sys.sysobjects (Transact-SQL)sys.sysobjects (Transact-SQL)

適用対象:○SQL Server (2008 以降)XAzure SQL Database○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data Warehouse THIS TOPIC APPLIES TO:yesSQL Server (starting with 2008)noAzure SQL DatabaseyesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

制約、デフォルト、ログ、ルール、ストアド プロシージャなど、データベース内で作成されるオブジェクトごとに 1 行のデータを保持します。Contains one row for each object that is created within a database, such as a constraint, default, log, rule, and stored procedure.

重要

この SQL Server 2000 システム テーブルは、下位互換性を保つためにビューとして含まれています。This SQL Server 2000 system table is included as a view for backward compatibility. 代わりに、現在の SQL Server システム ビューを使用することをお勧めします。We recommend that you use the current SQL Server system views instead. 対応するシステム ビューを調べるには、「システム テーブルのシステム ビューへのマッピング (Transact-SQL)」をご覧ください。To find the equivalent system view or views, see Mapping System Tables to System Views (Transact-SQL). この機能は、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除されます。This feature will be removed in a future version of Microsoft SQL Server. 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。Avoid using this feature in new development work, and plan to modify applications that currently use this feature.

列名Column name データ型Data type 説明Description
namename sysnamesysname オブジェクト名です。Object name
idid intint オブジェクト ID 番号です。Object identification number
xtypextype char(2)char(2) オブジェクトの種類です。Object type. オブジェクトの種類は次のいずれかです。Can be one of the following object types:

AF = 集計関数 (CLR)AF = Aggregate function (CLR)

C = CHECK 制約C = CHECK constraint

D = Default 制約または DEFAULT 制約D = Default or DEFAULT constraint

F = FOREIGN KEY 制約F = FOREIGN KEY constraint

L = ログL = Log

FN = スカラー関数FN = Scalar function

FS = アセンブリ (CLR) スカラー関数FS = Assembly (CLR) scalar-function

FT = アセンブリ (CLR) テーブル値関数FT = Assembly (CLR) table-valued function

IF = インライン テーブル関数IF = In-lined table-function

IT = 内部テーブルIT = Internal table

P = ストアド プロシージャP = Stored procedure

PC = アセンブリ (CLR) ストアド プロシージャPC = Assembly (CLR) stored-procedure

PK = PRIMARY KEY 制約 (種類は K)PK = PRIMARY KEY constraint (type is K)

RF = レプリケーション フィルター ストアド プロシージャRF = Replication filter stored procedure

S = システム テーブルS = System table

SN = シノニムSN = Synonym

SQ = サービス キューSQ = Service queue

TA = アセンブリ (CLR) DML トリガーTA = Assembly (CLR) DML trigger

TF = テーブル関数TF = Table function

TR = SQL DML トリガーTR = SQL DML Trigger

TT = テーブルの種類TT = Table type

U = ユーザー テーブルU = User table

UQ = UNIQUE 制約 (種類は K)UQ = UNIQUE constraint (type is K)

V = ビューV = View

X = 拡張ストアド プロシージャX = Extended stored procedure
uiduid smallintsmallint オブジェクト所有者のスキーマ ID です。Schema ID of the owner of the object. SQL ServerSQL Server の前のバージョンからアップグレードしたデータベースの場合、スキーマ ID は所有者のユーザー ID と同じです。For databases upgraded from an earlier version of SQL ServerSQL Server, the schema ID is equal to the user ID of the owner. ユーザーとロールの数が 32,767 を超える場合は、オーバーフローが発生するか NULL が返されます。Overflows or returns NULL if the number of users and roles exceeds 32,767.

**重要な* \* 場合は、次のいずれかを使用する SQL ServerSQL ServerDDL ステートメントを使用する必要がある、 sys.objectsカタログ sys.sysobjects ではなくビュー。** Important *\* If you use any of the following SQL ServerSQL Server DDL statements, you must use the sys.objects catalog view instead of sys.sysobjects.

