sys.fn_helpcollations (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics はいParallel Data Warehouse

サポートされているすべての照合順序の一覧を返します。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

fn_helpcollations ()  

返されるテーブル

fn_helpcollations は次の情報を返します。

列名 データ型 説明
名前 sysname 標準の照合順序名。
説明 nvarchar(1000) 照合順序の説明

SQL Server は Windows 照合順序をサポートします。 SQL Serverでは、 SQL Server サポートされる Windows 照合順序の前に開発された、照合順序と呼ばれる照合順序の制限番号 (<80) もサポートされてい SQL Server ます。 SQL Server 照合順序は旧バージョンとの互換性のために引き続きサポートされていますが、新規の開発作業には使用しないでください。 Windows 照合順序について詳しくは、「Windows 照合順序名 (Transact-SQL)」をご覧ください。 照合順序の詳細については、「Collation and Unicode Support」 (照合順序と Unicode のサポート) を参照してください。

使用例

次の例では、文字で始まるすべての照合順序名 L と、バイナリ並べ替え照合順序を返します。

注意

Fn_helpcollations () に対する Azure Synapse Analytics クエリは、master データベースで実行する必要があります。

SELECT Name, Description FROM fn_helpcollations()  
WHERE Name like 'L%' AND Description LIKE '% binary sort';  

結果セットは次のようになります。

Name                   Description  
-------------------    ------------------------------------  
Lao_100_BIN            Lao-100, binary sort  
Latin1_General_BIN     Latin1-General, binary sort  
Latin1_General_100_BIN Latin1-General-100, binary sort  
Latvian_BIN            Latvian, binary sort  
Latvian_100_BIN        Latvian-100, binary sort  
Lithuanian_BIN         Lithuanian, binary sort  
Lithuanian_100_BIN     Lithuanian-100, binary sort  
 
(7 row(s) affected)  

参照

COLLATE (Transact-SQL)
COLLATIONPROPERTY (SQL)
照合順序と Unicode のサポート
Azure Synapse Analytics のデータベース照合順序のサポート