sys.numbered_procedure_parameters (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

番号付きプロシージャの各パラメーターに対して 1 つの行が含まれます。 番号付きストアド プロシージャを作成する場合は、ベース プロシージャの番号が 1 になり、 以降のプロシージャの番号は 2、3 のように続きます。 sys.numbered_procedure_parameters には、後続のすべてのプロシージャのパラメーター定義 (番号 2 以降) が含まれます。 このビューでは、ベース ストアド プロシージャ (番号 = 1) のパラメーターは示されません。 基本ストアド プロシージャは、非番号ストアド プロシージャに似ています。 したがって、そのパラメーターは sys.parameters (Transact-SQL) で表されます。

重要

番号付きプロシージャは非推奨です。 番号付きプロシージャの使用は推奨されません。 このカタログ ビューを使用するクエリがコンパイルされると、DEPRECATION_ANNOUNCEMENT イベントが発生します。

注意

XML パラメーターと CLR パラメーターは、番号付きプロシージャではサポートされていません。

列名 データ型 説明
object_id int このパラメーターが属するオブジェクトの ID。
procedure_number smallint オブジェクト内のこのプロシージャの数(2 以上)。
name sysname パラメーターの名前。 procedure_number内で一意です。
parameter_id int パラメーターの ID。 procedure_number内で一意です。
system_type_id tinyint パラメーターのシステム・タイプの ID
user_type_id int ユーザーが定義するパラメーターの型の ID。
max_length smallint パラメーターの最大長 (バイト単位)。

-1 = 列データ型は varchar(max)、nvarchar(max)、または varbinary(max) です。
有効桁数 (precision) tinyint 数値ベースの場合のパラメーターの有効桁数。それ以外の場合は 0。
scale tinyint 数値ベースの場合のパラメーターのスケール。それ以外の場合は 0。
is_output bit 1 = パラメーターは出力または戻り値です。それ以外の場合は 0 です。
is_cursor_ref bit 1 = パラメーターはカーソル参照パラメーターです。

注意

XML パラメーターと CLR パラメーターは、番号付きプロシージャではサポートされていません。

アクセス許可

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。

参照

オブジェクト カタログ ビュー (Transact-SQL)
カタログ ビュー (Transact-SQL)