sys.dm_hadr_database_replica_states (Transact-SQL)sys.dm_hadr_database_replica_states (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server (2012 以降) XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server (starting with 2012) noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

対象の Always On 可用性グループに参加している各データベースの行を返しますのローカル インスタンスSQL ServerSQL Serverが可用性レプリカをホストします。Returns a row for each database that is participating in an Always On availability group for which the local instance of SQL ServerSQL Server is hosting an availability replica. この動的管理ビューは、プライマリ レプリカとセカンダリ レプリカの両方の状態情報を公開します。This dynamic management view exposes state information on both the primary and secondary replicas. セカンダリ レプリカの場合、このビューはサーバー インスタンス上のセカンダリ データベースごとに 1 行のデータを返します。On a secondary replica, this view returns a row for every secondary database on the server instance. プライマリ レプリカの場合、このビューはプライマリ データベースごとに 1 行のデータと、対応するセカンダリ データベースについての追加の行のデータを返します。On the primary replica, this view returns a row for each primary database and an additional row for the corresponding secondary database.

重要

アクションおよび上位レベルの状態によっては、データベースの状態情報が使用できないか、最新でない場合があります。Depending on the action and higher-level states, database-state information may be unavailable or out of date. また、値はローカルに関連しているものに限られます。Furthermore, the values have only local relevance. 値、プライマリ レプリカ上など、 last_hardened_lsn列に反映されますが、プライマリ レプリカを現在使用できる特定のセカンダリ データベースについては、実際に書き込まれた LSN しない値をセカンダリ レプリカが現在必要があります。For example, on the primary replica, the value of the last_hardened_lsn column reflects the information about a given secondary database that is currently available to the primary replica, not the actual hardened LSN value that the secondary replica might have currently.

列名Column name データ型Data type 説明 (プライマリ レプリカの場合)Description (on primary replica)
database_iddatabase_id intint SQL Server のインスタンス内で一意な、データベースの識別子。Identifier of the database, unique within an instance of SQL Server. これに表示されるのと同じ値、 sys.databasesカタログ ビューです。This is the same value as displayed in the sys.databases catalog view.
group_idgroup_id uniqueidentifieruniqueidentifier データベースが属する可用性グループの識別子。Identifier of the availability group to which the database belongs.
replica_idreplica_id uniqueidentifieruniqueidentifier 可用性グループ内の可用性レプリカの識別子。Identifier of the availability replica within the availability group.
group_database_idgroup_database_id uniqueidentifieruniqueidentifier 可用性グループ内のデータベースの識別子。Identifier of the database within the availability group. この識別子は、このデータベースが参加しているすべてのレプリカで同じです。This identifier is identical on every replica to which this database is joined.
is_localis_local bitbit 可用性データベースがローカルであるかどうか。次のいずれかになります。Whether the availability database is local, one of:

0 = データベースは SQL ServerSQL Server インスタンスに対してローカルではありません。0 = The database is not local to the SQL ServerSQL Server instance.

1 = データベースはサーバー インスタンスに対してローカルです。1 = The database is local to the server instance.
is_primary_replicais_primary_replica bitbit セカンダリ レプリカである場合、レプリカがプライマリ サーバー、または 0 の場合は、1 を返します。Returns 1 if the replica is primary, or 0 if it is a secondary replica.

適用対象: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017.
synchronization_statesynchronization_state tinyinttinyint 次の値のいずれかのデータの移動状態。Data-movement state, one of the following values.

0 = 同期されていません。0 = Not synchronizing. プライマリ データベースの場合、データベースがそのトランザクション ログを対応するセカンダリ データベースと同期する準備ができていないことを示します。For a primary database, indicates that the database is not ready to synchronize its transaction log with the corresponding secondary databases. セカンダリ データベースの場合、データベースが接続の問題によりログの同期を開始していないか、データベースが中断されているか、起動中またはロールの切り替え中にデータベースが遷移状態になっていることを示します。For a secondary database, indicates that the database has not started log synchronization because of a connection issue, is being suspended, or is going through transition states during startup or a role switch.

1 = Synchronizing です。1 = Synchronizing. プライマリ データベースの場合、データベースがセカンダリ データベースからのスキャン要求を受け入れる準備ができてことを示します。For a primary database, indicates that the database is ready to accept a scan request from a secondary database. セカンダリ データベースについては、そのデータベースのアクティブなデータ移動が行われていることを示します。For a secondary database, indicates that active data movement is occurring for the database.

