フルテキスト インデックス作成ウィザードの使用Use the Full-Text Indexing Wizard

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database×Azure SQL Data Warehouse ×Parallel Data Warehouse THIS TOPIC APPLIES TO: yesSQL ServeryesAzure SQL DatabasenoAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

SSMS のフルテキスト インデックス作成ウィザードを使用すると、フルテキスト インデックスを作成するために作られた一連の手順を実行できます。The Full-Text Indexing Wizard in SSMS walks you through a series of steps designed to help you create a full-text index.

フルテキスト インデックスを作成するCreate a Full-Text index

  1. オブジェクト エクスプローラーで、フルテキスト インデックスを作成するテーブルを右クリックして [フルテキスト インデックス] をポイントし、 [フルテキスト インデックスの定義] をクリックします。In Object Explorer, right-click the table on which you want to create a full-text index, point to Full-Text index, and then click Define Full-Text Index. 別のウィンドウでウィザードが起動します。This action launches the Wizard in a separate window. [次へ] をクリックします。Click Next

  2. [一意インデックス]。Unique Index. ドロップダウン リストからインデックスを選択します。Select an index from the drop down list. インデックスは、単一キー列の、一意で NULL 値が許容されないインデックスである必要があります。The index must be a single-key-column, unique, non-nullable index. フルテキストの一意キーには、一番小さな一意キー インデックスを選択します。Select the smallest unique key index for the full-text unique key. 最高のパフォーマンスを得るためには、クラスター化インデックスをお勧めします。For best performance, a clustered index is recommended.

  3. [使用できる列]。Available Columns. 含めるすべての列について列名の横にあるボックスをオンにします。Check the box next to all column names for columns you want to include. 列名の横にあるチェック ボックス。check box next to the column name. 不適格な列はグレー表示で、チェック ボックスはオフになります。Ineligible columns are greyed out and their check boxes disabled.

  4. [ワード ブレーカーの言語]。Language for Word Breaker. ドロップダウン リストから言語を選択します。Select a language from the drop-down list. この選択は、インデックスに適したワード ブレーカーを識別するために使用されます。This choice will be used to identify the correct word breakers for the index. SQL ServerSQL Server は、ワード ブレーカーを使用してフルテキスト インデックス付きデータ内の単語の境界を識別します。 uses word breakers to identify word boundaries in the full-text indexed data.

  5. [型列]。Type Column. フルテキスト インデックスの付いた列の文書型を保持する列の名前を選択します。Select the name of the column that holds the document type of column being full-text indexed.

    注: [型列] は、 [使用できる列] 列内の名前の付いた列の型が varbinary(max) または imageである場合のみ有効です。NOTE: The Type Column is enabled only when the column named in the Available Columns column is of type varbinary(max) or image.

  6. [統計的セマンティクス]。Statistical Semantics. 選択されている列に対するセマンティック インデックスを有効にするかどうかを選択します。Select whether to enable semantic indexing for the selected column. 詳細については、「セマンティック検索 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Semantic Search (SQL Server).

NOTES

選択した言語に関連付けられているセマンティック言語モデルがない場合、 [統計的セマンティクス] チェック ボックスは有効になりませんん。If your selected language does not have an associated Semantic Language Model, then the Statistical Semantics checkbox is not enabled. [言語] を選択する前に [統計的セマンティクス] を選択した場合、ドロップダウン コンボ ボックスで使用できる言語は、セマンティック言語モデルでサポートされているものだけに制限されます。If you select Statistical Semantics prior to selecting a Language, the languages available in the drop-down combo box will be restricted to those for which there is Semantic Language Model support.

セマンティック検索は、 Azure SQL Database では使用できませんSemantic Search is not available for Azure SQL Database. Azure SQL Database でこのウィザードを実行すると、[統計的セマンティクス] オプションは表示されません。The Statistical Semantics option does not appear when running this Wizard on an Azure SQL Database.

  1. 変更追跡オプションを選択します。Select the change tracking options.

    [自動]Automatically
    基底のデータの変更に合わせて自動的にフルテキスト インデックスが更新されるようにするには、このオプション ボタンをクリックします。Select this radio button to have the full-text index updated automatically as changes occur to the underlying data.

    [手動]Manually
    基底のデータの変更に合わせて自動的にフルテキスト インデックスが更新されないようにするには、このオプション ボタンをクリックします。Select this radio button if you do not want the full-text index to be updated automatically as changes occur to the underlying data. 基底のデータに対する変更は保持されます。Changes to the underlying data are maintained. ただし、変更をフルテキスト インデックスに適用するには、このプロセスを手動で開始またはスケジュール設定する必要があります。However, to apply the changes to the full-text index you must start or schedule this process manually.

    [変更を追跡しない]Do not track changes
    基底のデータの変更に合わせてフルテキスト インデックスが更新されないようにするには、このオプション ボタンをクリックします。Select this radio button if you do not want the full-text index to be updated with changes to the underlying data.

  2. インデックスが作成されたら、すべてのカタログの作成を開始します (変更を追跡しない場合にのみ使用可能)。Start full population when index is created (Available only when you Do not track changes).

    このウィザードが正常終了したときにすべてのカタログの作成を開始するには、このオプション ボタンをクリックします。Select this radio button to kick off a full population at the successful completion of this wizard. この処理は、フルテキスト インデックス構造体をカタログに作成する処理と、フルテキスト インデックス データを格納する処理から構成されます。This will consist of creating the full-text index structure in the catalog and populating it with full-text indexed data.

