sys.dm_pdw_exec_requests (Transact-sql)sys.dm_pdw_exec_requests (Transact-SQL)

適用対象:Applies to: はいAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse AnalyticsyesAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics はいParallel Data WarehouseParallel Data WarehouseyesParallel Data WarehouseParallel Data Warehouse適用対象:Applies to: はいAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse AnalyticsyesAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics はいParallel Data WarehouseParallel Data WarehouseyesParallel Data WarehouseParallel Data Warehouse

現在または最近アクティブになっているすべての要求に関する情報を保持 Azure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics します。Holds information about all requests currently or recently active in Azure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics. 要求/クエリごとに1行が一覧表示されます。It lists one row per request/query.

列名Column Name データ型Data Type 説明Description RangeRange
request_idrequest_id nvarchar(32)nvarchar(32) このビューのキー。Key for this view. 要求に関連付けられている一意の数値 ID。Unique numeric ID associated with the request. システム内のすべての要求間で一意です。Unique across all requests in the system.
session_idsession_id nvarchar(32)nvarchar(32) このクエリが実行されたセッションに関連付けられている一意の数値 ID。Unique numeric ID associated with the session in which this query was run. Sys.dm_pdw_exec_sessions (transact-sql)」を参照してください。See sys.dm_pdw_exec_sessions (Transact-SQL).
statusstatus nvarchar(32)nvarchar(32) 要求の現在の状態。Current status of the request. ' Running '、' 中断 '、' Completed '、' Canceled '、' Failed '。'Running', 'Suspended', 'Completed', 'Canceled', 'Failed'.
submit_timesubmit_time datetimedatetime 要求が実行のために送信された時刻。Time at which the request was submitted for execution. 有効な datetime が、現在の時刻と start_time の値以下である。Valid datetime smaller or equal to the current time and start_time.
start_timestart_time datetimedatetime 要求の実行が開始された時刻。Time at which the request execution was started. キューに置かれた要求の場合は NULL です。それ以外の場合は、有効な datetime が現在の時刻以下であることを指定します。NULL for queued requests; otherwise, valid datetime smaller or equal to current time.
end_compile_timeend_compile_time datetimedatetime エンジンが要求のコンパイルを完了した時刻。Time at which the engine completed compiling the request. まだコンパイルされていない要求の場合は NULL です。それ以外の場合は、有効な datetime が start_time 未満で現在の時刻以下であることを指定します。NULL for requests that haven't been compiled yet; otherwise a valid datetime less than start_time and less than or equal to the current time.
end_timeend_time datetimedatetime 要求の実行が完了、失敗、または取り消された時刻。Time at which the request execution completed, failed, or was canceled. キューに置かれた要求またはアクティブな要求の場合は Null です。それ以外の場合は、有効な datetime が現在の時刻以下であることを指定します。Null for queued or active requests; otherwise, a valid datetime smaller or equal to current time.
total_elapsed_timetotal_elapsed_time intint 要求が開始されてから経過した時間 (ミリ秒単位)。Time elapsed in execution since the request was started, in milliseconds. 0 ~ submit_time と end_time の差。Between 0 and the difference between submit_time and end_time.
Total_elapsed_time が整数の最大値を超えた場合、total_elapsed_time は引き続き最大値になります。If total_elapsed_time exceeds the maximum value for an integer, total_elapsed_time will continue to be the maximum value. この条件により、"最大値を超えました。" という警告が生成されます。This condition will generate the warning "The maximum value has been exceeded."