2 = 同期済み。2 = Synchronized. プライマリ データベースでは、"SYNCHRONIZING" の代わりに、"SYNCHRONIZED" と表示されます。A primary database shows SYNCHRONIZED in place of SYNCHRONIZING. 同期コミットのセカンダリ データベースでは、データベース レプリカでフェールオーバーの準備ができていることをローカル キャッシュが示している場合、およびデータベース レプリカが同期中である場合、"同期済み" と表示されます。A synchronous-commit secondary database shows synchronized when the local cache says the database is failover ready and is synchronizing.

3 = Reverting します。3 = Reverting. セカンダリ データベースがプライマリ データベースからページをアクティブに取得している場合の元に戻すプロセスのフェーズを示します。Indicates the phase in the undo process when a secondary database is actively getting pages from the primary database.
注意が必要です。 セカンダリ レプリカ上のデータベースが REVERTING 状態の場合、セカンダリ レプリカに強制的にフェールオーバーすると、そのデータベースはプライマリ データベースとして起動できない状態のままになります。Caution: When a database on a secondary replica is in the REVERTING state, forcing failover to the secondary replica leaves the database in a state in which it cannot be started as a primary database. データベースにセカンダリ データベースとして再接続するか、ログ バックアップから新しいログ レコードを適用する必要があります。Either the database will need to reconnect as a secondary database, or you will need to apply new log records from a log backup.

4 = 初期化しています。4 = Initializing. セカンダリ データベースが元に戻す LSN からの遅れを取り戻すために必要なトランザクション ログがセカンダリ レプリカに配布され、書き込まれている場合の元に戻すフェーズを示します。Indicates the phase of undo when the transaction log required for a secondary database to catch up to the undo LSN is being shipped and hardened on a secondary replica.
注意が必要です。 セカンダリ レプリカ上のデータベースが INITIALIZING 状態のプライマリ データベースとして起動できない状態で、データベースのまま、セカンダリ レプリカに強制的にフェールオーバーします。Caution: When a database on a secondary replica is in the INITIALIZING state, forcing failover to the secondary replica leaves the database in a state in which it cannot be started as a primary database. データベースにセカンダリ データベースとして再接続するか、ログ バックアップから新しいログ レコードを適用する必要があります。Either the database will need to reconnect as a secondary database, or you will need to apply new log records from a log backup.
synchronization_state_descsynchronization_state_desc nvarchar(60)nvarchar(60) データ移動の状態の説明。次のいずれかになります。Description of the data-movement state, one of:

NOT SYNCHRONIZINGNOT SYNCHRONIZING

SYNCHRONIZINGSYNCHRONIZING

SYNCHRONIZEDSYNCHRONIZED

REVERTINGREVERTING

INITIALIZINGINITIALIZING
is_commit_participantis_commit_participant bitbit 0 = このデータベース レプリカに対してトランザクションのコミットが同期されていません。0 = Transaction commit is not synchronized with respect to this database.

1 = このデータベース レプリカに対してトランザクションのコミットが同期されています。1 = Transaction commit is synchronized with respect to this database.

非同期コミットの可用性レプリカにあるデータベースの場合、この値は常に 0 になります。For a database on an asynchronous-commit availability replica, this value is always 0.

同期コミットの可用性レプリカにあるデータベースの場合、この値はプライマリ データベースでのみ正確です。For a database on a synchronous-commit availability replica, this value is accurate only on the primary database.
synchronization_healthsynchronization_health tinyinttinyint 可用性レプリカの可用性グループに参加しているデータベースの同期状態と可用性レプリカ (同期コミットまたは非同期コミット モード) のいずれかの可用性モードの積集合を反映します次の値。Reflects the intersection of the synchronization state of a database that is joined to the availability group on the availability replica and the availability mode of the availability replica (synchronous-commit or asynchronous-commit mode), one of the following values.

0 = 正常でないです。0 = Not healthy. Synchronization_stateデータベースの 0 (NOT SYNCHRONIZING) です。The synchronization_state of the database is 0 (NOT SYNCHRONIZING).

1 = 部分的に正常。1 = Partially healthy. 同期コミット可用性レプリカ上のデータベースは部分的に正常と見なされます場合synchronization_state 1 (SYNCHRONIZING) です。A database on a synchronous-commit availability replica is considered partially healthy if synchronization_state is 1 (SYNCHRONIZING).

