sys.query_store_runtime_stats (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server 2016 (13.x) 以降 YesAzure SQL Database YesAzure SQL Managed Instance yesAzure Synapse Analytics

クエリのランタイム実行統計情報に関する情報が含まれます。

列名 データ型 説明
runtime_stats_id bigint plan_id, execution_type および runtime_stats_interval_id のランタイム実行統計を表す行の識別子。 これは、過去のランタイム統計間隔に対してのみ一意です。 現在アクティブな間隔では、plan_id によって参照されるプランのランタイム統計を表す複数の行がある可能性があり、実行の種類は execution_type で表されます。 通常、1 つの行はディスクにフラッシュされるランタイム統計を表し、その他はメモリ内の状態を表します。 そのため、間隔ごとに実際の状態を取得するには、メトリックを集計し、plan_idexecution_type および runtime_stats_interval_id でグループ化する必要があります。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
plan_id bigint 外部キー。 sys.query_store_plan (Transact-SQL) に結合。
runtime_stats_interval_id bigint 外部キー。 sys.query_store_runtime_stats_interval (Transact-SQL) に結合。
execution_type tinyint クエリ実行の種類を決定します。

0 - 通常の実行 (正常に終了)

3 - クライアントが開始した実行中止

4 - 例外による実行中止
execution_type_desc nvarchar(128) 実行の種類フィールドの説明:

