sys.foreign_keys (Transact-sql)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics はいParallel Data Warehouse

FOREIGN KEY 制約であるオブジェクトごとに1行の値を格納します。 type = F.

列名 データ型 説明
<Columns inherited from sys.objects> このビューが継承する列の一覧については、「 sys. objects (transact-sql)」を参照してください。
referenced_object_id int 参照されるオブジェクトの ID。
key_index_id int 参照されたオブジェクト内のキーインデックスの ID。
is_disabled bit FOREIGN KEY 制約が無効になっています。
is_not_for_replication bit FOREIGN KEY 制約は、NOT FOR REPLICATION オプションを使用して作成されました。
is_not_trusted bit 外部キー制約がシステムによって検証されていません。
delete_referential_action tinyint 削除が発生したときに、この外部キーに対して宣言された参照アクション。

0 = 操作なし

1 = Cascade

2 = null に設定

3 = 既定値に設定
delete_referential_action_desc nvarchar(60) 削除が発生したときに FOREIGN KEY に対して宣言された参照操作の説明。

NO_ACTION

CASCADE

SET_NULL

SET_DEFAULT
update_referential_action tinyint 更新が発生したときに FOREIGN KEY に対して宣言された参照操作。

0 = 操作なし

1 = Cascade

2 = null に設定

3 = 既定値に設定
update_referential_action_desc nvarchar(60) 更新が発生したときに、この外部キーに対して宣言された参照操作の説明。

NO_ACTION

CASCADE

SET_NULL

SET_DEFAULT
is_system_named bit 1 = システムによって名前が生成されました。

0 = ユーザーによって指定された名前。

権限

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。

参照

カタログ ビュー (Transact-SQL)
オブジェクト カタログ ビュー (Transact-SQL)
SQL Server システム カタログに対するクエリに関してよく寄せられる質問