2 = Healthy します。2 = Healthy. 同期コミット可用性レプリカ上のデータベースは正常と見なされます場合synchronization_state 2 (SYNCHRONIZED) は、非同期コミット可用性レプリカ上のデータベースは正常と見なされます。 場合 。synchronization_state 1 (SYNCHRONIZING) です。A database on an synchronous-commit availability replica is considered healthy if synchronization_state is 2 (SYNCHRONIZED), and a database on an asynchronous-commit availability replica is considered healthy if synchronization_state is 1 (SYNCHRONIZING).
synchronization_health_descsynchronization_health_desc nvarchar(60)nvarchar(60) 説明、 synchronization_health可用性データベースの。Description of the synchronization_health of the availability database.

NOT_HEALTHYNOT_HEALTHY

PARTIALLY_HEALTHYPARTIALLY_HEALTHY

HEALTHYHEALTHY
database_statedatabase_state tinyinttinyint 0 = オンライン0 = Online

1 = 復元1 = Restoring

2 = 回復します。2 = Recovering

3 = 復旧保留3 = Recovery pending

4 = 問題あり4 = Suspect

5 = 緊急5 = Emergency

6 = オフライン6 = Offline

注: 同じ状態sys.databases 内の列。Note: Same as state column in sys.databases.
database_state_descdatabase_state_desc nvarchar(60)nvarchar(60) 説明、 database_stateの可用性レプリカ。Description of the database_state of the availability replica.

ONLINEONLINE

RESTORINGRESTORING

RECOVERINGRECOVERING

RECOVERY_PENDING RECOVERY_PENDING

SUSPECTSUSPECT

EMERGENCYEMERGENCY

OFFLINEOFFLINE

注: 同じstate_desc sys.databases 内の列。Note: Same as state_desc column in sys.databases.
is_suspendedis_suspended bitbit データベースの状態。次のいずれかになります。Database state, one of:

0 = 再開0 = Resumed

1 = 保留1 = Suspended
suspend_reasonsuspend_reason tinyinttinyint データベースが中断されている場合の中断状態の理由。次のいずれかになります。If the database is suspended, the reason for the suspended state, one of:

0 = ユーザーのアクション0 = User action

1 = パートナーにより中断1 = Suspend from partner

2 = やり直し2 = Redo

3 = キャプチャ3 = Capture

4 = 適用4 = Apply

5 = 再起動5 = Restart

6 = 取り消し6 = Undo

7 = 再検証7 = Revalidation

8 = セカンダリ レプリカの同期ポイントの計算エラー8 = Error in the calculation of the secondary-replica synchronization point
suspend_reason_descsuspend_reason_desc nvarchar(60)nvarchar(60) データベースの中断状態の理由の説明。次のいずれかになります。Description of the database suspended state reason, one of:

SUSPEND_FROM_USER: ユーザーが手動でデータ移動を中断しましたSUSPEND_FROM_USER = A user manually suspended data movement

SUSPEND_FROM_PARTNER: 強制フェールオーバー後にデータベース レプリカが中断されますSUSPEND_FROM_PARTNER = The database replica is suspended after a forced failover

SUSPEND_FROM_REDO: 再実行フェーズ中にエラー発生しましたSUSPEND_FROM_REDO = An error occurred during the redo phase

SUSPEND_FROM_APPLY: ログをファイルに書き込むときにエラーが発生しました (エラー ログを参照してください)SUSPEND_FROM_APPLY = An error occurred when writing the log to file (see error log)

SUSPEND_FROM_CAPTURE: プライマリ レプリカのログをキャプチャ中にエラーが発生しましたSUSPEND_FROM_CAPTURE = An error occurred while capturing log on the primary replica

SUSPEND_FROM_RESTART: データベースを再起動する前にデータベース レプリカが中断されました (エラー ログを参照してください)SUSPEND_FROM_RESTART = The database replica was suspended before the database was restarted (see error log)

SUSPEND_FROM_UNDO: 元に戻すフェーズ中にエラー発生しました (エラー ログを参照してください)SUSPEND_FROM_UNDO = An error occurred during the undo phase (see error log)

SUSPEND_FROM_REVALIDATION: ログの変更の不一致が再接続時に検出されました (エラー ログを参照してください)SUSPEND_FROM_REVALIDATION = Log change mismatch is detected on reconnection (see error log)