0 - 通常

3 - 中止

4 - 例外
first_execution_time datetimeoffset 集計間隔内のクエリ プランの最初の実行時刻。 これはクエリ実行の終了時刻です。
last_execution_time datetimeoffset 集計間隔内のクエリ プランの最後の実行時刻。 これはクエリ実行の終了時刻です。
count_executions bigint 集計間隔内のクエリ プランの実行の合計数。
avg_duration float 集計間隔内のクエリ プランの平均期間 (マイクロ秒単位で報告)。
last_duration bigint 集計間隔内のクエリ プランの最後の期間 (マイクロ秒単位で報告)。
min_duration bigint 集計間隔内のクエリ プランの最小期間 (マイクロ秒単位で報告)。
max_duration bigint 集計間隔内のクエリ プランの最大期間 (マイクロ秒単位で報告)。
stdev_duration float 集計間隔内のクエリ プランの期間標準偏差 (マイクロ秒単位で報告)。
avg_cpu_time float 集計間隔内のクエリ プランの平均 CPU 時間 (マイクロ秒単位で報告)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
last_cpu_time bigint 集計間隔内のクエリ プランの最後の CPU 時間 (マイクロ秒単位で報告)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
min_cpu_time bigint 集計間隔 (マイクロ秒単位で報告) 内のクエリ プランの最小 CPU 時間。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
max_cpu_time bigint 集計間隔内のクエリ プランの最大 CPU 時間 (マイクロ秒単位で報告)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
stdev_cpu_time float 集計間隔内のクエリ プランの CPU 時間の標準偏差 (マイクロ秒単位で報告)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
avg_logical_io_reads float 集計間隔内のクエリ プランの論理 I/O 読み取りの平均数 (読み取られた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
last_logical_io_reads bigint 集計間隔内のクエリ プランの論理 I/O 読み取りの最後の数 (読み取られた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
min_logical_io_reads bigint 集計間隔内のクエリ プランの論理 I/O 読み取りの最小数 (読み取られた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
max_logical_io_reads bigint 集計間隔内のクエリ プランの論理 I/O 読み取りの最大数 (読み取られた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
stdev_logical_io_reads float 集計間隔内のクエリ プランの論理 I/O 読み取り標準偏差の数 (読み取られた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
avg_logical_io_writes float 集計間隔内のクエリ プランの論理 I/O 書き込みの平均数 (書き込まれた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
last_logical_io_writes bigint 集計間隔内のクエリ プランの論理 I/O 書き込みの最後の数 (書き込まれた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
min_logical_io_writes bigint 集計間隔内のクエリ プランの論理 I/O 書き込みの最小数 (書き込まれた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
max_logical_io_writes bigint 集計間隔内のクエリ プランの論理 I/O 書き込みの最大数 (書き込まれた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
stdev_logical_io_writes float 集計間隔内のクエリ プランの論理 I/O 書き込み標準偏差の数 (書き込まれた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
avg_physical_io_reads float 集計間隔内のクエリ プランの物理 I/O 読み取りの平均数 (読み取られた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
last_physical_io_reads bigint 集計間隔内のクエリ プランの物理 I/O 読み取りの最後の数 (読み取られた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
min_physical_io_reads bigint 集計間隔内のクエリ プランの物理 I/O 読み取りの最小数 (読み取られた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
max_physical_io_reads bigint 集計間隔内のクエリ プランの物理 I/O 読み取りの最大数 (読み取られた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
stdev_physical_io_reads float 集計間隔内のクエリ プランの物理 I/O 読み取り標準偏差の数 (読み取られた 8 KB ページの数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
avg_clr_time float 集計間隔内のクエリ プランの平均 CLR 時間 (マイクロ秒単位で報告)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
last_clr_time bigint 集計間隔内のクエリ プランの最後の CLR 時間 (マイクロ秒単位で報告)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
min_clr_time bigint 集計間隔内のクエリ プランの最小 CLR 時間 (マイクロ秒単位で報告)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
max_clr_time bigint 集計間隔内のクエリ プランの最大 CLR 時間 (マイクロ秒単位で報告)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
stdev_clr_time float 集計間隔内のクエリ プランの CLR 時間標準偏差 (マイクロ秒単位で報告)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
avg_dop float 集計間隔内のクエリ プランの平均 DOP (並列処理の次数)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
last_dop bigint 集計間隔内のクエリ プランの最後の DOP (並列処理の次数)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
min_dop bigint 集計間隔内のクエリ プランの最小 DOP (並列処理の次数)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
max_dop bigint 集計間隔内のクエリ プランの最大 DOP (並列処理の次数)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
stdev_dop float 集計間隔内のクエリ プランの DOP (並列処理の次数) 標準偏差。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
avg_query_max_used_memory float 集計間隔内のクエリ プランの平均メモリ許可 (8 KB ページ数として報告)。 ネイティブ コンパイル メモリ最適化プロシージャを使用するクエリの場合は常に 0。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
last_query_max_used_memory bigint 集計間隔内のクエリ プランの最後のメモリ許可 (8 KB ページ数として報告)。 ネイティブ コンパイル メモリ最適化プロシージャを使用するクエリの場合は常に 0。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
min_query_max_used_memory bigint 集計間隔内のクエリ プランの最小メモリ許可 (8 KB ページ数として報告)。 ネイティブ コンパイル メモリ最適化プロシージャを使用するクエリの場合は常に 0。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
max_query_max_used_memory bigint 集計間隔内のクエリ プランの最大メモリ許可 (8 KB ページ数として報告)。 ネイティブ コンパイル メモリ最適化プロシージャを使用するクエリの場合は常に 0。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
stdev_query_max_used_memory float 集計間隔内のクエリ プランのメモリ許可標準偏差 (8 KB ページ数として報告)。 ネイティブ コンパイル メモリ最適化プロシージャを使用するクエリの場合は常に 0。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
avg_rowcount float 集計間隔内のクエリ プランに返される行の平均数。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
last_rowcount bigint 集計間隔内のクエリ プランの最後の実行で返される行の数。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
min_rowcount bigint 集計間隔内のクエリ プランに返される行の最小数。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
max_rowcount bigint 集計間隔内のクエリ プランに返される行の最大数。
stdev_rowcount float 集計間隔内のクエリ プランに返される行数の標準偏差。
avg_num_physical_io_reads float 集計間隔内のクエリ プランの物理 I/O 読み取りの平均数 (読み取り I/O 操作の数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
last_num_physical_io_reads bigint 集計間隔内のクエリ プランの物理 I/O 読み取りの最後の数 (読み取り I/O 操作の数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
min_num_physical_io_reads bigint 集計間隔内のクエリ プランの物理 I/O 読み取りの最小数 (読み取り I/O 操作の数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
max_num_physical_io_reads bigint 集計間隔内のクエリ プランの物理 I/O 読み取りの最大数 (読み取り I/O 操作の数として表されます)。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
avg_log_bytes_used float 集計間隔内で、クエリ プランで使用されるデータベース ログ内の平均バイト数。
適用対象: SQL Server (SQL Server 2017 (14.x) 以降) および Azure SQL Database。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
last_log_bytes_used bigint 集計間隔内で、クエリ プランの最後の実行で使用されるデータベース ログ内のバイト数。
適用対象: SQL Server (SQL Server 2017 (14.x) 以降) および Azure SQL Database。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
min_log_bytes_used bigint 集計間隔内で、クエリ プランで使用されるデータベース ログ内の最小バイト数。
適用対象: SQL Server (SQL Server 2017 (14.x) 以降) および Azure SQL Database。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
max_log_bytes_used bigint 集計間隔内で、クエリ プランで使用されるデータベース ログ内の最大バイト数。
適用対象: SQL Server (SQL Server 2017 (14.x) 以降) および Azure SQL Database。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
stdev_log_bytes_used float 集計間隔内で、クエリ プランで使用されるデータベース ログ内のバイト数の標準偏差。
適用対象: SQL Server (SQL Server 2017 (14.x) 以降) および Azure SQL Database。
注: Azure Synapse Analytics からは常にゼロ (0) が返されます。
avg_tempdb_space_used float 集計間隔内のクエリ プランの tempdb で使用される平均ページ数 (8 KB ページ数で表されます)。

