sys.servers (TRANSACT-SQL)sys.servers (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database (Managed Instance のみ) noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database (Managed Instance only) noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

登録されると、リンクまたはリモート サーバーごとに 1 行と 1 行を持つ、ローカル サーバーのデータを含むserver_id = 0。Contains a row per linked or remote server registered, and a row for the local server that has server_id = 0.

列名Column name データ型Data type 説明Description
server_idserver_id intint リンク サーバーのローカル ID です。Local ID of linked server.
namename sysnamesysname ときにserver_id = 0 の場合、サーバー名が返されます。When server_id = 0, the returned value is the server name.

ときにserver_id > 0 の場合、返される値は、リンク サーバーのローカル名。When server_id > 0, the returned value is the local name of linked server.
productproduct sysnamesysname リンク サーバーの製品名。Product name of the linked server. "SQL Server"の値を別のインスタンスを示しますSQL ServerSQL Serverします。A value of "SQL Server" indicates another instance of SQL ServerSQL Server.
providerprovider sysnamesysname リンク サーバー接続用の OLE DB プロバイダー名です。OLE DB provider name for connecting to linked server.
data_sourcedata_source nvarchar (4000)nvarchar(4000) OLE DB データ ソース接続プロパティです。OLE DB data source connection property.
locationlocation nvarchar (4000)nvarchar(4000) OLE DB 場所接続プロパティです。OLE DB location connection property. 存在しない場合は NULL です。NULL if none.
provider_stringprovider_string nvarchar (4000)nvarchar(4000) OLE DB プロバイダー文字列接続プロパティです。OLE DB provider-string connection property.

呼び出し側に ALTER ANY LINKED SERVER 権限がなければ NULL になります。Is NULL unless the caller has the ALTER ANY LINKED SERVER permission.
catalogcatalog sysnamesysname OLEDB カタログ接続プロパティです。OLEDB catalog connection property. 存在しない場合は NULL です。NULL if none.
connect_timeoutconnect_timeout intint 存在しない場合は、秒単位、0 のタイムアウトを接続します。Connect time-out in seconds, 0 if none.
query_timeoutquery_timeout intint 存在しない場合は、タイムアウトを秒単位、0 クエリします。Query time-out in seconds, 0 if none.
is_linkedis_linked bitbit 0 = を使用して追加された旧形式のサーバーは、 sp_addserver、さまざまな RPC および分散トランザクションの動作。0 = Is an old-style server added by using sp_addserver, with different RPC and distributed-transaction behavior.

1 の場合、標準リンク サーバーです。1 = Standard linked server.
is_remote_login_enabledis_remote_login_enabled bitbit このサーバーに対する着信リモート ログインを有効にする RPC オプションが設定されています。RPC option is set enabling incoming remote logins for this server.
is_rpc_out_enabledis_rpc_out_enabled bitbit (このサーバーからの) 発信 RPC が有効です。Outgoing (from this server) RPC is enabled.
is_data_access_enabledis_data_access_enabled bitbit 分散クエリでは、サーバーは有効です。Server is enabled for distributed queries.
is_collation_compatibleis_collation_compatible bitbit リモート データの照合順序は、照合順序に関する情報がない場合にはローカル データと互換性があると見なされます。Collation of remote data is assumed to be compatible with local data if no collation information is available.
uses_remote_collationuses_remote_collation bitbit 1 の場合、リモート サーバーによってレポートされる照合順序を使用し、それ以外の場合は、次の列で指定された照合順序を使用します。If 1, use the collation reported by the remote server; otherwise, use the collation specified by the next column.
collation_namecollation_name sysnamesysname 使用する照合順序名です。ローカルを使用するだけの場合は NULL です。Name of collation to use, or NULL if just use local.
lazy_schema_validationlazy_schema_validation bitbit 1 の場合、スキーマの検証はクエリの開始時はチェックされません。If 1, schema validation is not checked at query startup.
is_systemis_system bitbit このサーバーは、内部システムからのみアクセスできます。This server can be accessed only by the internal system.
is_publisheris_publisher bitbit サーバーは、レプリケーションのパブリッシャーです。Server is a replication Publisher.
is_subscriberis_subscriber bitbit サーバーはレプリケーション サブスクライバーです。Server is a replication Subscriber.
is_distributoris_distributor bitbit サーバーはレプリケーション ディストリビューターです。Server is a replication Distributor.
is_nonsql_subscriberis_nonsql_subscriber bitbit サーバーは SQL Server 以外のレプリケーション サブスクライバーです。Server is a non-SQL Server replication Subscriber.
is_remote_proc_transaction_promotion_enabledis_remote_proc_transaction_promotion_enabled bitbit 1 の場合、リモート ストアド プロシージャを呼び出す、分散トランザクションを開始しは MS DTC トランザクションに参加します。If 1, calling a remote stored procedure starts a distributed transaction and enlists the transaction with MS DTC. 詳細については、「 sp_serveroption (Transact-SQL)からデータにアクセスする方法について説明します。For more information, see sp_serveroption (Transact-SQL).
modify_datemodify_date datetimedatetime サーバー情報が前回変更された日付です。Date that server information was last changed.

アクセス許可Permissions

provider_stringは呼び出し元は、ALTER ANY LINKED SERVER 権限を持っていない場合に常に NULL です。The value in provider_string is always NULL unless the caller has the ALTER ANY LINKED SERVER permission.

アクセス許可がローカル サーバーを表示する必要はありません (server_id = 0)。Permissions are not required to view the local server (server_id = 0).

リンクまたはリモート サーバーを作成するときにSQL ServerSQL Server、既定のログイン マッピングを作成、パブリックサーバーの役割。When you create a linked or remote server, SQL ServerSQL Server creates a default login mapping to the public server role. 既定のログイン マッピングは、すべてのログインがすべてのリンクとリモート サーバーを表示できることを意味します。Default login mapping means that all logins can view all linked and remote servers. これらのサーバーへの可視性を制限するには、実行することによって既定のログイン マッピングを削除sp_droplinkedsrvlogin NULL を指定して、 localloginパラメーター。To restrict visibility to these servers, remove the default login mapping by executing sp_droplinkedsrvlogin and specifying NULL for the locallogin parameter.

既定のログイン マッピングを削除すると、リンク ログインまたはリモート ログインとして明示的に追加されている唯一のユーザーはログインがあるリンクまたはリモート サーバーを表示できます。If the default login mapping is deleted, only users that have been explicitly added as a linked login or remote login can view the linked or remote servers for which they have a login. 次のアクセス許可は、既定のログイン マッピング後のすべてのリンクとリモート サーバーを表示する必要があります。The following permissions are required to view all linked and remote servers after the default login mapping:

  • ALTER ANY LINKED SERVER または ALTER ANY LOGIN ON SERVERALTER ANY LINKED SERVER or ALTER ANY LOGIN ON SERVER
  • メンバーシップ、 setupadminまたはsysadmin固定サーバー ロールMembership in the setupadmin or sysadmin fixed server roles

関連項目See Also

カタログ ビュー (Transact-SQL) Catalog Views (Transact-SQL)
リンク サーバーのカタログ ビュー (TRANSACT-SQL) Linked Servers Catalog Views (Transact-SQL)
sp_addlinkedsrvlogin (TRANSACT-SQL) sp_addlinkedsrvlogin (Transact-SQL)
sp_addremotelogin (Transact-SQL)sp_addremotelogin (Transact-SQL)