するスクリプトに追加します。Script binding - Includes binding for default and rule objects in the script sent to the provider for publishing. 既定値は Trueです。The default is True. 詳細については、「CREATE DEFAULT (Transact-SQL) 」と「CREATE RULE (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see CREATE DEFAULT (Transact-SQL) and CREATE RULE (Transact-SQL).

  12. [パブリッシュするデータの型] - スクリプトを作成する対象を [データのみ][スキーマのみ]、またはその両方から選択します。Types of data to publish - Selects what should be scripted: Data only, Schema Only, or both. 既定値は [スキーマとデータ]です。The default is Schema and Data.

    [パブリッシング オプション] : Web ホスト プロバイダーをパブリッシュする際にトランザクションを使用するかどうかを指定します。Publishing Options – Specifies whether to use transactions when publishing to the Web host provider.

  13. [トランザクションを使用してパブリッシュ] - 選択したオブジェクトをリモートの Web ホスティング プロバイダーにパブリッシュします。Publish using transaction - Uses transactions when publishing to a remote Web hosting provider. 対象データベースでパブリッシュが完了できない場合、トランザクションはロールバックされます。If the target database cannot complete the publishing, the transactions are rolled back. 既定値は Trueです。The default is True.

    [テーブル/ビュー オプション] - 次のオプションは、テーブルまたはビューのみに適用されます。Table/View Options - The following options apply only to tables or views.

  14. [CHECK 制約のパブリッシュ] - パブリッシュ処理に CHECK 制約の作成を含めます。Publish check constraints - Includes the creation of CHECK constraints in the publishing process. 既定値は Trueです。The default is True. CHECK 制約を追加すると、指定した条件を満たすデータのみがテーブルに入力されます。CHECK constraints require data that is entered into a table to meet some specified condition. 詳しくは、「 Unique Constraints and Check Constraints」をご覧ください。For more information, see Unique Constraints and Check Constraints.

  15. [外部キーのパブリッシュ] - パブリッシュ処理に外部キーの作成を含めます。Publish foreign keys - Includes the creation of foreign keys in the publishing process. 既定値は Trueです。The default is True. 外部キーは、テーブル間のリレーションシップを示し、そのリレーションシップを適用します。Foreign keys indicate and enforce relationships between tables. 詳しくは、「 Primary and Foreign Key Constraints」をご覧ください。For more information, see Primary and Foreign Key Constraints.

  16. [フルテキスト インデックスのパブリッシュ] - フルテキスト インデックスを作成するスクリプトを作成します。Publish full-text indexes - Scripts the creation of full-text indexes. 既定値は Falseです。The default is False.

  17. [インデックスのパブリッシュ] - パブリッシュ処理にテーブルのインデックスを含めます。Publish indexes - Includes indexes on tables in the publishing process. 既定値は Trueです。The default is True. インデックスを使用すると、データをすばやく検索できます。Indexes help you find data quickly.

  18. [主キーのパブリッシュ] - パブリッシュ処理に主キーの作成を含めます。Publish primary keys - Includes the creation of primary keys in the publishing process. 既定値は Trueです。The default is True. 主キーは、テーブルの各行を一意に識別します。Primary keys uniquely identify each row of a table. 詳しくは、「 Primary and Foreign Key Constraints」をご覧ください。For more information, see Primary and Foreign Key Constraints.

  19. [トリガーのパブリッシュ] - パブリッシュ処理に DML トリガーの作成を含めます。Publish triggers - Includes the creation of DML triggers in the publishing process. 既定値は Trueです。The default is True. DML トリガーは、データベースで DML (データ操作言語) イベントが発生したときに起動されるようにプログラミングされた操作です。A DML trigger is an action programmed to execute when a data manipulation language (DML) event occurs in the database server. 詳しくは、「 DML Triggers」をご覧ください。For more information, see DML Triggers.

  20. [一意キーのパブリッシュ] - パブリッシュ処理にテーブルの一意キーの作成を含めます。Publish unique keys - Includes the creation of unique keys on tables in the publishing process. 一意キーにより、重複するデータを入力できなくなります。Unique keys prevent duplicate data from being entered. 既定値は Trueです。The default is True. 詳しくは、「 Unique Constraints and Check Constraints」をご覧ください。For more information, see Unique Constraints and Check Constraints.