適用対象: SQL Server (SQL Server 2017 (14.x) 以降) および Azure SQL Database。
last_tempdb_space_used bigint 集計間隔内のクエリ プランの tempdb で使用されるページの最後の数 (8 KB ページ数で表されます)。

適用対象: SQL Server (SQL Server 2017 (14.x) 以降) および Azure SQL Database。
min_tempdb_space_used bigint 集計間隔内のクエリ プランの tempdb で使用されるページの最小数 (8 KB ページ数で表されます)。

適用対象: SQL Server (SQL Server 2017 (14.x) 以降) および Azure SQL Database。
max_tempdb_space_used bigint 集計間隔内でクエリ プランの tempdb で使用されるページの最大数 (8 KB ページ数で表されます)。

適用対象: SQL Server (SQL Server 2017 (14.x) 以降) および Azure SQL Database。
stdev_tempdb_space_used float 集計間隔内のクエリ プランの tempdb 標準偏差で使用されるページ数 (8 KB ページ数で表されます)。

適用対象: SQL Server (SQL Server 2017 (14.x) 以降) および Azure SQL Database。
avg_page_server_io_reads float 集計間隔内のクエリ プランのページ サーバー I/O 読み取りの平均数 (読み取られた 8 KB ページの数として表されます)。

適用対象: Azure SQL Database Hyperscale
注: Azure Synapse Analytics、Azure SQL Database、Azure SQL Managed Instance (ハイパースケール以外) からは常にゼロ (0) が返されます。
last_page_server_io_reads bigint 集計間隔内のクエリ プランのページ サーバー I/O 読み取りの最後の数 (読み取られた 8 KB ページ数で表されます)。

適用対象: Azure SQL Database Hyperscale
注: Azure Synapse Analytics、Azure SQL Database、Azure SQL Managed Instance (ハイパースケール以外) からは常にゼロ (0) が返されます。
min_page_server_io_reads bigint 集計間隔内のクエリ プランのページ サーバー I/O 読み取りの最小数 (読み取られた 8 KB ページ数で表されます)。

適用対象: Azure SQL Database Hyperscale
注: Azure Synapse Analytics、Azure SQL Database、Azure SQL Managed Instance (ハイパースケール以外) からは常にゼロ (0) が返されます。
max_page_server_io_reads bigint 集計間隔内のクエリ プランのページ サーバー I/O 読み取りの最大数 (読み取られた 8 KB ページの数で表されます)。

適用対象: Azure SQL Database Hyperscale
注: Azure Synapse Analytics、Azure SQL Database、Azure SQL Managed Instance (ハイパースケール以外) からは常にゼロ (0) が返されます。
stdev_page_server_io_reads float 集計間隔内のクエリ プランのページ サーバー I/O 読み取り数の標準偏差 (読み取られた 8 KB ページの数として表されます)。

適用対象: Azure SQL Database Hyperscale
注: Azure Synapse Analytics、Azure SQL Database、Azure SQL Managed Instance (ハイパースケール以外) からは常にゼロ (0) が返されます。
replica_group_id bigint このレプリカのレプリカ セット番号を識別します。

適用対象: SQL Server (SQL Server 2022 (16.x) Preview 以降)

アクセス許可

VIEW DATABASE STATE アクセス許可が必要です。

次の手順

クエリ ストアについて詳しくは、次の記事を参照してください。