sys.external_data_sources (TRANSACT-SQL)sys.external_data_sources (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

1 行の現在のデータベースの各外部データ ソースのデータを含むSQL ServerSQL ServerSQL DatabaseSQL Database、およびSQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouseします。Contains a row for each external data source in the current database for SQL ServerSQL Server, SQL DatabaseSQL Database, and SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse.

サーバーの外部データ ソースごとの行を格納Parallel Data WarehouseParallel Data Warehouseします。Contains a row for each external data source on the server for Parallel Data WarehouseParallel Data Warehouse.

列名Column Name データ型Data Type 説明Description 範囲Range
data_source_iddata_source_id intint 外部データ ソースのオブジェクト ID。Object ID for the external data source.
NAMEname sysnamesysname 外部データ ソースの名前。Name of the external data source.
locationlocation nvarchar (4000)nvarchar(4000) 接続文字列、プロトコル、IP アドレス、および外部データ ソース用のポートが含まれています。The connection string, which includes the protocol, IP address, and port for the external data source.
type_desctype_desc nvarchar (255)nvarchar(255) データ ソースの種類を文字列として表示されます。Data source type displayed as a string. HADOOP、RDBMS では、shard_map_manager の場合、RemoteDataArchiveTypeExtDataSourceHADOOP, RDBMS, SHARD_MAP_MANAGER, RemoteDataArchiveTypeExtDataSource
typetype tinyinttinyint データ ソースの種類が数値として表示されます。Data source type displayed as a number. 0 - HADOOP0 - HADOOP

1-RDBMS1 - RDBMS

2-SHARD_MAP_MANAGER2 - SHARD_MAP_MANAGER

3-RemoteDataArchiveTypeExtDataSource3 - RemoteDataArchiveTypeExtDataSource
resource_manager_locationresource_manager_location nvarchar (4000)nvarchar(4000) HADOOP、IP およびポートを入力、Hadoop リソース マネージャーの場所。For type HADOOP, the IP and port location of the Hadoop resource manager. これは、Hadoop のデータ ソース上のジョブを送信するために使用されます。This is used for submitting a job on a Hadoop data source.

その他の種類の外部データ ソースの場合は NULL です。NULL for other types of external data sources.
credential_idcredential_id intint データベースのオブジェクト ID は、外部データ ソースへの接続に使用される資格情報をスコープです。The object ID of the database scoped credential used to connect to the external data source.
database_namedatabase_name sysnamesysname RDBMS では、リモート データベースの名前の種類。For type RDBMS, the name of the remote database. 種類、SHARD_MAP_MANAGER、シャード マップ マネージャー データベースの名前。For type, SHARD_MAP_MANAGER, the name of the shard map manager database. その他の種類の外部データ ソースの場合は NULL です。NULL for other types of external data sources.
shard_map_nameshard_map_name sysnamesysname 型 SHARD_MAP_MANAGER、シャード マップの名前。For type SHARD_MAP_MANAGER, the name of the shard map. その他の種類の外部データ ソースの場合は NULL です。NULL for other types of external data sources.

アクセス許可Permissions

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。The visibility of the metadata in catalog views is limited to securables that a user either owns or on which the user has been granted some permission. 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。For more information, see Metadata Visibility Configuration.

参照See Also

sys.external_file_formats (TRANSACT-SQL) sys.external_file_formats (Transact-SQL)
sys.external_tables (TRANSACT-SQL) sys.external_tables (Transact-SQL)
CREATE EXTERNAL DATA SOURCE (Transact-SQL)CREATE EXTERNAL DATA SOURCE (Transact-SQL)