sys.triggers (Transact-SQL)sys.triggers (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

TR トリガーまたは TA トリガーであるオブジェクトごとに、1 行のデータを格納します。Contains a row for each object that is a trigger, with a type of TR or TA. DML トリガー名は、スキーマ スコープし、そのために表示されますsys.objectsします。DML trigger names are schema-scoped and, therefore, are visible in sys.objects. DDL トリガー名は、親エンティティによってスコープ設定され、このビューに表示されるのみです。DDL trigger names are scoped by the parent entity and are only visible in this view.

Parent_class名前列は、データベースにトリガーを一意に識別します。The parent_class and name columns uniquely identify the trigger in the database.

列名Column name データ型Data type 説明Description
namename sysnamesysname トリガーの名前。Trigger name. DML トリガー名はスキーマ スコープです。DML trigger names are schema-scoped. DDL トリガー名は、親エンティティに関してスコープされます。DDL trigger names are scoped with respect to the parent entity.
object_idobject_id intint オブジェクト ID 番号。Object identification number. データベース内で一意です。Is unique within a database.
parent_classparent_class tinyinttinyint トリガーの親のクラス。Class of the parent of the trigger.

0 = DDL トリガー用のデータベース0 = Database, for the DDL triggers.

1 = DML トリガー用のオブジェクトまたは列1 = Object or column for the DML triggers.
parent_class_descparent_class_desc nvarchar(60)nvarchar(60) トリガーの親クラスの説明です。Description of the parent class of the trigger.

DATABASEDATABASE

OBJECT_OR_COLUMNOBJECT_OR_COLUMN
parent_idparent_id intint 次のように、トリガーの親の ID。ID of the parent of the trigger, as follows:

0 = データベースが親となっているトリガー0 = Triggers that are database-parented triggers.

これは、DML トリガーの場合、 object_idテーブルまたはビュー、DML トリガーが定義されているのです。For DML triggers, this is the object_id of the table or view on which the DML trigger is defined.
typetype char(2)char(2) オブジェクトの種類:Object type:

TA = アセンブリ (CLR) トリガーTA = Assembly (CLR) trigger

TR = SQL トリガーTR = SQL trigger
type_desctype_desc nvarchar(60)nvarchar(60) オブジェクトの種類の説明です。Description of object type.

CLR_TRIGGERCLR_TRIGGER

SQL_TRIGGERSQL_TRIGGER
create_datecreate_date datetimedatetime トリガーが作成された日付。Date the trigger was created.
modify_datemodify_date datetimedatetime ALTER ステートメントを使用して、オブジェクトの最終更新日。Date the object was last modified by using an ALTER statement.
is_ms_shippedis_ms_shipped bitbit ユーザーの代理として内部で作成されたトリガーSQL ServerSQL Serverコンポーネント。Trigger created on behalf of the user by an internal SQL ServerSQL Server component.
is_disabledis_disabled bitbit トリガーは無効です。Trigger is disabled.
is_not_for_replicationis_not_for_replication bitbit トリガーは、NOT FOR REPLICATION として作成されました。Trigger was created as NOT FOR REPLICATION.
is_instead_of_triggeris_instead_of_trigger bitbit 1 = INSTEAD OF トリガー1 = INSTEAD OF triggers

0 = AFTER トリガー0 = AFTER triggers.

アクセス許可Permissions

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。The visibility of the metadata in catalog views is limited to securables that a user either owns or on which the user has been granted some permission. 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。For more information, see Metadata Visibility Configuration.

関連項目See Also

セキュリティ カタログ ビュー (Transact-SQL) Security Catalog Views (Transact-SQL)
カタログ ビュー (Transact-SQL)Catalog Views (Transact-SQL)