sys.sql_dependencies (TRANSACT-SQL)sys.sql_dependencies (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

参照先エンティティで参照されるように各依存関係の行を格納、Transact-SQLTransact-SQL式またはその他の参照元オブジェクトを定義するステートメント。Contains a row for each dependency on a referenced entity as referenced in the Transact-SQLTransact-SQL expression or statements that define some other referencing object.

重要

この機能はメンテナンス モードであり、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除される可能性があります。This feature is in maintenance mode and may be removed in a future version of Microsoft SQL Server. 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。Avoid using this feature in new development work, and plan to modify applications that currently use this feature. 使用sys.sql_expression_dependencies代わりにします。Use sys.sql_expression_dependencies instead.

列名Column name データ型Data type 説明Description
classclass tinyinttinyint 参照先エンティティのクラスを識別します。Identifies the class of the referenced entity:

0 = オブジェクトまたは列 (非スキーマ バインド参照のみ)0 = Object or column (non-schema-bound references only)

1 = オブジェクトまたは列 (スキーマ バインド参照)1 = Object or column (schema-bound references)

2 = 型 (スキーマ バインド参照)2 = Types (schema-bound references)

3 = XML スキーマ コレクション (スキーマ バインド参照)3 = XML Schema collections (schema-bound references)

4 = パーティション関数 (スキーマ バインド参照)4 = Partition function (schema-bound references)
class_descclass_desc nvarchar(60)nvarchar(60) 参照先エンティティのクラスの説明です。Description of class of referenced entity:

OBJECT_OR_COLUMN_REFERENCE_NON_SCHEMA_BOUNDOBJECT_OR_COLUMN_REFERENCE_NON_SCHEMA_BOUND

OBJECT_OR_COLUMN_REFERENCE_SCHEMA_BOUNDOBJECT_OR_COLUMN_REFERENCE_SCHEMA_BOUND

TYPE_REFERENCETYPE_REFERENCE

XML_SCHEMA_COLLECTION_REFERENCEXML_SCHEMA_COLLECTION_REFERENCE

PARTITION_FUNCTION_REFERENCEPARTITION_FUNCTION_REFERENCE
object_idobject_id intint 参照元オブジェクトの ID。ID of the referencing object.
column_idcolumn_id intint 参照元の ID の列、ID 列を参照する場合それ以外の場合、0 を返します。If the referencing ID is a column, ID of referencing column; otherwise, 0.
referenced_major_idreferenced_major_id intint クラスの値によって解釈される、参照先エンティティの ID による。ID of the referenced entity, interpreted by value of class, according to:

0、1 = オブジェクトまたは列のオブジェクト ID。0, 1 = Object ID of object or column.

2 = 型 ID2 = Type ID.

3 = XML スキーマ コレクション ID3 = XML Schema collection ID.
referenced_minor_idreferenced_minor_id intint 次に示すように、クラスの値によって解釈される、参照先エンティティの補助 ID です。Minor-ID of the referenced entity, interpreted by value of class, as shown in the following.

この値は、class の値によって異なります。When class =:

0、 referenced_minor_id列 ID、または列ではない場合は 0。0, referenced_minor_id is a column ID; or if not a column, it is 0.

1、 referenced_minor_id列 ID、または列ではない場合は 0。1, referenced_minor_id is a column ID; or if not a column, it is 0.

それ以外の場合、 referenced_minor_id = 0。Otherwise, referenced_minor_id = 0.
is_selectedis_selected bitbit オブジェクトまたは列が選択されています。Object or column is selected.
is_updatedis_updated bitbit オブジェクトまたは列が更新されます。Object or column is updated.
is_select_allis_select_all bitbit オブジェクトが SELECT で使用されます * 句 (オブジェクト レベルのみ)。Object is used in SELECT * clause (object-level only).

アクセス許可Permissions

ロール public のメンバーシップが必要です。Requires membership in the public role. 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。For more information, see Metadata Visibility Configuration.

参照See Also

カタログ ビュー (Transact-SQL) Catalog Views (Transact-SQL)
オブジェクト カタログ ビュー (Transact-SQL) Object Catalog Views (Transact-SQL)
SQL Server システム カタログに対するクエリに関してよくあるご質問Querying the SQL Server System Catalog FAQ