sys.endpoints (Transact-SQL)sys.endpoints (Transact-SQL)

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) 適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions)

システム内に作成されるエンドポイントごとに1行のレコードを格納します。Contains one row per endpoint that is created in the system. システムエンドポイントは常に1つだけ存在します。There is always exactly one SYSTEM endpoint.

列名Column Name データ型Data Type 説明Description
namename sysnamesysname エンドポイントの名前。Name of the endpoint. はサーバー内で一意です。Is unique within the server. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
endpoint_idendpoint_id intint エンドポイントの ID。ID of the endpoint. はサーバー内で一意です。Is unique within the server. 65536 より小さい ID のエンドポイントは、システム エンドポイントです。An endpoint with an ID less then 65536 is a system endpoint. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
principal_idprincipal_id intint このエンドポイントを作成して所有しているサーバープリンシパルの ID。ID of the server principal that created and owns this endpoint. NULL 値が許可されます。Is nullable.
protocolprotocol tinyinttinyint エンドポイントプロトコル。Endpoint protocol.

1 = HTTP1 = HTTP

2 = TCP2 = TCP

3 = 名前付きパイプ3 = Name pipes

4 = 共有メモリ4 = Shared memory

5 = 仮想インターフェイスアダプター (VIA)5 = Virtual Interface Adapter (VIA)

NULL 値は許可されません。Is not nullable.
protocol_descprotocol_desc nvarchar(60)nvarchar(60) エンドポイントプロトコルの説明。Description of the endpoint protocol. NULLABLE.NULLABLE. 次のいずれかの値です。One of the following values:

HTTPHTTP

TCPTCP

NAMED_PIPESNAMED_PIPES

SHARED_MEMORYSHARED_MEMORY

VIA注: VIA プロトコルは非推奨とされます。VIA Note: The VIA protocol is deprecated. この機能はメンテナンス モードであり、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除される可能性があります。This feature is in maintenance mode and may be removed in a future version of Microsoft SQL Server. 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。Avoid using this feature in new development work, and plan to modify applications that currently use this feature.
typetype tinyinttinyint エンドポイントのペイロードの種類。Endpoint payload type.

1 = SOAP1 = SOAP

2 = TSQL2 = TSQL

3 = SERVICE_BROKER3 = SERVICE_BROKER

4 = DATABASE_MIRRORING4 = DATABASE_MIRRORING

NULL 値は許可されません。Is not nullable.
type_desctype_desc nvarchar(60)nvarchar(60) エンドポイントのペイロードの種類の説明。Description of the endpoint payload type. NULL 値が許可されます。Is nullable. 次のいずれかの値です。One of the following values:

SOAPSOAP

TSQLTSQL

SERVICE_BROKERSERVICE_BROKER

DATABASE_MIRRORINGDATABASE_MIRRORING
状態state tinyinttinyint エンドポイントの状態。The endpoint state.

0 = 要求を開始し、リッスンし、処理します。0 = STARTED, listening and processing requests.

1 = 要求を停止、リッスン、処理していません。1 = STOPPED, listening, but not processing requests.

2 = 無効、リッスンしていません。2 = DISABLED, not listening.

既定の状態は1です。The default state is 1. NULL 値が許可されます。Is nullable.
state_descstate_desc nvarchar(60)nvarchar(60) エンドポイントの状態の説明。Description of the endpoint state.

開始 = 要求をリッスンして処理しています。STARTED = Listening and processing requests.

STOPPED = 要求のリスニング中で、処理は行っていません。STOPPED = Listening, but not processing requests.

DISABLED = リッスンしていません。DISABLED = Not listening.

既定の状態は STOPPED です。The default state is STOPPED.

NULL 値が許可されます。Is nullable.
is_admin_endpointis_admin_endpoint bitbit エンドポイントが管理用であるかどうかを示します。Indicates whether the endpoint is for administrative use.

0 = 管理者用以外のエンドポイント。0 = Nonadministrative endpoint.

1 = エンドポイントは管理エンドポイントです。1 = Endpoint is an administrative endpoint.

NULL 値は許可されません。Is not nullable.

アクセス許可Permissions

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。The visibility of the metadata in catalog views is limited to securables that a user either owns or on which the user has been granted some permission. 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。For more information, see Metadata Visibility Configuration.

関連項目See Also

エンドポイントのカタログビュー (Transact-sql) Endpoints Catalog Views (Transact-SQL)
カタログ ビュー (Transact-SQL)Catalog Views (Transact-SQL)