SUSPEND_FROM_XRF_UPDATE: 共通のログ ポイントが見つかりません (エラー ログを参照してください)SUSPEND_FROM_XRF_UPDATE = Unable to find the common log point (see error log)
recovery_lsnrecovery_lsn numeric(25,0)numeric(25,0) プライマリ レプリカの場合、復旧後またはフェールオーバー後、プライマリ データベースが新しいログ レコードを書き込む前のトランザクション ログの末尾。On the primary replica, the end of the transaction log before the primary database writes any new log records after recovery or failover. 特定のセカンダリ データベースでは、この値が書き込まれた現在の LSN (last_hardened_lsn) 未満の場合、recovery_lsn は、このセカンダリ データベースの再同期先 (つまり、復元先および再初期化先) の値です。For a given secondary database, if this value is less than the current hardened LSN (last_hardened_lsn), recovery_lsn is the value to which this secondary database would need to resynchronize (that is, to revert to and reinitialize to). この値が書き込まれた現在の LSN 以上の場合、再同期化は不要であり、実行されません。If this value is greater than or equal to the current hardened LSN, resynchronization would be unnecessary and would not occur.

recovery_lsn 0 が埋め込まれたログ ブロック ID が反映されます。recovery_lsn reflects a log-block ID padded with zeroes. これは実際のログ シーケンス番号 (LSN) ではありません。It is not an actual log sequence number (LSN). この値を取得する方法については、LSN 列の値について、このトピックで後述を参照してください。For information about how this value is derived, see Understanding the LSN Column Values, later in this topic.
truncation_lsntruncation_lsn numeric(25,0)numeric(25,0) プライマリ レプリカの場合、プライマリ データベースで、対応するすべてのセカンダリ データベースを対象とする最小のログ切り捨て LSN が反映されます。On the primary replica, for the primary database, reflects the minimum log truncation LSN across all the corresponding secondary databases. ローカル ログの切り捨てが (バックアップ操作などにより) ブロックされている場合、この LSN はローカル切り捨て LSN を超える可能性があります。If local log truncation is blocked (such as by a backup operation), this LSN might be higher than the local truncation LSN.

特定のセカンダリ データベースでは、対象となるデータベースの切り捨てポイントが反映されます。For a given secondary database, reflects the truncation point of that database.

truncation_lsn 0 が埋め込まれたログ ブロック ID が反映されます。truncation_lsn reflects a log-block ID padded with zeroes. これは実際のログ シーケンス番号ではありません。It is not an actual log sequence number.
last_sent_lsnlast_sent_lsn numeric(25,0)numeric(25,0) プライマリによって送信されたすべてのログ ブロックの最後のポイントを示すログ ブロック ID。The log block identifier that indicates the point up to which all log blocks have been sent by the primary. これは、最後に送信されたログ ブロックの ID ではなく、次に送信されるログ ブロックの ID です。This is the ID of the next log block that will be sent, rather than the ID of the most recently sent log block.

last_sent_lsnログ ブロック ID を反映して 0 が埋め込まれた、ない実際のログ シーケンス番号。last_sent_lsn reflects a log-block ID padded with zeroes, It is not an actual log sequence number.
last_sent_timelast_sent_time datetimedatetime ログ ブロックが最後に送信された時刻。Time when the last log block was sent.
last_received_lsnlast_received_lsn numeric(25,0)numeric(25,0) このセカンダリ データベースをホストするセカンダリ レプリカによって受信されたすべてのログ ブロックの最後のポイントを示すログ ブロック ID。Log block ID identifying the point up to which all log blocks have been received by the secondary replica that hosts this secondary database.

last_received_lsn 0 が埋め込まれたログ ブロック ID が反映されます。last_received_lsn reflects a log-block ID padded with zeroes. これは実際のログ シーケンス番号ではありません。It is not an actual log sequence number.
last_received_timelast_received_time datetimedatetime 最後に受信したメッセージのログ ブロック ID がセカンダリ レプリカで読み取られた時刻。Time when the log block ID in last message received was read on the secondary replica.
last_hardened_lsnlast_hardened_lsn numeric(25,0)numeric(25,0) セカンダリ データベースで最後に書き込まれた LSN のログ レコードを含むログ ブロックの先頭。Start of the Log Block containing the log records of last hardened LSN on a secondary database.