ミリ秒単位の最大値は、24.8 日と同じです。The maximum value in milliseconds is the same as 24.8 days.
labellabel nvarchar (255)nvarchar(255) いくつかの SELECT クエリステートメントに関連付けられているオプションのラベル文字列。Optional label string associated with some SELECT query statements. ' A-z '、' A-z '、' 0-9 '、' _ ' を含む任意の文字列。Any string containing 'a-z','A-Z','0-9','_'.
error_iderror_id nvarchar (36)nvarchar(36) 要求に関連付けられているエラーの一意の ID (存在する場合)。Unique ID of the error associated with the request, if any. Sys.dm_pdw_errors (transact-sql)」を 参照してください。エラーが発生しなかった場合は、NULL に設定します。See sys.dm_pdw_errors (Transact-SQL); set to NULL if no error occurred.
database_iddatabase_id intint 明示的なコンテキストによって使用されるデータベースの識別子 (たとえば、DB_X を使用します)。Identifier of database used by explicit context (for example, USE DB_X). Transact-sql)(の ID」を参照してください。See ID in sys.databases (Transact-SQL).
commandcommand nvarchar (4000)nvarchar(4000) ユーザーによって送信された要求の完全なテキストを保持します。Holds the full text of the request as submitted by the user. 任意の有効なクエリまたは要求テキスト。Any valid query or request text. 4000バイトを超えるクエリは切り捨てられます。Queries that are longer than 4000 bytes are truncated.
resource_classresource_class nvarchar (20)nvarchar(20) この要求に使用するワークロードグループ。The workload group used for this request. 静的リソース クラスStatic Resource Classes
staticrc10staticrc10
staticrc20staticrc20
staticrc30staticrc30
staticrc40staticrc40
staticrc50staticrc50
staticrc60staticrc60
staticrc70staticrc70
staticrc80staticrc80

動的リソース クラスDynamic Resource Classes
SmallRCSmallRC
MediumRCMediumRC
LargeRCLargeRC
XLargeRCXLargeRC
importanceimportance nvarchar(128)nvarchar(128) 要求を実行するときの重要度を設定します。The Importance setting the request executed at. これは、このワークロードグループでの要求の相対的な重要度であり、共有リソースの複数のワークロードグループにまたがっています。This is the relative importance of a request in this workload group and across workload groups for shared resources. 分類子で指定された重要度は、ワークロードグループの重要度の設定よりも優先されます。Importance specified in the classifier overrides the workload group importance setting.
適用対象:Azure Synapse AnalyticsApplies to: Azure Synapse Analytics
NULLNULL
lowlow
below_normalbelow_normal
標準 (既定値)normal (default)
above_normalabove_normal
highhigh
group_namegroup_name sysnamesysname リソースを利用する要求の場合、group_name は、要求が実行されているワークロードグループの名前です。For requests utilizing resources, group_name is the name of the workload group the request is running under. 要求でリソースが使用されない場合、group_name は null になります。If the request does not utilize resources, group_name is null.
適用対象:Azure Synapse AnalyticsApplies to: Azure Synapse Analytics
classifier_nameclassifier_name sysnamesysname リソースを利用する要求の場合、リソースの割り当てに使用される分類子の名前と重要度。For requests utilizing resources, The name of the classifier used for assigning resources and importance.
resource_allocation_percentageresource_allocation_percentage decimal (5, 2)decimal(5,2) 要求に割り当てられたリソースの割合。The percentage amount of resources allocated to the request.
適用対象:Azure Synapse AnalyticsApplies to: Azure Synapse Analytics
result_cache_hitresult_cache_hit intint 完了したクエリで結果セットキャッシュが使用されたかどうかを詳細に表示します。Details whether a completed query used result set cache.
適用対象:Azure Synapse AnalyticsApplies to: Azure Synapse Analytics
1 = 結果セットのキャッシュヒット1 = Result set cache hit
0 = 結果セットのキャッシュミス0 = Result set cache miss
負の整数値 = 結果セットのキャッシュが使用されなかった理由。Negative integer values = Reasons why result set caching was not used. 詳細については、「解説」を参照してください。See remarks section for details.
client_correlation_idclient_correlation_id nvarchar (255)nvarchar(255) クライアントセッションのオプションのユーザー定義名。Optional user-defined name for a client session. セッションに対してを設定するには、sp_set_session_context ' client_correlation_id '、' ' を呼び出し ます。To set for a session, call sp_set_session_context 'client_correlation_id', ''. を実行して SELECT SESSION_CONTEXT(N'client_correlation_id') 値を取得します。Run SELECT SESSION_CONTEXT(N'client_correlation_id') to retrieve its value.

