SQL Server 構成マネージャーSQL Server Configuration Manager

以前のバージョンの SQL Server に関連するコンテンツについては、「SQL Server 構成マネージャー」をご覧ください。For content related to previous versions of SQL Server, see SQL Server Configuration Manager.

SQL ServerSQL Server 構成マネージャーは、 SQL ServerSQL Serverに関連付けられているサービスの管理、 SQL ServerSQL Serverが使用するネットワーク プロトコルの設定、 SQL ServerSQL Server クライアント コンピューターからのネットワーク接続の設定を行うためのツールです。 Configuration Manager is a tool to manage the services associated with SQL ServerSQL Server, to configure the network protocols used by SQL ServerSQL Server, and to manage the network connectivity configuration from SQL ServerSQL Server client computers. SQL ServerSQL Server 構成マネージャーは、[スタート] メニューから利用できる MicrosoftMicrosoft 管理コンソール スナップインであり、他の MicrosoftMicrosoft 管理コンソール画面に追加することも可能です。 Configuration Manager is a MicrosoftMicrosoft Management Console snap-in that is available from the Start menu, or can be added to any other MicrosoftMicrosoft Management Console display. MicrosoftMicrosoft 管理コンソール (mmc.exe) は、SQLServerManager<バージョン>.msc ファイル ( SQL Server 2016SQL Server 2016SQLServerManager13.msc など) を使用して構成マネージャーを開きます。 Management Console (mmc.exe) uses the SQLServerManager<version>.msc file (such as SQLServerManager13.msc for SQL Server 2016SQL Server 2016) to open Configuration Manager. 最新の 4 つのバージョンへのパスを次に示します (Windows が C ドライブにインストールされている場合)。Here are the paths to the last four versions when Windows in installed on the C drive.

SQL ServerSQL Server 2017 2017 C:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager14.mscC:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager14.msc
SQL ServerSQL Server 2016 2016 C:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager13.mscC:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager13.msc
SQL Server 2014SQL Server 2014 C:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager12.mscC:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager12.msc
SQL Server 2012SQL Server 2012 C:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager11.mscC:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager11.msc

注意

SQL ServerSQL Server 構成マネージャーは MicrosoftMicrosoft 管理コンソール プログラムのスナップインであり、スタンドアロン プログラムではないため、新しいバージョンの Windows では、 SQL ServerSQL Server 構成マネージャーはアプリケーションとして表示されません。Because SQL ServerSQL Server Configuration Manager is a snap-in for the MicrosoftMicrosoft Management Console program and not a stand-alone program, SQL ServerSQL Server Configuration Manager does not appear as an application in newer versions of Windows.

  • Windows 10:Windows 10:
    SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを開くには、 スタート画面で、「SQLServerManager13.msc」( SQL Server 2016SQL Server 2016の場合) と入力します。To open SQL ServerSQL Server Configuration Manager, on the Start Page, type SQLServerManager13.msc (for SQL Server 2016SQL Server 2016). 以前のバージョンの SQL ServerSQL Server の場合は、13 をより小さい数値に置き換えます。For previous versions of SQL ServerSQL Server replace 13 with a smaller number. SQLServerManager13.msc をクリックすると、構成マネージャーが開きます。Clicking SQLServerManager13.msc opens the Configuration Manager. スタート画面やタスク バーに構成マネージャーをピン留めするには、SQLServerManager13.msc を右クリックして、 [ファイルの場所を開く]をクリックします。To pin the Configuration Manager to the Start Page or Task Bar, right-click SQLServerManager13.msc, and then click Open file location. エクスプローラーでは、SQLServerManager13.msc を右クリックし、 [スタート画面にピン留め] または [タスクバーにピン留め]をクリックします。In the Windows File Explorer, right-click SQLServerManager13.msc, and then click Pin to Start or Pin to taskbar.
    • Windows 8:Windows 8:
      SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを開くには、検索チャームの [アプリ] で、「SQLServerManager<バージョン>.msc」(「SQLServerManager13.msc」など) と入力し、Enter キーを押します。To open SQL ServerSQL Server Configuration Manager, in the Search charm, under Apps, type SQLServerManager<version>.msc such as SQLServerManager13.msc, and then press Enter.

