sys.parameters (Transact-SQL)sys.parameters (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server (2008 以降) ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server (starting with 2008) yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

パラメーターを受け入れるオブジェクトのパラメーターごとに 1 行のデータを保持します。Contains a row for each parameter of an object that accepts parameters. オブジェクトがスカラー関数の場合、戻り値を説明する単一行も含まれます。If the object is a scalar function, there is also a single row describing the return value. その行がある、 parameter_id 0 の値。That row will have a parameter_id value of 0.

列名Column name データ型Data type 説明Description
object_idobject_id intint パラメーターが属しているオブジェクトの ID。ID of the object to which this parameter belongs.
namename sysnamesysname パラメーターの名前。Name of the parameter. オブジェクト内で一意です。Is unique within the object.

オブジェクトがスカラー関数の場合、パラメーター名は、戻り値を表す行の空の文字列になります。If the object is a scalar function, the parameter name is an empty string in the row representing the return value.
parameter_idparameter_id intint パラメーターの ID。ID of the parameter. オブジェクト内で一意です。Is unique within the object.

場合は、オブジェクトがスカラー関数、 parameter_id戻り値 0 を = です。If the object is a scalar function, parameter_id = 0 represents the return value.
system_type_idsystem_type_id tinyinttinyint パラメーターのシステム型の ID です。ID of the system type of the parameter.
user_type_iduser_type_id intint ユーザーが定義されているパラメーターの型の ID。ID of the type of the parameter as defined by the user.

型の名前を返すには、この列で sys.typesカタログ ビューに結合します。To return the name of the type, join to the sys.types catalog view on this column.
max_lengthmax_length smallintsmallint パラメーターの最大長 (バイト単位)。Maximum length of the parameter, in bytes.

値列のデータ型の場合は、-1 を = varchar (max)nvarchar (max)varbinary (max)、またはxmlします。Value = -1 when the column data type is varchar(max), nvarchar(max), varbinary(max), or xml.
有効桁数precision tinyinttinyint 数値ベースの場合は、パラメーターの有効桁数です。それ以外の場合は、0 です。Precision of the parameter if numeric-based; otherwise, 0.
scalescale tinyinttinyint 数値ベースの場合は、パラメーターの小数点以下桁数です。それ以外の場合は、0 です。Scale of the parameter if numeric-based; otherwise, 0.
is_outputis_output bitbit 1 = パラメーターは OUTPUT または RETURN です。それ以外の場合は 0 です。1 = Parameter is OUTPUT or RETURN; otherwise, 0.
is_cursor_refis_cursor_ref bitbit 1 = パラメーターはカーソル参照パラメーター。1 = Parameter is a cursor-reference parameter.
has_default_valuehas_default_value bitbit 1 = パラメーターに既定値。1 = Parameter has default value.

SQL ServerSQL Server では、このカタログ ビュー内の CLR オブジェクトの既定値のみが保持されます。したがって、Transact-SQLTransact-SQL オブジェクトに対してこの列の値は 0 になります。 only maintains default values for CLR objects in this catalog view; therefore, this column has a value of 0 for Transact-SQLTransact-SQL objects. 内のパラメーターの既定値を表示する、Transact-SQLTransact-SQLオブジェクト、クエリ、定義の列、 sys.sql_modulesカタログ ビュー、またはを使用して、 OBJECT_DEFINITIONシステム関数。To view the default value of a parameter in a Transact-SQLTransact-SQL object, query the definition column of the sys.sql_modules catalog view, or use the OBJECT_DEFINITION system function.
is_xml_documentis_xml_document bitbit 1 = 内容が完全な XML ドキュメントです。1 = Content is a complete XML document.

0 = 内容がドキュメント フラグメント、または列のデータ型でないxmlします。0 = Content is a document fragment, or the data type of the column is not xml.
default_valuedefault_value sql_variantsql_variant 場合has_default_valueは 1 です。 この列の値は NULL それ以外の場合、は、パラメーターの既定の値。If has_default_value is 1, the value of this column is the value of the default for the parameter; otherwise, NULL.
xml_collection_idxml_collection_id intint 非ゼロの場合は、パラメーターのデータ型はxml XML が型指定されたとします。Non-zero if the data type of the parameter is xml and the XML is typed. この値は、パラメーターの検証 XML スキーマ名前空間を含むコレクションの ID です。The value is the ID of the collection containing the validating XML schema namespace of the parameter.

0 = いいえの XML スキーマ コレクションです。0 = No XML schema collection.
is_readonlyis_readonly bitbit 1 = パラメーターは READONLY です。それ以外の場合は 0 です。1 = Parameter is READONLY; otherwise, 0.
is_nullableis_nullable bitbit 1 = パラメーターで NULL が許可されます 1 = Parameter is nullable. (既定値です)。(the default).

0 = ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャをより効率的に実行するために、パラメーターで NULL が許可されません。0 = Parameter is not nullable, for more efficient execution of natively-compiled stored procedures.

アクセス許可Permissions

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。The visibility of the metadata in catalog views is limited to securables that a user either owns or on which the user has been granted some permission. 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。 For more information, see Metadata Visibility Configuration.

参照See Also

オブジェクト カタログ ビュー (Transact-SQL) Object Catalog Views (Transact-SQL)
カタログ ビュー (Transact-SQL) Catalog Views (Transact-SQL)
SQL Server のシステム カタログよく寄せられる質問のクエリを実行します。 Querying the SQL Server System Catalog FAQ
sys.all_parameters (TRANSACT-SQL) sys.all_parameters (Transact-SQL)
sys.system_parameters (TRANSACT-SQL)sys.system_parameters (Transact-SQL)