sys.assembly_modules (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Managed Instance yesAzure Synapse Analytics yesAnalytics Platform System (PDW)

共通言語ランタイム (CLR) アセンブリによって定義される関数、プロシージャ、またはトリガーごとに 1 行を返します。 このカタログ ビューは、CLR ストアド プロシージャ、CLR トリガー、または CLR 関数を基になる実装にマップします。 種類が TA、AF、PC、FS、および FT のオブジェクトには、関連するアセンブリ モジュールがあります。 オブジェクトとアセンブリの間の関連を見つけるには、このカタログ ビューを他のカタログ ビューに結合します。 たとえば、CLR ストアド プロシージャを作成すると、sys.objects 内の 1 行、sys.procedures 内の 1 行 (sys.objects から継承される行)、sys.assembly_modules内の 1 行で表されます。 ストアド プロシージャ自体は、 sys.objects および sys.procedures のメタデータによって表されます。 プロシージャの基になる CLR 実装への参照は、 sys.assembly_modulesにあります。

列名 データ型 説明
object_id int SQL オブジェクトのオブジェクト ID 番号。 データベース内で一意です。
assembly_id int このモジュールが作成されたアセンブリの ID。
assembly_class sysname このモジュールを定義するアセンブリ内のクラスの名前。
assembly_method sysname このモジュールを定義する assembly_class 内のメソッドの名前。

集計関数 (AF) の場合は NULL。
null_on_null_input bit モジュールは、任意の NULL 入力に対して NULL 出力を生成するように宣言されています。
execute_as_principal_id int CLR 関数、ストアド プロシージャ、またはトリガーの EXECUTE AS 句で指定されているように、コンテキスト実行が行われるデータベース プリンシパルの ID。

NULL = EXECUTE AS CALLER。 既定値です。

指定したデータベース プリンシパルの ID = EXECUTE AS SELF、EXECUTE AS user_name、または EXECUTE AS login_name

-2 = EXECUTE AS OWNER。

アクセス許可

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。

参照

オブジェクト カタログ ビュー (Transact-SQL)
カタログ ビュー (Transact-SQL)