SQL ServerSQL Server 構成マネージャーと SQL Server Management Studio では、一部のサーバー設定を表示および変更するために、Windows Management Instrumentation (WMI) を使用します。 Configuration Manager and SQL Server Management Studio use Window Management Instrumentation (WMI) to view and change some server settings. WMI には、 SQL ServerSQL Server の各種ツールによって要求されるレジストリ操作を管理する API 呼び出しに対する統一的なインターフェイスが用意されており、 SQL ServerSQL Server 構成マネージャー スナップイン コンポーネントの選択された SQL サービスを制御し、操作するための機能も充実しています。WMI provides a unified way for interfacing with the API calls that manage the registry operations requested by the SQL ServerSQL Server tools and to provide enhanced control and manipulation over the selected SQL services of the SQL ServerSQL Server Configuration Manager snap-in component. WMI に関連した権限を構成する方法については、「SQL Server ツールでサーバーの状態を表示できるようにする WMI の構成」を参照してください。For information about configuring permissions related to WMI, see Configure WMI to Show Server Status in SQL Server Tools.

SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを使用して、他のコンピューター上のサービスの開始、停止、一時停止、再開、構成を行う方法については、「別のコンピューターへの接続 (SQL Server 構成マネージャー)」を参照してください。To start, stop, pause, resume, or configure services on another computer by using SQL ServerSQL Server Configuration Manager, see Connect to Another Computer (SQL Server Configuration Manager).

サービスの管理Managing Services

SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを使用して、サービスの開始、一時停止、再開、停止、サービスのプロパティの表示、変更を行うことができます。Use SQL ServerSQL Server Configuration Manager to start, pause, resume, or stop the services, to view service properties, or to change service properties.

SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを使用し、起動時のパラメーターを使用して データベース エンジンDatabase Engineを起動します。Use SQL ServerSQL Server Configuration Manager to start the データベース エンジンDatabase Engine using startup parameters. 詳細については、「サーバーのスタートアップ オプションの構成 (SQL Server 構成マネージャー)」を参照してください。For more information, see Configure Server Startup Options (SQL Server Configuration Manager).

サービスが使用するアカウントの変更Changing the Accounts Used by the Services

SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを使用して、 SQL ServerSQL Server のサービスを管理できます。Manage the SQL ServerSQL Server services using SQL ServerSQL Server Configuration Manager.

重要

SQL ServerSQL Server のサービスまたは SQL ServerSQL Server エージェントのサービスが使用するアカウントやパスワードを変更する場合は、 SQL ServerSQL Server のツール ( SQL ServerSQL Server 構成マネージャーなど) を必ず使用してください。Always use SQL ServerSQL Server tools such as SQL ServerSQL Server Configuration Manager to change the account used by the SQL ServerSQL Server or SQL ServerSQL Server Agent services, or to change the password for the account. SQL ServerSQL Server 構成マネージャーでは、アカウント名の変更だけでなく、その新しいアカウントが SQL ServerSQL Server の設定を読み取れるように Windows レジストリ内の権限を設定するなど、付加的な構成も行えます。In addition to changing the account name, SQL ServerSQL Server Configuration Manager performs additional configuration such as setting permissions in the Windows Registry so that the new account can read the SQL ServerSQL Server settings. Windows サービス コントロール マネージャーなどの他のツールでもアカウント名を変更できますが、関連する設定の変更はできません。Other tools such as the Windows Services Control Manager can change the account name but do not change associated settings. サービスがレジストリ内の SQL ServerSQL Server の部分にアクセスできなければ、そのサービスを正しく開始できません。If the service cannot access the SQL ServerSQL Server portion of the registry the service may not start properly.

もう 1 つのメリットとして、 SQL ServerSQL Server 構成マネージャー、SMO、WMI のいずれかによって変更したパスワードは、サービスを再起動しなくてもすぐに有効になります。As an additional benefit, passwords changed using SQL ServerSQL Server Configuration Manager, SMO, or WMI take affect immediately without restarting the service.

