sys.extended_procedures (Transact-SQL)sys.extended_procedures (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

拡張ストアド プロシージャである各オブジェクトの行を格納sys.objects.type X を = です。拡張ストアド プロシージャにインストールされるため、マスターデータベースでのみ表示されるデータベースのコンテキストから。Contains a row for each object that is an extended stored procedure, with sys.objects.type = X. Because extended stored procedures are installed into the master database, they are only visible from that database context. 選択すると、 sys.extended_proceduresビューを他のデータベース コンテキストでは空の結果セットを返します。Selecting from the sys.extended_procedures view in any other database context will return an empty result set.

列名Column name データ型Data type 説明Description
<Sys.objects から継承された列 ><Columns inherited from sys.objects> このビューが継承する列の一覧は、次を参照してください。 sys.objects (TRANSACT-SQL)します。For a list of columns that this view inherits, see sys.objects (Transact-SQL).
dll_namedll_name nvarchar(260)nvarchar(260) この拡張ストアド プロシージャの DLL の名前です (パスを含む)。Name, including path, of the DLL for this extended stored procedure.

アクセス許可Permissions

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。The visibility of the metadata in catalog views is limited to securables that a user either owns or on which the user has been granted some permission. 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。For more information, see Metadata Visibility Configuration.

参照See Also

オブジェクト カタログ ビュー (Transact-SQL) Object Catalog Views (Transact-SQL)
カタログ ビュー (Transact-SQL)Catalog Views (Transact-SQL)