解説Remarks

このビューで保持される最大行数の詳細については、「 容量制限 」トピックの「メタデータ」セクションを参照してください。For information about the maximum rows retained by this view, see the Metadata section in the Capacity limits topic.

Result_cache_hit 列の負の整数値は、適用されているすべての理由のビットマップ値で、クエリの結果セットをキャッシュすることはできません。The negative integer value in the result_cache_hit column is a bitmap value of all applied reasons why a query's result set cannot be cached. この列は |(ビットごとの OR) 次の1つまたは複数の値の積。This column can be the | (Bitwise OR) product of one or more of following values:

Value 説明Description
11 結果セットのキャッシュヒットResult set cache hit
0x00 (0)0x00 (0) 結果セットのキャッシュミスResult set cache miss
-0x01 (-1)-0x01 (-1) 結果セットのキャッシュがデータベースで無効になっています。Result set caching is disabled on the database.
-0x02 (-2)-0x02 (-2) 結果セットのキャッシュは、セッションで無効になっています。Result set caching is disabled on the session.
-0x04 (-4)-0x04 (-4) クエリのデータソースがないため、結果セットのキャッシュが無効になっています。Result set caching is disabled due to no data sources for the query.
-0x08 (-8)-0x08 (-8) 行レベルのセキュリティ述語により、結果セットのキャッシュが無効になっています。Result set caching is disabled due to row level security predicates.
-0x10 (-16)-0x10 (-16) クエリでシステムテーブル、一時テーブル、または外部テーブルが使用されているため、結果セットのキャッシュが無効になっています。Result set caching is disabled due to the use of system table, temporary table, or external table in the query.
-0x20 (-32)-0x20 (-32) クエリにはランタイム定数、ユーザー定義関数、または非決定的関数が含まれているので、結果セットのキャッシュは無効になっています。Result set caching is disabled because the query contains runtime constants, user-defined functions, or non-deterministic functions.
-0x40(-64)-0x40(-64) 結果セットのキャッシュは、推定結果セットのサイズが 10 GB >ため、無効になっています。Result set caching is disabled due to estimated result set size is >10GB.
-0x80(-128)-0x80(-128) 結果セットに大きなサイズ (>64 kb) の行が含まれているため、結果セットのキャッシュが無効になっています。Result set caching is disabled because the result set contains rows with large size (>64kb).
-0x100(-256)-0x100(-256) 詳細な動的データマスクが使用されているため、結果セットのキャッシュが無効になっています。Result set caching is disabled because of the use of granular dynamic data masking.

アクセス許可Permissions

VIEW SERVER STATE 権限が必要です。Requires VIEW SERVER STATE permission.

SecuritySecurity

sys.dm_pdw_exec_requests は、データベース固有のアクセス許可に従ってクエリ結果をフィルター処理しません。sys.dm_pdw_exec_requests doesn't filter query results according to database-specific permissions. VIEW SERVER STATE 権限を持つログインは、すべてのデータベースの結果のクエリ結果を取得できます。Logins with VIEW SERVER STATE permission can obtain results query results for all databases

警告

攻撃者は、sys.dm_pdw_exec_requests を使用して、VIEW SERVER STATE 権限を持ち、データベース固有の権限がないことで、特定のデータベースオブジェクトに関する情報を取得できます。An attacker can use sys.dm_pdw_exec_requests to retrieve information about specific database objects by simply having VIEW SERVER STATE permission and by not having database-specific permission.

参照See Also

Azure Synapse Analytics と並列データウェアハウスの動的管理ビュー (Transact-sql)Azure Synapse Analytics and Parallel Data Warehouse Dynamic Management Views (Transact-SQL)