sys.resource_stats (Azure SQL データベース)sys.resource_stats (Azure SQL Database)

適用対象: XSQL Server ○Azure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data Warehouse APPLIES TO: noSQL Server yesAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

Azure SQL データベースの CPU 使用率とストレージのデータを返します。Returns CPU usage and storage data for an Azure SQL Database. データは、5 分間隔で収集と集計が実行されます。The data is collected and aggregated within five-minute intervals. 各ユーザー データベースの 1 行では、リソースの消費量の変更をすべて 5 分間のレポート ウィンドウのデータがあります。For each user database, there is one row for every five-minute reporting window in which there is a change in resource consumption. 返されるデータには、CPU 使用率、ストレージ サイズの変更、およびデータベース SKU の変更が含まれています。The data returned includes CPU usage, storage size change, and database SKU modification. アイドル状態のデータベースを変更せずに 5 分間隔の行がありません。Idle databases with no changes may not have rows for every five-minute interval. 履歴データは約 14 日間保持されます。Historical data is retained for approximately 14 days.

Sys.resource_statsビューでは、データベースが関連付けられている Azure SQL Database サーバーのバージョンによって異なる定義します。The sys.resource_stats view has different definitions depending on the version of the Azure SQL Database Server that the database is associated with. 新しいサーバー バージョンにアップグレードする際は、それら定義の違いとアプリケーションに必要な変更を考慮してください。Consider these differences and any modifications your application requires when upgrading to a new server version.

次の表は、v12 サーバーで使用できる列について説明しています。The following table describes the columns available in a v12 server:

[列]Columns データ型Data Type 説明Description
start_timestart_time datetimedatetime 5 分間のレポート期間の開始を示す UTC 時刻。UTC time indicating the start of the five-minute reporting interval.
end_timeend_time datetimedatetime 5 分間のレポート期間の終了を示す UTC 時刻。UTC time indicating the end of the five-minute reporting interval.
database_namedatabase_name varcharvarchar ユーザー データベースの名前。Name of the user database.
skusku varcharvarchar データベースのサービス階層。Service Tier of the database. 使用できる値を次に示します。The following are the possible values:

BasicBasic

StandardStandard

PremiumPremium

General PurposeGeneral Purpose

Business CriticalBusiness Critical
storage_in_megabytesstorage_in_megabytes floatfloat データベースのデータ、インデックス、ストアド プロシージャ、およびメタデータを含む、期間のメガバイト単位でストレージの最大サイズ。Maximum storage size in megabytes for the time period, including database data, indexes, stored procedures, and metadata.
avg_cpu_percentavg_cpu_percent numericnumeric サービス層の上限に対するパーセンテージで示した、平均コンピューティング使用率。Average compute utilization in percentage of the limit of the service tier.
avg_data_io_percentavg_data_io_percent numericnumeric サービス層の上限に基づくパーセンテージで示した、平均入出力使用率。Average I/O utilization in percentage based on the limit of the service tier.
avg_log_write_percentavg_log_write_percent numericnumeric サービス層の上限に対するパーセンテージで示した、平均書き込みリソース使用率。Average write resource utilization in percentage of the limit of the service tier.
max_worker_percentmax_worker_percent decimal(5,2)decimal(5,2) データベースのサービス層の限度に対する割合で表した最大同時実行ワーカー (要求)。Maximum concurrent workers (requests) in percentage based on the limit of the database’s service tier.

最大値を現在の同時実行ワーカー数の 15 秒サンプルに基づいた、5 分間隔を計算します。Maximum is currently calculated for the five-minute interval based on the 15-second samples of concurrent worker counts.
max_session_percentmax_session_percent decimal(5,2)decimal(5,2) データベースのサービス層の限度に対する割合で表した最大同時セッション数。Maximum concurrent sessions in percentage based on the limit of the database’s service tier.

最大値は現在の同時セッション数の 15 秒サンプルに基づいた、5 分間隔の計算されます。Maximum is currently calculated for the five-minute interval based on the 15-second samples of concurrent session counts.
dtu_limitdtu_limit intint 現在データベースの最大 DTU このデータベースの設定この間隔中にします。Current max database DTU setting for this database during this interval.
allocated_storage_in_megabytesallocated_storage_in_megabytes floatfloat 量では、ファイルの空き領域 (mb) のデータベースのデータを格納するために使用できる書式設定されます。The amount of formatted file space in MB made available for storing database data. 書式設定されたファイル領域は、"割り当てられているデータ領域"とも呼ばれます。Formatted file space is also referred to as data space allocated. 詳細については、次を参照してください: SQL DB 内のファイル領域管理。For more information, see: File space management in SQL DB

ヒント

これらの制限とサービス レベルに関する詳細なコンテキスト、トピックを参照してください。サービス階層します。For more context about these limits and service tiers, see the topics Service Tiers.

アクセス許可Permissions

このビューは、仮想に接続するアクセス許可を持つすべてのユーザー ロールに使用可能なマスターデータベース。This view is available to all user roles with permissions to connect to the virtual master database.

コメントRemarks

によって返されるデータsys.resource_stats実行しているサービス階層/パフォーマンス レベルの制限が許容される最大の割合として表されます。The data returned by sys.resource_stats is expressed as a percentage of the maximum allowed limits for the service tier/performance level that you are running.

データベースがエラスティック プールのメンバーである場合は、割合の値として表示されるリソース統計は、エラスティック プールの構成で設定されているデータベースの最大制限の割合として表されます。When a database is a member of an elastic pool, resource statistics presented as percent values, are expressed as the percent of the max limit for the databases as set in the elastic pool configuration.

このデータの詳細なビューを使用してsys.dm_db_resource_statsユーザー データベースでの動的管理ビュー。For a more granular view of this data, use sys.dm_db_resource_stats dynamic management view in a user database. このビューはデータを 15 秒ごとにキャプチャし、履歴データを 1 時間保持します。This view captures data every 15 seconds and maintains historical data for 1 hour. 詳細については、次を参照してください。 sys.dm_db_resource_stats (Azure SQL Database)します。For more information, see sys.dm_db_resource_stats (Azure SQL Database).

使用例Examples

次の例では、過去 1 週間で平均してコンピューティング使用率が 80% 以上になっているすべてのデータベースが返されます。The following example returns all databases that are averaging at least 80% of compute utilization over the last one week.

DECLARE @s datetime;  
DECLARE @e datetime;  
SET @s= DateAdd(d,-7,GetUTCDate());  
SET @e= GETUTCDATE();  
SELECT database_name, AVG(avg_cpu_percent) AS Average_Compute_Utilization   
FROM sys.resource_stats   
WHERE start_time BETWEEN @s AND @e  
GROUP BY database_name  
HAVING AVG(avg_cpu_percent) >= 80  

参照See Also

サービス レベル Service Tiers
サービス層の機能と制限Service tier capabilities and limits