現在のポリシーが "遅延" の非同期コミット プライマリ データベースまたは同期コミット データベースでは、値は NULL です。On an asynchronous-commit primary database or on a synchronous-commit database whose current policy is "delay", the value is NULL. その他の同期コミット プライマリ データベースのlast_hardened_lsnすべてのセカンダリ データベースに書き込まれた LSN の最小値を示します。For other synchronous-commit primary databases, last_hardened_lsn indicates the minimum of the hardened LSN across all the secondary databases.

注: last_hardened_lsn 0 が埋め込まれたログ ブロック ID が反映されます。Note: last_hardened_lsn reflects a log-block ID padded with zeroes. これは実際のログ シーケンス番号ではありません。It is not an actual log sequence number. 詳細については、LSN 列の値について、このトピックで後述を参照してください。For more information, see Understanding the LSN Column Values, later in this topic.
last_hardened_timelast_hardened_time datetimedatetime セカンダリ データベースで最後のログ ブロック識別子の時刻に書き込まれた LSN (last_hardened_lsn)。On a secondary database, time of the log-block identifier for the last hardened LSN (last_hardened_lsn). プライマリ データベースの場合、書き込まれた LSN の最小値に対応する時刻が反映されます。On a primary database, reflects the time corresponding to minimum hardened LSN.
last_redone_lsnlast_redone_lsn numeric(25,0)numeric(25,0) セカンダリ データベースで再実行された最後のログ レコードの実際のログ シーケンス番号。Actual log sequence number of the last log record that was redone on the secondary database. last_redone_lsnは常により小さいlast_hardened_lsnします。last_redone_lsn is always less than last_hardened_lsn.
last_redone_timelast_redone_time datetimedatetime セカンダリ データベースでログ レコードが最後に再実行された時刻。Time when the last log record was redone on the secondary database.
log_send_queue_sizelog_send_queue_size bigintbigint セカンダリ データベースに送信されていない、プライマリ データベースのログ レコードの量 (KB 単位)。Amount of log records of the primary database that has not been sent to the secondary databases, in kilobytes (KB).
log_send_ratelog_send_rate bigintbigint 1 秒間にキロバイト (KB) で、最後のアクティブな期間中にプライマリ レプリカ インスタンスに送信されるデータ レートを平均します。Average rate at which primary replica instance sent data during last active period, in kilobytes (KB)/second.
redo_queue_sizeredo_queue_size bigintbigint まだ再実行されていないセカンダリ レプリカのログ ファイル内のログ レコードの量 (KB 単位)。Amount of log records in the log files of the secondary replica that has not yet been redone, in kilobytes (KB).
redo_rateredo_rate bigintbigint 平均するログ レコードが再実行される (kb) の特定のセカンダリ データベースで速度/秒。Average Rate at which the log records are being redone on a given secondary database, in kilobytes (KB)/second.
filestream_send_ratefilestream_send_rate bigintbigint FILESTREAM ファイルがセカンダリ レプリカに配布される速度 (KB/秒)。The rate at which the FILESTREAM files are shipped to the secondary replica, in kilobytes (KB)/second.
end_of_log_lsnend_of_log_lsn numeric(25,0)numeric(25,0) ローカルのログ LSN の末尾。Local end of log LSN. プライマリ データベースおよびセカンダリ データベースのログ キャッシュ内の最後のログ レコードに対応する実際の LSN。Actual LSN corresponding to the last log record in the log cache on the primary and secondary databases. プライマリ レプリカの場合、セカンダリ行には、セカンダリ レプリカがプライマリ レプリカに送信した最新の進捗状況メッセージからのログ LSN の末尾が反映されます。On the primary replica, the secondary rows reflect the end of log LSN from the latest progress messages that the secondary replicas have sent to the primary replica.

end_of_log_lsn 0 が埋め込まれたログ ブロック ID が反映されます。end_of_log_lsn reflects a log-block ID padded with zeroes. これは実際のログ シーケンス番号ではありません。It is not an actual log sequence number. 詳細については、LSN 列の値について、このトピックで後述を参照してください。For more information, see Understanding the LSN Column Values, later in this topic.
last_commit_lsnlast_commit_lsn numeric(25,0)Numeric(25,0) トランザクション ログの最終コミット レコードに対応する実際のログ シーケンス番号。Actual log sequence number corresponding to the last commit record in the transaction log.

