sys.numbered_procedures (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Managed Instance yesAzure Synapse Analytics yesAnalytics Platform System (PDW)

番号付きプロシージャとして作成SQL Serverストアド プロシージャごとに 1 行のデータが格納されます。 ベース (数値 = 1) ストアド プロシージャの行は表示されません。 基本ストアド プロシージャのエントリは、 sys.objects や sys.procedures などのビュー で確認できます

重要

番号付きプロシージャは非推奨です。 番号付きプロシージャの使用は推奨されません。 このDEPRECATION_ANNOUNCEMENTを使用するクエリがコンパイルされると、イベントが発生します。

列名 データ型 説明
object_id int ストアド プロシージャの オブジェクトの ID。
procedure_number smallint オブジェクト内のこのプロシージャの数(2 以上)。
定義 nvarchar(max) このSQL Server定義するテキストの一部です。

NULL = 暗号化されます。

Note

XML パラメーターと CLR パラメーターは、番号付きプロシージャではサポートされていません。

アクセス許可

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。

参照

オブジェクト カタログ ビュー (Transact-SQL)
カタログ ビュー (Transact-SQL)