CHANGE_TRACKING_CURRENT_VERSION (Transact-sql)CHANGE_TRACKING_CURRENT_VERSION (Transact-SQL)

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database

最後にコミットされたトランザクションに関連付けられているバージョンを返します。Returns a version that is associated with the last committed transaction. このバージョンは、 CHANGETABLEを使用して変更を列挙するときに使用できます。This version can be used when you enumerate changes by using CHANGETABLE.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
CHANGE_TRACKING_CURRENT_VERSION ( )  

戻り値の型Return Type

bigintbigint

解説Remarks

データベースで変更の追跡が有効になっていない場合に、NULL を返します。Returns NULL when change tracking is not enabled for the database.

Examples

次の例では、追跡された変更の現在のバージョンを格納するローカル変数 @next_baseline を宣言し、CHANGE_TRACKING_CURRENT_VERSION() 関数を使用してこの変数の値を取得します。The following example declares the local variable @next_baseline for storing the current version of tracked changes, and then uses the CHANGE_TRACKING_CURRENT_VERSION() function to obtain the value for the variable.

DECLARE @next_baseline bigint;  
SET @next_baseline = CHANGE_TRACKING_CURRENT_VERSION();  

参照See Also

変更追跡関数 (Transact-SQL) Change Tracking Functions (Transact-SQL)
CHANGETABLE (Transact-sql) CHANGETABLE (Transact-SQL)
CHANGE_TRACKING_MIN_VALID_VERSION (Transact-sql) CHANGE_TRACKING_MIN_VALID_VERSION (Transact-SQL)
データ変更の追跡 (SQL Server)Track Data Changes (SQL Server)