sys.dm_clr_tasks (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Database YesAzure SQL Managed Instance

現在実行中のすべての共通言語ランタイム (CLR) タスクの行を返します。 CLR ルーチンへの参照を含む Transact-SQL バッチでは、そのバッチ内のすべてのマネージド コードを実行するための別のタスクが作成されます。 バッチ内に、マネージド コードの実行を必要とするステートメントが複数ある場合は、それらのステートメントで同じ CLR タスクが使用されます。 CLR タスクは、マネージド コードの実行に関連するオブジェクトと状態、および SQL Server のインスタンスと共通言語ランタイムの間の遷移を維持する役割を担います。

列名 データ型 説明
task_address varbinary(8) CLR タスクのアドレス。
sos_task_address varbinary(8) 基になる Transact-SQL バッチ タスクのアドレス。
appdomain_address varbinary(8) このタスクが実行されているアプリケーション ドメインのアドレス。
状態 nvarchar(128) タスクの現在の状態。
abort_state nvarchar(128) 中止が現在進行中の状態 (タスクが取り消された場合) タスクの中止中に関連する複数の状態があります。
type nvarchar(128) タスクの種類。
affinity_count int タスクのアフィニティ。
forced_yield_count int タスクが強制的に生成された回数。

アクセス許可

SQL Server と SQL Managed Instance では、VIEW SERVER STATE アクセス許可が必要です。

SQL Database BasicS0、および S1 のサービス目標、およびエラスティック プール内のデータベースの場合、サーバー管理者アカウント、Azure Active Directory 管理者アカウント、または ##MS_ServerStateReader##サーバー ロールのメンバーシップが必要です。 他のすべての SQL Database サービス目標では、データベースに対する VIEW DATABASE STATE アクセス許可または ##MS_ServerStateReader## サーバー ロールのメンバーシップのいずれかが必要です。

参照

動的管理ビューと動的関数 (Transact-SQL)
共通言語ランタイム関連の動的管理ビュー (Transact-SQL)