sys.security_predicates (Transact-sql SQL)

適用対象: はいSQL Server 2016 (13.x) 以降 はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics

データベース内のセキュリティ述語ごとに1行のデータを返します。

列名 データ型 説明
object_id int この述語を含むセキュリティポリシーの ID。
security_predicate_id int このセキュリティポリシー内の述語 ID。
target_object_id int セキュリティ述語がバインドされるオブジェクトの ID。
predicate_definition nvarchar(max) 引数を含むセキュリティ述語として使用される関数の完全修飾名。 名前が正規化されている可能性があることに注意してください schema.function (つまり、エスケープされます)。また、一貫性を確保するためにテキスト内のその他の要素も同様です。 次に例を示します。

[dbo].[fn_securitypredicate]([wing], [startTime], [endTime])
predicate_type int セキュリティポリシーによって使用される述語の種類。

0 = フィルター述語

1 = ブロック述語
predicate_type_desc nvarchar(60) セキュリティポリシーによって使用される述語の種類。

FILTER

ブロック
operation int 述語に対して指定された操作の種類。

NULL = 適用可能なすべての操作

1 = 挿入後

2 = 更新後

3 = 更新前

4 = 削除前
operation_desc nvarchar(60) 述語に対して指定された操作の種類。

NULL

挿入後

更新後に

更新前

削除前

アクセス許可

ALTER ANY SECURITY POLICY 権限を持つプリンシパルは、このカタログビュー内のすべてのオブジェクトと、そのオブジェクトに対する view DEFINITION を持つすべてのユーザーにアクセスできます。

参照

行レベルのセキュリティ
sys.security_policies (Transact-SQL)
CREATE SECURITY POLICY (Transact-SQL)
セキュリティ カタログ ビュー (Transact-SQL)
カタログ ビュー (Transact-SQL)
プリンシパル (データベース エンジン)