sys.external_data_sources (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server 2016 (13.x) 以降 はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics はいParallel Data Warehouse

、、および の現在のデータベース内の各外部データ ソースの行 SQL Server SQL Database を格納します Azure Synapse Analytics 。

のサーバー上の外部データ ソースごとに 1 行のデータを格納します Analytics Platform System (PDW) 。

列名 データ型 説明 Range
data_source_id int 外部データ ソースのオブジェクト ID。
name sysname 外部データ ソースの名前。
location nvarchar (4000) 接続文字列。外部データ ソースのプロトコル、IP アドレス、ポートが含まれます。
type_desc nvarchar (255) 文字列として表示されるデータ ソースの種類。 HADOOP、RDBMS、SHARD_MAP_MANAGER、REMOTE_DATA_ARCHIVE、BLOB_STORAGE、NONE
tinyint 数値として表示されるデータ ソースの種類。 0 - HADOOP

1 - RDBMS

2 - SHARD_MAP_MANAGER

3 - REMOTE_DATA_ARCHIVE

4 - 内部使用のみ

5 - BLOB_STORAGE

6 - NONE
resource_manager_location nvarchar (4000) 種類が HADOOP の場合は、Hadoop リソース マネージャーの IP とポートの場所です。 は resource_manager_location 、Hadoop データ ソースでジョブを送信するために使用されます。

NULL 他の種類の外部データ ソースの場合は 。
credential_id int 外部データ ソースへの接続に使用されるデータベース スコープ資格情報のオブジェクト ID。
database_name sysname 種類が RDBMS の場合は、リモート データベースの名前です。 型の場合SHARD_MAP_MANAGER、シャード マップ マネージャー データベースの名前です。 他の種類の外部データ ソースの場合は NULL。
shard_map_name sysname 型のSHARD_MAP_MANAGER、シャード マップの名前です。 他の種類の外部データ ソースの場合は NULL。

アクセス許可

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。

参照