sys.dm_hadr_auto_page_repair (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

サーバー インスタンスで任意の可用性グループに対してホストされている可用性レプリカの可用性データベースに対するページの自動修復の試行ごとに 1 行のデータを返します。 このビューには、特定のプライマリまたはセカンダリ データベースに対して最近試行されたページの自動修復に対応する行が含まれます (データベースあたり最大 100 行)。 データベースあたりの最大行数に達すると、その後に試行されたページの自動修復の行によって、既存のエントリが置き換えられます。

次の表では、さまざまな列の意味を定義します。

列名 データ型 説明
database_id int この行が対応するデータベースの ID。
file_id int ページが配置されているファイルの ID。
page_id bigint ファイル内のページの ID です。
error_type int エラーの種類です。 指定できる値は次のとおりです。

- 1 = すべてのハードウェア823エラー

1 = 不適切なチェックサムまたは破損ページ (不適切なページ ID など) 以外のエラー824

2 = 不適切なチェックサム

3 = 破損ページ
page_status int ページ修復の試行ステータスです。

2 = パートナーからの要求を待機中。

3 = 要求がパートナーに送信されました。

4 = ページが正常に修復されました。

5 = 前回の試行中にページを修復できなかったか、ページの自動修復によってページの修復が再度試行されます。
modification_time datetime ページの状態が最後に変更された時刻。

セキュリティ

アクセス許可

サーバーに対する VIEW SERVER STATE 権限が必要です。

参照

ページの自動修復 (可用性グループ:データベース ミラーリング)
suspect_pages (transact-sql SQL)
suspect_pages テーブルの管理 (SQL Server)