プライマリ データベースの場合、これは処理された最終コミット レコードに対応します。On the primary database, this corresponds to the last commit record processed. セカンダリ データベースの行には、セカンダリ レプリカがプライマリ レプリカに送信したログ シーケンス番号が反映されます。Rows for secondary databases show the log sequence number that the secondary replica has sent to the primary replica.

セカンダリ レプリカの場合、これは再実行された最終コミット レコードです。On the secondary replica, this is the last commit record that was redone.
last_commit_timelast_commit_time datetimedatetime 最終コミット レコードに対応する時刻。Time corresponding to the last commit record.

セカンダリ データベースの場合、この時刻はプライマリ データベースと同じになります。On the secondary database, this time is the same as on the primary database.

プライマリ レプリカの場合、各セカンダリ データベースの行に、そのセカンダリ データベースをホストするセカンダリ レプリカがプライマリ レプリカに報告した時刻が表示されます。On the primary replica, each secondary database row displays the time that the secondary replica that hosts that secondary database has reported back to the primary replica. プライマリ データベースの行と、特定のセカンダリ データベースの行の違いを時間で約目標復旧時点 (RPO)、再実行プロセスが解消されたことと、進行状況が、プライマリ レプリカに報告されていると仮定した場合を表しますでセカンダリ レプリカです。The difference in time between the primary-database row and a given secondary-database row represents approximately the recovery point objective (RPO), assuming that the redo process is caught up and that the progress has been reported back to the primary replica by the secondary replica.
low_water_mark_for_ghostslow_water_mark_for_ghosts bigintbigint プライマリ データベースでの非実体クリーンアップで使用される低レベルのウォーター マークを示すデータベースの単調に増加する数値。A monotonically increasing number for the database indicating a low water mark used by ghost cleanup on the primary database. この数値が時間の経過と共に増加しない場合は、非実体クリーンアップが行われない可能性があることを意味します。If this number is not increasing over time, it implies that ghost cleanup might not happen. プライマリ レプリカでは、クリーンアップする非実体行を決定するために、すべての可用性レプリカ (プライマリ レプリカを含む) でこのデータベースのこの列の最小値を使用します。To decide which ghost rows to clean up, the primary replica uses the minimum value of this column for this database across all availability replicas (including the primary replica).
secondary_lag_secondssecondary_lag_seconds bigintbigint 同期中に、セカンダリ レプリカがプライマリ レプリカの内側にある秒数。The number of seconds that the secondary replica is behind the primary replica during synchronization.

適用対象: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017.

LSN 列の値をについてください。Understanding the LSN Column Values

値、 end_of_log_lsnlast_hardened_lsnlast_received_lsnlast_sent_lsn回復_lsn、およびtruncation_lsn列が実際のログ シーケンス番号 (Lsn) ではありません。The values of the end_of_log_lsn, last_hardened_lsn, last_received_lsn, last_sent_lsn, recovery_lsn, and truncation_lsn columns are not actual log sequence numbers (LSNs). これらの各値には、0 が埋め込まれたログ ブロック ID が反映されます。Rather each of these values reflects a log-block ID padded with zeroes.

end_of_log_lsnlast_hardened_lsn、およびrecovery_lsnフラッシュ Lsn です。end_of_log_lsn, last_hardened_lsn, and recovery_lsn are flush LSNs. たとえば、 last_hardened_lsnは既にディスク上にあるブロックは、次のブロックの開始を示します。For example, last_hardened_lsn indicates the start of the next block past the blocks that are already on disk. したがって、LSN < の値last_hardened_lsnがディスク上にします。So any LSN < the value of last_hardened_lsn is on disk. この値以上の LSN はフラッシュされません。LSN that are >= to this value are not flushed.

によって返される LSN 値のsys.dm_hadr_database_replica_statesだけlast_redone_lsnは実際の LSN。Of the LSN values returned by sys.dm_hadr_database_replica_states, only last_redone_lsn is a real LSN.

セキュリティSecurity

アクセス許可Permissions

サーバーに対する VIEW SERVER STATE 権限が必要です。Requires VIEW SERVER STATE permission on the server.

参照See Also

AlwaysOn 可用性グループ (SQL Server) Always On Availability Groups (SQL Server)
可用性グループの監視 (Transact-SQL)Monitor Availability Groups (Transact-SQL)