sys.fn_xe_file_target_read_file (Transact-SQL)sys.fn_xe_file_target_read_file (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server (2008 以降) ○Azure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server (starting with 2008) yesAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

拡張イベント非同期ファイル ターゲットによって作成されるファイルを読み取ります。Reads files that are created by the Extended Events asynchronous file target. 行ごとに、XML 形式の 1 つのイベントが返されます。One event, in XML format, is returned per row.

警告

SQL Server 2008:SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R2 XEL および XEM 形式で生成されたトレース結果をそのまま使用します。 and SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R2 accept trace results generated in XEL and XEM format. SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) トレース結果を XEL 形式でのイベントのみをサポートを拡張します。 Extended Events only support trace results in XEL format. SQL Server Management Studio を使用して、トレース結果を XEL 形式で読み取ることをお勧めします。We recommend that you use SQL Server Management Studio to read trace results in XEL format.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
sys.fn_xe_file_target_read_file ( path, mdpath, initial_file_name, initial_offset )  

引数Arguments

pathpath
読み取るファイルのパスです。The path to the files to read. パスワイルドカードを含めることができ、ファイルの名前が含まれます。path can contain wildcards and include the name of a file. パスnvarchar (260) します。path is nvarchar(260). 既定値はありません。There is no default. Azure SQL Database のコンテキストでは、この値は、Azure Storage 内のファイルへの HTTP URL が。In the context of Azure SQL Database, this value is an HTTP URL to a file in Azure Storage.

mdpathmdpath
ファイルまたはで指定されたファイルに対応するメタデータ ファイルへのパス、パス引数。The path to the metadata file that corresponds to the file or files specified by the path argument. mdpathnvarchar (260) します。mdpath is nvarchar(260). 既定値はありません。There is no default. SQL Server 2016 以降、このパラメーターは、null として指定することができます。Starting with SQL Server 2016, this parameter can be given as null.

注意

SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) 必要ありません、 mdpathパラメーター。 does not require the *mdpath* parameter. ただし、以前のバージョンの SQL Server で生成されたログ ファイルに対する下位互換性のために残されています。However, it is maintained for backward compatibility for log files generated in previous versions of SQL Server.

initial_file_nameinitial_file_name
最初のファイルから読み取るパスします。The first file to read from path. initial_file_namenvarchar (260) します。initial_file_name is nvarchar(260). 既定値はありません。There is no default. 場合nullで見つかったすべてのファイル引数として指定するパスは読み取り専用です。If null is specified as the argument all the files found in path are read.

注意

initial_file_nameinitial_offsetはペアの引数。initial_file_name and initial_offset are paired arguments. いずれかの引数の値を指定した場合は、もう一方の引数の値も指定する必要があります。If you specify a value for either argument you must specify a value for the other argument.

initial_offsetinitial_offset
以前に読み取られた最後のオフセットを指定します。そのオフセットまでのすべてのイベントがスキップされます。Used to specify last offset read previously and skips all events up to the offset (inclusive). イベントの列挙は、指定したオフセットより後のイベントから開始されます。Event enumeration starts after the offset specified. initial_offsetbigintします。initial_offset is bigint. 場合null引数ファイル全体が読み取られるように指定します。If null is specified as the argument the entire file will be read.

返されるテーブルTable Returned

列名Column name データ型Data type 説明Description
module_guidmodule_guid uniqueidentifieruniqueidentifier イベント モジュールの GUID です。The event module GUID. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
package_guidpackage_guid uniqueidentifieruniqueidentifier イベント パッケージの GUID です。The event package GUID. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
object_nameobject_name nvarchar (256)nvarchar(256) イベントの名前です。The name of the event. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
event_dataevent_data nvarchar(max)nvarchar(max) XML 形式のイベント コンテンツです。The event contents, in XML format. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
file_namefile_name nvarchar(260)nvarchar(260) イベントを含むファイルの名前です。The name of the file that contains the event. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
file_offsetfile_offset bigintbigint イベントを含むファイル内のブロックのオフセットです。The offset of the block in the file that contains the event. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
timestamp_utctimestamp_utc datetime2datetime2 適用対象: SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017 および Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017 and Azure SQL データベースAzure SQL Database.

日付とイベントの時刻 (UTC タイム ゾーン)。The date and time (UTC timezone) of the event. NULL 値は許可されません。Is not nullable.

コメントRemarks

大きな結果を読み取り、実行することによって設定sys.fn_xe_file_target_read_fileManagement StudioManagement Studioエラーが発生する可能性があります。Reading large result sets by executing sys.fn_xe_file_target_read_file in Management StudioManagement Studio may result in an error. 使用して、結果をファイルにモード (Ctrl + Shift + F) ファイルに大きな結果セットをエクスポートし、代わりに別のツールでファイルを読み取る。Use the Results to File mode (Ctrl+Shift+F) to export large result sets to a file and read the file with another tool instead.

アクセス許可Permissions

サーバーに対する VIEW SERVER STATE 権限が必要です。Requires VIEW SERVER STATE permission on the server.

使用例Examples

A.A. ファイル ターゲットからデータを取得するRetrieving data from file targets

すべてのファイルからすべての行を取得する例を次に示します。The following example gets all the rows from all the files. この例では、ファイル ターゲットとメタファイルが C:\ drive のトレース フォルダーにあります。In this example the file targets and metafiles are located in the trace folder on the C:\ drive.

SELECT * FROM sys.fn_xe_file_target_read_file('C:\traces\*.xel', 'C:\traces\metafile.xem', null, null);  

参照See Also

拡張イベントの動的管理ビュー Extended Events Dynamic Management Views
Extended Events Catalog Views (Transact-SQL) Extended Events Catalog Views (Transact-SQL)
拡張イベントExtended Events