sys.assembly_modules (TRANSACT-SQL)sys.assembly_modules (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

各関数、プロシージャ、または共通言語ランタイム (CLR) アセンブリで定義されているトリガーの 1 つの行を返します。Returns one row for each function, procedure or trigger that is defined by a common language runtime (CLR) assembly. このカタログ ビューは、CLR ストアド プロシージャ、CLR トリガー、または CLR 関数を基になる実装にマップします。This catalog view maps CLR stored procedures, CLR triggers, or CLR functions to their underlying implementation. 種類が TA、AF、PC、FS、および FT のオブジェクトには、関連するアセンブリ モジュールがあります。Objects of type TA, AF, PC, FS, and FT have an associated assembly module. オブジェクトとアセンブリの間の関連を見つけるには、このカタログ ビューを他のカタログ ビューに結合します。To find the association between the object and the assembly, you can join this catalog view to other catalog views. たとえば、CLR ストアド プロシージャを作成するときで表される 1 つの行sys.objects、1 つの行sys.procedures (から継承するsys.objects)、および1 つの行sys.assembly_modulesします。For example, when you create a CLR stored procedure, it is represented by one row in sys.objects, one row in sys.procedures (which inherits from sys.objects), and one row in sys.assembly_modules. ストアド プロシージャ自体が内のメタデータによって表されるsys.objectssys.proceduresします。The stored procedure itself is represented by the metadata in sys.objects and sys.procedures. プロシージャの基になる CLR 実装への参照があるsys.assembly_modulesします。References to the procedure's underlying CLR implementation are found in sys.assembly_modules.

列名Column name データ型Data type 説明Description
object_idobject_id intint SQL オブジェクトのオブジェクト ID 番号。Object identification number of the SQL object. データベース内で一意です。Is unique within a database.
assembly_idassembly_id intint このモジュールの作成元のアセンブリの ID。ID of the assembly from which this module was created.
assembly_classassembly_class sysnamesysname このモジュールを定義するアセンブリ内のクラスの名前です。Name of the class within the assembly that defines this module.
assembly_methodassembly_method sysnamesysname 内のメソッドの名前、 assembly_classこのモジュールを定義します。Name of the method within the assembly_class that defines this module.

集計関数 (AF) の場合は NULL です。NULL for aggregate functions (AF).
null_on_null_inputnull_on_null_input bitbit モジュールは、任意の NULL 入力に対して NULL 出力を生成するように宣言されています。Module was declared to produce a NULL output for any NULL input.
execute_as_principal_idexecute_as_principal_id intint コンテキストの実行が発生したデータベース プリンシパルの ID、EXECUTE AS で指定された CLR 関数、ストアド プロシージャまたはトリガーの句。ID of the database principal under which the context execution occurs, as specified by the EXECUTE AS clause of the CLR function, stored procedure, or trigger.

NULL = EXECUTE AS CALLER。NULL = EXECUTE AS CALLER. 既定値です。This is the default.

指定したデータベース プリンシパルの ID = EXECUTE AS SELF、EXECUTE AS user_name、または EXECUTE AS login_nameします。ID of the specified database principal = EXECUTE AS SELF, EXECUTE AS user_name, or EXECUTE AS login_name.

-2 = EXECUTE AS OWNER。-2 = EXECUTE AS OWNER.

アクセス許可Permissions

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。The visibility of the metadata in catalog views is limited to securables that a user either owns or on which the user has been granted some permission. 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。For more information, see Metadata Visibility Configuration.

参照See Also

オブジェクト カタログ ビュー (Transact-SQL) Object Catalog Views (Transact-SQL)
カタログ ビュー (Transact-SQL)Catalog Views (Transact-SQL)