  21. [変更の追跡のパブリッシュ] - 変更の追跡が元のデータベースまたは元のデータベースのテーブルで有効になっている場合に、パブリッシュ処理に変更の追跡を含めます。Publish change tracking - Includes change tracking in the publishing process, if it is enabled on the origin database or tables in the origin database. 既定値は Falseです。The default is False. 詳細については、「変更の追跡について (SQL Server)」を参照してください。For more information, see About Change Tracking (SQL Server).

  22. [データ圧縮オプションのパブリッシュ] - データ圧縮オプションが元のデータベースまたは元のデータベースのテーブルで構成されている場合に、パブリッシュ処理にデータ圧縮オプションを含めます。Publish data compression options - Includes data compression options in the publishing process, if they are configured on the origin database or tables in the origin database. 既定値は Trueです。The default is True. 詳細については、「 Data Compression」を参照してください。For more information, see Data Compression.

[プロバイダーの構成] ページ Provider Configuration Page

このダイアログ ボックスを使用すると、ホスティング プロバイダーの設定を表示または変更することができます。Use this dialog box to view or modify hosting provider settings. このダイアログ ボックスを使用すると、次の操作を実行できます。You can use this dialog box to do the following:

  • ホスティング プロバイダーの接続情報の表示、追加、または編集View, add, or edit connection information for a hosting provider.

  • プロバイダー接続用のデータベースの表示、追加、編集、または削除View, add, edit, or delete a database for a provider connection.

  • ホスティング プロバイダーのデータベースの自動構成Automatically configure databases for a hosting provider.

    ホスティング プロバイダーによって、CodePlex 上にある SQL Server Hosting Toolkit の Database Publishing Service プロジェクトを使用して作成される Web サービスの接続情報が指定されます。A hosting provider specifies the connection information for a Web service created by using the Database Publishing Service project in the SQL Server Hosting Toolkit on CodePlex.

    [名前] - ホスティング プロバイダーの名前です。Name - Name for the hosting provider.

    [Web サービス アドレス] - ホスティング サービスの HTTPS アドレスです。Web service address - HTTPS address for the hosting service.

    [Web サービス認証] - ホスティング サービスにログオンするために必要なユーザー名とパスワードです。Web service authentication - The user name and password required to log on to the hosting service.

    [パスワードの保存] - パスワードを暗号化してローカル コンピューターに保存します。Save password - Encrypt and save the password on your local computer.

    [使用できるデータベース] - ホスティング プロバイダー用に構成されたデータベースが、 server_name.database_nameという形式で昇順に表示されます。Available databases - Databases that are configured for hosting providers are listed in ascending order in the format: server_name.database_name.

    [新規作成] - [データベース構成] ダイアログ ボックスが開き、新しいデータベースを追加できます。New - Open the Database configuration dialog box and add a new database.

    [編集] - 選択したデータベースに対応する [データベース構成] ダイアログ ボックスが開きます。Edit - Open the Database configuration dialog box for the selected database.

    [削除] - 選択したデータベースを削除します。Delete - Delete the selected database.

    [既定に設定] - データベースを既定のデータベースに設定します。Set as default - Select the database as the default.

    [OK] - このダイアログ ボックスで行ったすべての変更を保存して、ウィザードに戻ります。OK - Save all changes that you made in this dialog box and return to the wizard.

    [キャンセル] - このダイアログ ボックスで行ったすべての変更を取り消して、ウィザードに戻ります。Cancel - Undo all changes that you made in this dialog box and return to the wizard.

[概要] ページ Summary Page

このページには、このウィザードで選択したオプションがまとめて表示されます。This page summarizes the options that you have selected in this wizard. オプションを変更するには、 [戻る]をクリックします。To change an option, click Previous. 保存またはパブリッシュするスクリプトの生成を開始するには、 [次へ]をクリックします。To begin generating scripts that will be saved or published, click Next.

[選択内容の確認] - ウィザードの各ページで行った選択の内容が表示されます。Review your selections - Displays the selections you have made for each page of the wizard. ノードを展開すると、対応するページで選択したオプションが表示されます。Expand a node to see the selected options for the corresponding page.

[スクリプトの保存またはパブリッシュ] ページ Save or Publish Scripts Page

このページを使用して、実行中のウィザードの進行状況を監視します。Use this page to monitor the progress of the wizard as it occurs.

