sys.internal_partitions (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server 2016 (13.x) 以降 YesAzure SQL Database YesAzure SQL Managed Instance

ディスク ベースのテーブルの列ストア インデックスの内部データを追跡する行セットごとに 1 行を返します。 これらの行セットは、列ストア インデックスの内部であり、削除された行、行グループ のマッピング、およびデルタ ストアの行グループを追跡します。 テーブル パーティションごとにデータを追跡します。すべてのテーブルに少なくとも 1 つのパーティションがあります。 列ストア インデックスを再構築するたびに、行セットを再作成SQL Server。

列名 データ型 説明
partition_id bigint このパーティションのパーティション ID。 データベース内で一意です。
object_id int パーティションを含むテーブルのオブジェクト ID。
index_id int テーブルに定義されている列ストア インデックスのインデックス ID。

1 = クラスター化列ストア インデックス

2 = 非クラスター化列ストア インデックス
partition_number int パーティション番号。

1 = パーティションテーブルの最初のパーティション、またはパーティション分割されていないテーブルの単一パーティション。

2 = 2 番目のパーティションなど。
internal_object_type tinyint 列ストア インデックスの内部データを追跡する行セット オブジェクト。

2 = COLUMN_STORE_DELETE_BITMAP

3 = COLUMN_STORE_DELTA_STORE

4 = COLUMN_STORE_DELETE_BUFFER

5 = COLUMN_STORE_MAPPING_INDEX
internal_object_type_desc nvarchar(60) COLUMN_STORE_DELETE_BITMAP - このビットマップ インデックスは、列ストアから削除済みとしてマークされている行を追跡します。 パーティションには複数の行グループに行を含めることができるため、ビットマップはすべての行グループに対するものです。 行は、まだ物理的に存在し、列ストア内の領域を占有している行です。

COLUMN_STORE_DELTA_STORE - 列ストレージに圧縮されていない行グループ (行グループと呼ばれます) を格納します。 各テーブル パーティションには、0 個以上のデルタストア行グループを含めることができます。

COLUMN_STORE_DELETE_BUFFER - 更新可能な非クラスター化列ストア インデックスへの削除を維持します。 クエリが基になる行ストア テーブルから行を削除すると、削除バッファーは列ストアからの削除を追跡します。 削除された行の数が1048576を超えると、バックグラウンドタプルムーバースレッドまたは明示的な再編成コマンドによって削除ビットマップにマージされます。 特定の時点で、削除ビットマップと削除バッファーの和集合は、削除されたすべての行を表します。

COLUMN_STORE_MAPPING_INDEX - クラスター化列ストア インデックスにセカンダリ非クラスター化インデックスがある場合にのみ使用されます。 これにより、非クラスター化インデックス キーが列ストアの正しい行グループと行 ID にマップされます。 これは、別の行グループに移動する行のキーのみを格納します。これは、デルタ行グループが列ストアに圧縮され、マージ操作によって 2 つの異なる行グループの行がマージされるときに発生します。
Row_group_id int デルタストア行グループの ID。 各テーブル パーティションには、0 個以上のデルタストア行グループを含めることができます。
hobt_id bigint 内部行セット オブジェクト (HoBT) の ID。 これは、内部行セットの物理的特性に関する詳細情報を取得するために、他の DMV と結合する場合に適したキーです。
rows bigint このパーティション内の行の概数です。
Data_compression tinyint 行セットの圧縮の状態:

0 = NONE

1 = ROW

2 = PAGE
data_compression_desc nvarchar(60) 各パーティションの圧縮の状態。 行ストア テーブルに指定できる値は、NONE、ROW、および PAGE です。 列ストア テーブルに使用できる値は、COLUMNSTORE とCOLUMNSTORE_ARCHIVEです。
optimize_for_sequential_key bit 1 = パーティションの最終ページ挿入の最適化が有効になっています。

0 = 既定値。 パーティションの最終ページ挿入の最適化が無効になっています。

アクセス許可

public ロールのメンバーシップが必要です。 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。

全般的な解説

SQL Server列ストア インデックスを作成または再構築するたびに、新しい列ストア内部インデックスを再作成します。

A. テーブルのすべての内部行セットを表示する

次の使用例は、テーブルのすべての内部列ストア行セットを返します。 また、hobt_idを使用して、特定の行セットに関する詳細情報を見つけることもできます。

SELECT i.object_id, i.index_id, i.name, p.hobt_id, p.internal_object_type_id, p.internal_object_type_desc  
FROM sys.internal_partitions AS p  
JOIN sys.indexes AS i  
on i.object_id = p.object_id  
WHERE p.object_id = OBJECT_ID ( '<table name' ) ;  

参照

オブジェクト カタログ ビュー (Transact-SQL)
カタログ ビュー (Transact-SQL)
SQL Server システム カタログに対するクエリに関してよく寄せられる質問