sys.dm_filestream_non_transacted_handles (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

FileTable データに関連付けられている現在開いている非トランザクション ファイル ハンドルを表示します。

このビューには、開かれているファイル ハンドルごとに 1 つの行が含まれています。 このビューのデータはサーバーのライブ内部状態に対応します。そのため、ハンドルが開いて閉じらされるに合って、データは絶えず変化しています。 このビューには履歴情報は含めではありません。

詳細については、「 FileTable の管理」を参照してください。

Type 説明
database_id INT ハンドルに関連付けられているデータベースの ID。
object_id INT ハンドルが関連付けられている FileTable のオブジェクト ID。
handle_id INT 一意のハンドル コンテキスト識別子。 Transact-sp_kill_filestream_non_transacted_handles (ストアド プロシージャSQL)特定のハンドルを削除するために使用されます。
file_object_type INT ハンドルの型。 ハンドルを開くときの対象だった階層のレベル (つまりデータベースまたはアイテム) を示します。
file_object_type_desc nvarchar(120) "UNDEFINED",
"SERVER_ROOT",
"DATABASE_ROOT",
"TABLE_ROOT",
"TABLE_ITEM"
correlation_process_id varbinary(8) 要求を開始したプロセスの一意の識別子を格納します。
correlation_thread_id varbinary(8) 要求を生成したスレッドの一意な識別子を格納します。
file_context varbinary(8) このハンドルで使用されるファイル オブジェクトへのポインター。
state INT ハンドルの現在の状態。 アクティブ、クローズ、または終了の可能性があります。
state_desc nvarchar(120) "ACTIVE",
"CLOSED",
"KILLED"
current_workitem_type INT このハンドルが現在処理されている状態。
current_workitem_type_desc nvarchar(120) "NoSetWorkItemType",
"FFtPreCreateWorkitem",
"FFtGetPhysicalFileNameWorkitem",
"FFtPostCreateWorkitem",
"FFtPreCleanupWorkitem",
"FFtPostCleanupWorkitem",
"FFtPreCloseWorkitem",
"FFtQueryDirectoryWorkItem",
"FFtQueryInfoWorkItem",
"FFtQueryVolumeInfoWorkItem",
"FFtSetInfoWorkitem",
"FFtWriteCompletionWorkitem"
fcb_id bigint FileTable ファイル制御ブロック ID。
item_id varbinary(892) ファイルまたはディレクトリのアイテム ID。 通常、サーバーのルートのハンドルは NULL です。
is_directory bit これはディレクトリです。
item_name nvarchar(512) 項目の名前。
opened_file_name nvarchar(512) 最初に、開くパスを要求しました。
database_directory_name nvarchar(512) opened_file_name の一部で、データベースのディレクトリ名を表す部分。
table_directory_name nvarchar(512) opened_file_name の一部で、テーブルのディレクトリ名を表す部分。
remaining_file_name nvarchar(512) opened_file_name の一部で、残りのディレクトリ名を表す部分。
open_time DATETIME ハンドルが開かれた時刻。
flags INT ShareFlagsUpdatedToFcb = 0x1、
DeleteOnClose = 0x2、
NewFile = 0x4、
PostCreateDoneForNewFile = 0x8、
StreamFileOverwritten = 0x10、
RequestCancelled = 0x20、
NewFileCreationRolledBack = 0x40
login_id INT ハンドルを開いたプリンシパルの ID。
login_name nvarchar(512) ハンドルを開いたプリンシパルの名前。
login_sid varbinary(85) ハンドルを開いたプリンシパルの SID。
read_access bit 読み取りアクセス用に開かれました。
write_access bit 書き込みアクセス用に開きます。
delete_access bit 削除アクセス用に開きます。
share_read bit share_read を許可して開かれました。
share_write bit 許可されている share_write開きます。
share_delete bit share_delete を許可して開かれました。

参照

FileTable の管理