作成 (& M); #124ALTER |です。ユーザーを削除します。CREATE | ALTER | DROP USER

作成 (& M); #124ALTER |です。ロールを削除しますCREATE | ALTER | DROP ROLE

作成 (& M); #124ALTER |です。アプリケーション ロールを削除しますCREATE | ALTER | DROP APPLICATION ROLE

CREATE SCHEMACREATE SCHEMA

ALTER AUTHORIZATION ON OBJECTALTER AUTHORIZATION ON OBJECT
infoinfo smallintsmallint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
ステータスstatus intint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
base_schema_verbase_schema_ver intint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
replinforeplinfo intint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
parent_objparent_obj intint 親オブジェクトのオブジェクト ID 番号です。Object identification number of the parent object. たとえば、トリガーや制約の場合はテーブル ID です。For example, the table ID if it is a trigger or constraint.
crdatecrdate datetimedatetime オブジェクトが作成された日付です。Date the object was created.
ftcatidftcatid smallintsmallint フルテキスト インデックス作成で登録されたすべてのユーザー テーブルのフルテキスト カタログの識別子です。登録されていないすべてのユーザー テーブルには 0 を指定します。Identifier of the full-text catalog for all user tables registered for full-text indexing, and 0 for all user tables that are not registered.
schema_verschema_ver intint テーブルのスキーマが変更されるたびに増加するバージョン番号です。Version number that is incremented every time the schema for a table changes. 常に 0 を返します。Always returns 0.
stats_schema_verstats_schema_ver intint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
type char(2)char(2) オブジェクトの種類です。Object type. 次の値のいずれかです。Can be one of the following values:

AF = 集計関数 (CLR)AF = Aggregate function (CLR)

C = CHECK 制約C = CHECK constraint

D = Default 制約または DEFAULT 制約D = Default or DEFAULT constraint

F = FOREIGN KEY 制約F = FOREIGN KEY constraint

FN = スカラー関数FN = Scalar function

FS = アセンブリ (CLR) スカラー関数FS = Assembly (CLR) scalar-function

FT = アセンブリ (CLR) テーブル値関数IF = インライン テーブル関数FT = Assembly (CLR) table-valued functionIF = In-lined table-function

IT = 内部テーブルIT - Internal table

K = PRIMARY KEY 制約または UNIQUE 制約K = PRIMARY KEY or UNIQUE constraint

L = ログL = Log

P = ストアド プロシージャP = Stored procedure

PC = アセンブリ (CLR) ストアド プロシージャPC = Assembly (CLR) stored-procedure

R = ルールR = Rule

RF = レプリケーション フィルター ストアド プロシージャRF = Replication filter stored procedure

S = システム テーブルS = System table

SN = シノニムSN = Synonym

SQ = サービス キューSQ = Service queue

TA = アセンブリ (CLR) DML トリガーTA = Assembly (CLR) DML trigger

TF = テーブル関数TF = Table function

TR = SQL DML トリガーTR = SQL DML Trigger

TT = テーブルの種類TT = Table type

U = ユーザー テーブルU = User table

V = ビューV = View

X = 拡張ストアド プロシージャX = Extended stored procedure
userstatuserstat smallintsmallint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
sysstatsysstat smallintsmallint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
indexdelindexdel smallintsmallint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
refdaterefdate datetimedatetime 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
versionversion intint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
deltrigdeltrig intint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
instriginstrig intint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
updtrigupdtrig intint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
seltrigseltrig intint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.
categorycategory intint パブリケーション、制約、ID 用に使用されます。Used for publication, constraints, and identity.
キャッシュcache smallintsmallint 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.

参照See Also

システム ビュー ( をシステム テーブルのマッピングTRANSACT-SQL と #41 です。 Mapping System Tables to System Views (Transact-SQL)
互換性ビュー (Transact-SQL)Compatibility Views (Transact-SQL)