クレデンシャル (トランザクション SQL)sys.credentials (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server (2008 以降) ○Azure SQL Database (Managed Instance のみ) ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server (starting with 2008) yesAzure SQL Database (Managed Instance only) yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

サーバー レベルの資格情報ごとに 1 行を返します。Returns one row for each server-level credential.

列名Column name データ型Data type 説明Description
credential_idcredential_id intint 資格情報の ID。ID of the credential. サーバー内で一意です。Is unique in the server.
namename Sysnamesysname 資格情報の名前。Name of the credential. サーバー内で一意です。Is unique in the server.
credential_identitycredential_identity nvarchar(4000)nvarchar(4000) 使用する識別情報の名前。Name of the identity to use. これは通常、Windows ユーザーになります。This will generally be a Windows user. 一意である必要はありません。It does not have to be unique.
create_datecreate_date datetimedatetime 資格情報が作成された日時。Time at which the credential was created.
modify_datemodify_date datetimedatetime 資格情報が最後に変更された時刻。Time at which the credential was last modified.
target_typetarget_type nvarchar(100)nvarchar(100) 資格情報の種類。Type of credential. 従来の資格情報では NULL を返し、暗号化プロバイダーにマップされた資格情報の暗号化プロバイダーを返します。Returns NULL for traditional credentials, CRYPTOGRAPHIC PROVIDER for credentials mapped to a cryptographic provider. 外部キー管理プロバイダの詳細については、「拡張キー管理(EKM)」を参照してください。For more information about external key management providers, see Extensible Key Management (EKM).
target_idtarget_id intint 資格情報がマップされているオブジェクトの ID。ID of the object that the credential is mapped to. 従来の資格情報の場合は 0 を返し、暗号化プロバイダーにマップされた資格情報の場合は 0 以外を返します。Returns 0 for traditional credentials and non-0 for credentials mapped to a cryptographic provider. 外部キー管理プロバイダの詳細については、「拡張キー管理(EKM)」を参照してください。For more information about external key management providers, see Extensible Key Management (EKM).

RemarksRemarks

データベース レベルの資格情報については、 sys.database_scoped_credentialsを参照してください。For database-level credentials, see sys.database_scoped_credentials.

アクセス許可Permissions

アクセス許可VIEW ANY DEFINITIONまたはALTER ANY CREDENTIALアクセス許可が必要です。Requires either VIEW ANY DEFINITION permission or ALTER ANY CREDENTIAL permission. また、プリンシパルはアクセス許可を拒否VIEW ANY DEFINITIONできません。In addition, the principal must not be denied VIEW ANY DEFINITION permission.

参照See Also

sys.database_scoped_credentials sys.database_scoped_credentials
データベース エンジン)(資格情報 Credentials (Database Engine)
セキュリティ カタログ ビュー(トランザクション SQL) Security Catalog Views (Transact-SQL)
プリンシパル(データベース エンジン) Principals (Database Engine)
CREATE CREDENTIAL (Transact-SQL)CREATE CREDENTIAL (Transact-SQL)