sys.dm_db_missing_index_groups (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Database YesAzure SQL Managed Instance

この DMV は、特定のインデックス グループに存在しないインデックスに関する情報を返します。

Azure SQL Database では、動的管理ビューでは、データベースの包含に影響を与える情報を公開したり、ユーザーがアクセスできる他のデータベースに関する情報を公開したりすることはできません。 この情報を公開しないように、接続されているテナントに属していないデータを含む行はすべて除外されます。

列名 データ型 説明
index_group_handle int 欠落インデックス グループの識別子
index_handle int index_group_handle で示されたグループに属する、欠落インデックスの識別子

インデックス グループには、インデックスが 1 つだけ含まれます。

解説

返される sys.dm_db_missing_index_groups 情報は、クエリ オプティマイザーによってクエリが最適化され、永続化されていない場合に更新されます。 不足しているインデックス情報は、データベース エンジンが再起動されるまでのみ保持されます。 データベース管理者が、サーバーのリサイクル後にインデックス情報を保持する場合は、不足しているインデックス情報のバックアップ コピーを定期的に作成すると便利な場合があります。 データベース エンジンが最後に起動された時刻を調べるには、sys.dm_os_sys_infosqlserver_start_time を使用します。

出力結果セットの列はどちらもキーではありませんが、組み合わせるとインデックス キーになります。

注意

この DMV の結果セットは 600 行に制限されています。 各行には、不足しているインデックスが 1 つ含まれています。 600 を超えるインデックスがない場合は、新しいインデックスを表示できるように、既存の不足しているインデックスに対処する必要があります。

アクセス許可

この動的管理ビューをクエリするには、VIEW SERVER STATE 権限、または VIEW SERVER STATE が暗黙的に与えられる権限が許可されている必要があります。

次の手順

不足しているインデックス機能の詳細については、次の記事を参照してください。