sys.dm_xe_session_object_columns (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Managed Instance

アクティブなサーバー スコープ セッションにバインドされているオブジェクトの構成値を示します。

Azure SQL Database では、データベース スコープのセッションのみがサポートされます。 sys.dm_xe_database_session_object_columnsを参照してください。

列名 データ型 説明
event_session_address varbinary(8) イベント セッションのメモリ アドレス。 sys.dm_xe_sessions.address との多対一のリレーションシップがあります。 NULL 値は許可されません。
column_name nvarchar (256) 構成値の名前。 NULL 値は許可されません。
column_id int 列の ID。 オブジェクト内で一意です。 NULL 値は許可されません。
column_value nvarchar(3072) 列の構成値。 NULL 値が許可されます。
object_type nvarchar(60) オブジェクトの型。 NULL 値は許可されません。 object_typeは次のいずれかです。

event

ターゲット (target)
object_name nvarchar (256) この列が所属するオブジェクトの名前。 NULL 値は許可されません。
object_package_guid uniqueidentifier オブジェクトを含むパッケージの GUID。 NULL 値は許可されません。

アクセス許可

サーバーに対する VIEW SERVER STATE 権限が必要です。

リレーションシップのカーディナリティ

ソース 終了 リレーションシップ
dm_xe_session_object_columns.object_name,

dm_xe_session_object_columns.object_package_guid
sys.dm_xe_objects.package_guid,

sys.dm_xe_objects.name
多対一
dm_xe_session_object_columns.column_name,

dm_xe_session_object_columns.column_id
sys.dm_xe_object_columns.name,

sys.dm_xe_object_columns.column_id
多対一

次の手順

関連する概念の詳細については、次の記事を参照してください。