sys.partition_parameters (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server Analytics Platform System (PDW) YesYesAzure SQL Database Azure SQL Managed Instance yesyesAzure Synapse Analytics (すべてのサポートされているバージョン)

パーティション関数の各パラメーターの行を保持します。

列名 データ型 説明
function_id int このパラメーターが属するパーティション関数の ID です。
parameter_id int パラメーターの ID。 1 から始まるパーティション関数内で一意です。
system_type_id tinyint パラメーターのシステム型の ID。 sys.types カタログ system_type_idの列に対応します。
max_length smallint パラメーターの最大長 (バイト単位)。
有効桁数 (precision) tinyint 数値ベースの場合のパラメーターの有効桁数。それ以外の場合は 0。
scale tinyint 数値ベースの場合のパラメーターのスケール。それ以外の場合は 0。
collation_name sysname 文字ベースの場合は、パラメーターの照合順序の名前。それ以外の場合は NULL。
user_type_id int 型の ID です。 データベース内で一意です。 システム データ型の場合は、user_type_idsystem_type_id

アクセス許可

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。

参照

パーティション関数カタログ ビュー (Transact-SQL)
カタログ ビュー (Transact-SQL)
sys.partition_functions (Transact-SQL)
sys.partition_range_values (Transact-SQL)