sys.fn_hadr_backup_is_preferred_replica (Transact-sql)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

現在のレプリカが推奨されるバックアップ レプリカであるかどうかを決定するために使用されます。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

  
sys.fn_hadr_backup_is_preferred_replica ( 'dbname' )  

引数

'dbname'
バックアップするデータベースの名前です。 dbname の型は sysname です。

戻り値

現在のインスタンス上のデータベースが優先レプリカ上にある場合は、データ型 bool: 1 を返します。それ以外の場合は0を返します。

Remarks

バックアップスクリプトでこの関数を使用して、現在のデータベースがバックアップに適したレプリカに存在するかどうかを確認します。 すべての可用性レプリカでスクリプトを実行できます。 これらの各ジョブは、どのジョブを実行するかを決定するために同じデータを確認するので、スケジュールされたジョブの1つだけがバックアップステージに進みます。 サンプル コードは次のようになります。

If sys.fn_hadr_backup_is_preferred_replica( @dbname ) <> 1   
BEGIN  
-- If this is not the preferred replica, exit (probably without error).  
END  
-- If this is the preferred replica, continue to do the backup.  
  

A. sys.fn_hadr_backup_is_preferred_replica を使用する

次の例では、現在のデータベースが推奨されるバックアップレプリカである場合、1を返します。

SELECT sys.fn_hadr_backup_is_preferred_replica ('TestDB');  
GO  

参照

Always On 可用性グループの関数 (Transact-sql)
AlwaysOn 可用性グループ (SQL Server)
CREATE AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)
ALTER AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)
アクティブなセカンダリ: セカンダリレプリカでのバックアップ (Always On 可用性グループ) Always On 可用性グループのカタログビュー (transact-sql)