[詳細] - [アクション] 列が表示され、ウィザードの進行状況を確認できます。Details - View the Action column to see the progress of the wizard. スクリプトが生成されると、このウィザードでは、選択内容に基づいて、スクリプトをファイルに保存するか、スクリプトを使用して Web サービスにパブリッシュします。After generating the scripts, the wizard saves the scripts to a file or uses them to publish to a Web service, depending on your selections. 各手順が完了したときに、 [結果] 列の値をクリックすると、対応する手順の結果を確認できます。When each of these steps are complete, click the value in the Result column to see the outcome of the corresponding step.

[レポートの保存] - クリックすると、ウィザードの進行状況の結果がファイルに保存されます。Save Report - Click to save the results of the wizard's progress to a file.

[キャンセル] - 処理が完了する前やエラーが発生した場合にクリックしてウィザードを閉じます。Cancel - Click to close the wizard before processing has completed, or if an error occurs.

[完了] - 処理が完了した後やエラーが発生した場合にクリックしてウィザードを閉じます。Finish - Click to close the wizard after processing has completed, or if an error occurs.

Azure SQL Data Warehouse のスクリプトの生成Generating Scripts on Azure SQL Data Warehouse

“Script As…” を使用して生成された構文がIf the syntax generated when using “Script As…” SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse のような構文になっていないときや、エラー メッセージが表示されたときは、SQL Server Management Studio でスクリプト作成オプションを SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouseに設定しなければならない場合があります。does not look like SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse syntax or if you receive an error message, you may need to set your scripting options in SQL Server Management Studio to SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse.

既定のスクリプト作成オプションを SQL Data Warehouse に設定する方法How to set default scripting options to SQL Data Warehouse

SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse の構文を使用してオブジェクトのスクリプトを作成するためには、以下のようにして既定のスクリプト作成オプションを SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse に設定します。In order to script objects with SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse syntax, set the default scripting option to SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse as follows:

  1. [ツール] をクリックし、次に [オプション]をクリックします。Click Tools then Options.
  2. [全般スクリプト作成オプション] で、次のように設定します。Under General Scripting Options set:
    1. データベース エンジンの種類に対応したスクリプト: Microsoft Azure SQL DatabaseScript for the database engine type: Microsoft Azure SQL Database.
    2. データベース エンジン エディションのスクリプト: Microsoft Azure SQL Data Warehouse EditionScript for the database engine edition: Microsoft Azure SQL Data Warehouse Edition.
  3. クリックして OKです。Click OK.

SQL Data Warehouse が既定のスクリプト作成オプションになっていないときに SQL Data Warehouse のスクリプトを生成する方法How to Generate Scripts for SQL Data Warehouse when it is not the default scripting option

上記のように SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse を既定のスクリプト作成オプションとして設定した場合は、この手順を無視できます。If you set SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse as your default scripting option as shown above, these instructions can be ignored. ただし、異なる既定スクリプト作成オプションを使用することを選択すると、エラーが発生する可能性があります。However, if you choose to use different default scripting options, you may encounter an error. エラーを避けるためには、次の手順に従って、 SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouseのスクリプトを生成してパブリッシュします。To avoid errors, follow these steps in order to Generate and Publish Scripts for SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse:

  1. SQL Data Warehouse データベースを右クリックします。Right click on your SQL Data Warehouse database.
  2. [スクリプトの生成...]を選択します。Select Generate Scripts....
  3. スクリプトを作成するオブジェクトを選択します。Choose the Objects you wish to script.
  4. [スクリプト作成オプション]で、 [詳細設定]をクリックします。In Scripting Options, click Advanced. [全般] で、次のように設定します。Under General set:
    1. データベース エンジンの種類に対応したスクリプト: Microsoft Azure SQL DatabaseScript for the database engine type: Microsoft Azure SQL Database.
    2. データベース エンジン エディションのスクリプト: Microsoft Azure SQL Data Warehouse EditionScript for the database engine edition: Microsoft Azure SQL Data Warehouse Edition.
  5. [スクリプトの保存またはパブリッシュ] をクリックし、次に [完了]をクリックします。Click Save or Publish Scripts then Finish.

手順 4 で設定したオプションは保存されません。The options set in Step 4 will not be remembered. これらのオプションを保存する場合は、「 既定のスクリプト作成オプションを SQL Data Warehouse に設定する方法」の手順に従ってください。If you prefer for these options to be remembered, follow the instructions in How to set default scripting options to SQL Data Warehouse.

参照See Also

SMO のインストール Installing SMO
他のサーバーへのデータベースのコピー Copy Databases to Other Servers