サーバーとクライアントのネットワーク プロトコルの管理Manage Server & Client Network Protocols

SQL ServerSQL Server 構成マネージャーでは、サーバーとクライアントのネットワーク プロトコルや接続オプションを設定できます。 Configuration Manager allows you to configure server and client network protocols, and connectivity options. 通常は、正しいプロトコルを有効にした後にサーバー ネットワーク接続を変更する必要が生じることはありません。After the correct protocols are enabled, you usually do not need to change the server network connections. ただし、 SQL ServerSQL Server が特定のネットワーク プロトコル、ポート、パイプのいずれかで受信を待機するようにサーバー接続の設定を変更しなければならない場合は、 SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを使用してその変更を行えます。However, you can use SQL ServerSQL Server Configuration Manager if you need to reconfigure the server connections so SQL ServerSQL Server listens on a particular network protocol, port, or pipe. プロトコルを有効にする方法の詳細については、「 サーバー ネットワーク プロトコルの有効化または無効化」を参照してください。For more information about enabling protocols, see Enable or Disable a Server Network Protocol. ファイアウォール経由でプロトコルへのアクセスを有効にする方法については、「 SQL Server のアクセスを許可するための Windows ファイアウォールの構成」を参照してください。For information about enabling access to protocols through a firewall, see Configure the Windows Firewall to Allow SQL Server Access.

SQL ServerSQL Server 構成マネージャーでは、サーバーとクライアントのネットワーク プロトコルを管理できます。たとえば、プロトコルの暗号化を強制的に設定する機能、別名のプロパティを表示する機能、プロトコルを有効/無効にする機能などがあります。 Configuration Manager allows you to manage server and client network protocols, including the ability to force protocol encryption, view alias properties, or enable/disable a protocol.

SQL ServerSQL Server 構成マネージャーでは、別名の作成と削除や、プロトコルの優先順位の変更を行えます。また、サーバーの別名のプロパティとして、以下のようなプロパティを表示できます。 Configuration Manager allows you to create or remove an alias, change the order in which protocols are uses, or view properties for a server alias, including:

  • [別名] - クライアントの接続先のコンピューターに使用するサーバーの別名Server Alias — The server alias used for the computer to which the client is connecting.

  • [プロトコル] - 構成エントリに使用するネットワーク プロトコルProtocol — The network protocol used for the configuration entry.

  • [接続パラメーター] - ネットワーク プロトコル構成の接続アドレスに関連したパラメーターConnection Parameters — The parameters associated with the connection address for the network protocol configuration.

    SQL ServerSQL Server 構成マネージャーでは、フェールオーバー クラスター インスタンスの情報も表示できます。ただし、一部の操作 (サービスの開始と停止など) については Cluster Administrator を使用する必要があります。The SQL ServerSQL Server Configuration Manager also allows you to view information about failover cluster instances, though Cluster Administrator should be used for some actions such as starting and stopping the services.

使用可能なネットワーク プロトコルAvailable Network Protocols

SQL ServerSQL Server では、共有メモリ、TCP/IP、名前付きパイプの各プロトコルをサポートしています。 supports Shared Memory, TCP/IP, and Named Pipes protocols. ネットワーク プロトコルの選択の詳細については、「 Configure Client Protocols」を参照してください。For information about choosing a network protocols, see Configure Client Protocols. SQL ServerSQL Server では、VIA、Banyan VINES Sequenced Packet Protocol (SPP)、Multiprotocol、AppleTalk、NWLink IPX/SPX の各ネットワーク プロトコルはサポートしていません。 does not support the VIA, Banyan VINES Sequenced Packet Protocol (SPP), Multiprotocol, AppleTalk, or NWLink IPX/SPX network protocols. 以前にこれらのプロトコルを使用して接続していたクライアントの場合、 SQL ServerSQL Serverに接続するには別のプロトコルを選択する必要があります。Clients previously connecting with these protocols must select a different protocol to connect to SQL ServerSQL Server. SQL ServerSQL Server 構成マネージャーで WinSock プロキシを設定することはできません。You cannot use SQL ServerSQL Server Configuration Manager to configure the WinSock proxy. WinSock プロキシの設定については、ISA Server のドキュメントを参照してください。To configure the WinSock proxy, see your ISA Server documentation.

サービスの管理方法に関するトピック (SQL Server 構成マネージャー)Managing Services How-to Topics (SQL Server Configuration Manager)

データベース エンジン、SQL Server エージェント、SQL Server Browser サービスの開始、停止、一時停止、再開、および再起動Start, Stop, Pause, Resume, Restart the Database Engine, SQL Server Agent, or SQL Server Browser Service

SQL Server エージェント サービスの開始、停止、または一時停止Start, Stop, or Pause the SQL Server Agent Service

SQL Server のインスタンスが自動的に開始されるようにする設定 (SQL Server 構成マネージャー)Set an Instance of SQL Server to Start Automatically (SQL Server Configuration Manager)

SQL Server のインスタンスの自動開始の回避 (SQL Server 構成マネージャー)Prevent Automatic Startup of an Instance of SQL Server (SQL Server Configuration Manager)