    [次へ] をクリックします。Click Next

カタログ、インデックス ファイル グループ、およびストップリストCatalog, Index Filegroup and Stoplist

  1. [フルテキスト カタログの選択]Select full-text catalog

    [カタログの選択]: フルテキスト カタログを一覧から選択します。Select a catalog: Select a full-text catalog from the list. データベースの既定のカタログが一覧の既定の選択項目となります。The default catalog for the database will be the selected item by default in the list. カタログが存在しない場合、一覧は無効になり、 [カタログの新規作成] チェック ボックスはオンのまま変更できなくなります。If no catalogs are available, the list will be disabled, and the Create a new catalog checkbox will be checked and disabled.

    スイッチまたはOR

    1. [カタログの新規作成]Create a new catalog
    2. [フルテキスト カタログの選択]。Select full-text catalog.

    A.a. 名前Name
    新しいフルテキスト カタログの名前を入力します。Enter a name for your new full-text catalog.

    B.b. [既定のカタログとして設定する]Set as default catalog
    このカタログをこのデータベースの既定のカタログにする場合に選択します。Select to make the catalog the default for this database.

    c.c. [アクセントの区別]Accent sensitivity
    新しいカタログでアクセントが区別されるかどうかを指定します。Specify whether the new catalog will be accent-sensitive or accent-insensitive. データベースでアクセントが区別される場合は、 [区別する] が既定で選択されます。If the database is accent-sensitive, Sensitive is selected by default.

    d.d. [インデックス ファイル グループの選択]Select index filegroup
    フルテキスト インデックスを作成するファイル グループを指定します。Specify the filegroup on which to create the full-text index.

    e.e. 値を選択します。Select a value:

    ReplTest1Value DescriptionDescription
    テーブルまたはビューがパーティション分割されていない場合に、基になるテーブルまたはビューと同じファイル グループを使用するには、この値を選択します。If the table or view is not partitioned, select to use the same filegroup as the underlying table or view. テーブルまたはビューがパーティション分割されている場合は、プライマリ ファイル グループが使用されます。If the table or view is partitioned, the primary filegroup is used
    PRIMARYPRIMARY 新しいフルテキスト インデックスにプライマリ ファイル グループを使用する場合に選択します。Select to use the primary filegroup for the new full-text index.
    ユーザー指定の既定のファイル グループuser-specified default filegroup ユーザー定義の既定のストップリストが存在する場合に、新しいフルテキスト インデックスにそのファイル グループを使用するには、一覧からそのストップリストの名前を選択します。If a user-defined default stoplist exists, select its name from the list to use that filegroup for the new full-text index.
    1. [フルテキスト ストップリストの選択]Select full-text stoplist
      フルテキスト インデックスに使用するストップリストを指定します。または、ストップリストの使用を無効にします。Specify a stoplist to use for the full-text index, or disable stoplist use.

      ストップワードは、ストップリストと呼ばれるオブジェクトを使用してデータベースで管理されます。Stopwords are managed in databases using objects called stoplists. ストップリスト は、フルテキスト インデックスに関連付けられている場合、そのインデックスのフルテキスト クエリに適用されるストップワードの一覧です。A stoplist is a list of stopwords that, when associated with a full-text index, is applied to full-text queries on that index. 詳細については、「 フルテキスト検索に使用するストップワードとストップリストの構成と管理」を参照してください。For more information, see Configure and Manage Stopwords and Stoplists for Full-Text Search.

      次のいずれかの値を選択します。Select one of the following values:

    ReplTest1Value DescriptionDescription
    新しいフルテキスト インデックスに対してシステム ストップリストを使用する場合に選択します。Select to use the system stoplist on the new full-text index. これは既定値です。This is the default
    新しいフルテキスト インデックスに対してストップリストを無効にする場合に選択します。Select to disable stoplists for the new full-text index.
    ユーザー定義のストップ リスト名user-defined-stoplist-name ユーザー定義のストップリストがデータベース上に作成されている場合は、その名前が一覧に表示されます。The list displays the name of each user-defined stoplist, if any, that has been created on the database. その場合に、新しいフルテキスト インデックスに対して使用するユーザー定義のストップリストを選択します。Select any user-defined stoplist to use for the new full-text index.

    [次へ] をクリックします。Click Next

  2. 必要に応じて (SQL Server のみ)、作成スケジュールを定義します。Optionally, SQL Server only, define the population schedule. インデックス作成操作は、後で実行するようにスケジュールされていない限り、即座に開始されます。Indexing operations will begin immediately unless they have been scheduled for future execution. スケジュールは即座に作成されますが、予定時刻になるまでは実行されません。Schedules will be created immediately, although they will not run until their scheduled time.

    [新しいテーブル スケジュール]New Table Schedule
    テーブルの作成スケジュールを定義します。Define a population schedule for a table.

    [新しいカタログ スケジュール]New Catalog Schedule
    フルテキスト カタログの作成スケジュールを定義します。Define a population schedule for a full-text catalog.

    [編集]Edit
    スケジュールを編集します。Edit a schedule.

    削除Delete
    スケジュールを削除します。Delete a schedule.

  3. フルテキスト インデックス作成ウィザードの進行状況を表示または制御します。View or control the progress of the Full-Text Indexing Wizard.

    [停止]Stop
    現在の操作を中断し、このセッション中にウィザードによって後続のフルテキスト操作が実行されないようにします。Interrupts the current operation and prevents subsequent full-text operations from being performed by the wizard during this session.

    レポートReport
    すべての操作の実行が完了しているときにこのボタンをクリックすると、実行された操作に関するレポートにアクセスできます。When all of the operations have finished executing, click this button to access a report on the operations performed. レポートは、表示したり、ファイルに保存したりできます。また、クリップボードにコピーしたり、電子メールで送信したりすることもできます。You can view the report, print it to a file, copy it to the clipboard, or e-mail the report.