SRID (Spatial Reference Identifier)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance

各空間インスタンスには SRID (spatial reference identifier) があります。 SRID は、平面地球マッピングまたは球体地球マッピングに使用される特定の楕円体に基づく空間参照系に対応します。

空間列には異なる SRID を持つオブジェクトを格納できますが、 SQL Server の空間データ メソッドを使用してデータの操作を実行する際に使用できるのは、同じ SRID を持つ空間インスタンスだけです。 2 つの空間データ インスタンスから引き出される空間メソッドの結果は、それらのインスタンスが同じ SRID を持つ (同じ測定単位、データ、および投影を使用してインスタンスの座標が決定されている) 場合にのみ有効になります。 SRID の最も一般的な測定単位はメートルまたは平方メートルです。

2 つの空間インスタンスの SRID が同じでない場合に、それらのインスタンスに対して geometry データ型や geography データ型のメソッドを使用すると、NULL が返されます。 たとえば、次の述語で NULL 以外の結果が返されるためには、 および の 2 つの geometry1 geometry geometry2インスタンスの SRID が同じである必要があります。

geometry1.STIntersects(geometry2) = 1

注意

空間参照識別系は、地図制作、測量、および測地のデータの格納のために開発された一連の標準である European Petroleum Survey Group (EPSG) 標準によって定義されています。 この標準は、Oil and Gas Producers (OGP) Surveying and Positioning Committee が所有しています。

参照

空間データ型の概要