変更データ キャプチャ ストアド プロシージャ (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

変更データ キャプチャにより、有効なテーブルで実行されたデータ操作言語 (DML) 利用状況の履歴レコードを、便利なリレーショナル形式で使用できます。 次のストアド プロシージャは、変更データ キャプチャを構成し、変更データ キャプチャ エージェント ジョブを管理し、現在のメタデータを指定してデータ コンシューマーを変更するために使用されます。

参照

変更データ キャプチャのテーブル (Transact-SQL)