sp_addarticle (Transact-SQL)sp_addarticle (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server (2008 以降) XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server (starting with 2008) noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

アーティクルを作成し、パブリケーションに追加します。Creates an article and adds it to a publication. このストアド プロシージャは、パブリッシャー、パブリケーション データベースに対して実行されます。This stored procedure is executed at the Publisher on the publication database.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
sp_addarticle [ @publication = ] 'publication'   
        , [ @article = ] 'article'   
    [ , [ @source_table = ] 'source_table' ]  
    [ , [ @destination_table = ] 'destination_table' ]   
    [ , [ @vertical_partition = ] 'vertical_partition' ]   
    [ , [ @type = ] 'type' ]   
    [ , [ @filter = ] 'filter' ]   
    [ , [ @sync_object= ] 'sync_object' ]   
        [ , [ @ins_cmd = ] 'ins_cmd' ]   
    [ , [ @del_cmd = ] 'del_cmd' ]   
        [ , [ @upd_cmd = ] 'upd_cmd' ]   
    [ , [ @creation_script = ] 'creation_script' ]   
    [ , [ @description = ] 'description' ]   
    [ , [ @pre_creation_cmd = ] 'pre_creation_cmd' ]   
    [ , [ @filter_clause = ] 'filter_clause' ]   
    [ , [ @schema_option = ] schema_option ]   
    [ , [ @destination_owner = ] 'destination_owner' ]   
    [ , [ @status = ] status ]   
    [ , [ @source_owner = ] 'source_owner' ]   
    [ , [ @sync_object_owner = ] 'sync_object_owner' ]   
    [ , [ @filter_owner = ] 'filter_owner' ]   
    [ , [ @source_object = ] 'source_object' ]   
    [ , [ @artid = ] article_ID  OUTPUT ]   
    [ , [ @auto_identity_range = ] 'auto_identity_range' ]   
    [ , [ @pub_identity_range = ] pub_identity_range ]   
    [ , [ @identity_range = ] identity_range ]   
    [ , [ @threshold = ] threshold ]   
    [ , [ @force_invalidate_snapshot = ] force_invalidate_snapshot ]  
    [ , [ @use_default_datatypes = ] use_default_datatypes  
    [ , [ @identityrangemanagementoption = ] identityrangemanagementoption ]  
    [ , [ @publisher = ] 'publisher' ]  
    [ , [ @fire_triggers_on_snapshot = ] 'fire_triggers_on_snapshot' ]   

引数Arguments

[ @publication = ] 'publication' アーティクルを含むパブリケーションの名前です。[ @publication = ] 'publication' Is the name of the publication that contains the article. 名前は、データベース内で一意である必要があります。The name must be unique in the database. パブリケーションsysname 、既定値はありません。publication is sysname, with no default.

[ @article = ] 'article' アーティクルの名前です。[ @article = ] 'article' Is the name of the article. 名前はパブリケーション内で一意であることが必要です。The name must be unique within the publication. 記事sysname、既定値はありません。article is sysname, with no default.

[ @source_table = ] 'source_table' このパラメーターは非推奨とされました。使用して、 source_object代わりにします。[ @source_table = ] 'source_table' This parameter has been deprecated; use source_object instead.

このパラメーターは、Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていません。This parameter is not supported for Oracle Publishers.

[ @destination_table = ] 'destination_table' 異なる場合、レプリケーション先 (サブスクリプション) テーブルの名前は、 source_tableまたはストアド プロシージャ。[ @destination_table = ] 'destination_table' Is the name of the destination (subscription) table, if different from source_tableor the stored procedure. destination_tablesysnameの既定値は NULL には、つまりsource_tableと等しい*destination_table *destination_table is sysname, with a default of NULL, which means that source_table equals destination_table**.

[ @vertical_partition = ] 'vertical_partition' 有効にし、テーブル アーティクルに列フィルターを無効にします。[ @vertical_partition = ] 'vertical_partition' Enables and disables column filtering on a table article. vertical_partitionnchar (5)、既定値は FALSE。vertical_partition is nchar(5), with a default of FALSE.

false垂直方向のフィルター処理がないことを示します、すべての列をパブリッシュします。false indicates there is no vertical filtering and publishes all columns.

trueすべての宣言された主キー以外の列、既定値はありません、null 許容の列と一意のキー列を消去します。true clears all columns except the declared primary key, nullable columns with no default, and unique key columns. 使用して列が追加されたsp_articlecolumnします。Columns are added using sp_articlecolumn.

[ @type = ] 'type' アーティクルの種類です。[ @type = ] 'type' Is the type of article. sysname値は次のいずれかを指定できます。type is sysname, and can be one of the following values.

Value 説明Description
集計スキーマのみaggregate schema only スキーマのみを使用する集計関数。Aggregate function with schema only.
func スキーマのみfunc schema only スキーマのみで機能します。Function with schema only.
インデックス付きビュー ' logbased 'indexed view logbased ログ ベースのインデックス付きビュー アーティクルです。Log-based indexed view article. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers. この種類のアーティクルでは、ベース テーブルが個別にパブリッシュする必要はありません。For this type of article, the base table does not need to be published separately.
logbased manualboth のインデックス付きビューindexed view logbased manualboth 手動フィルターと手動ビューを使用する、ログベースのインデックス付きビュー アーティクルです。Log-based indexed view article with manual filter and manual view. このオプションは、両方を指定する必要がありますsync_objectフィルターパラメーター。This option requires that you specify both sync_object and filter parameters. この種類のアーティクルでは、ベース テーブルが個別にパブリッシュする必要はありません。For this type of article, the base table does not need to be published separately. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.
logbased manualfilter のインデックス付きビューindexed view logbased manualfilter 手動フィルター付きログベースのインデックス付きビュー アーティクルです。Log-based indexed view article with manual filter. このオプションは、両方を指定する必要がありますsync_objectフィルターパラメーター。This option requires that you specify both sync_object and filter parameters. この種類のアーティクルでは、ベース テーブルが個別にパブリッシュする必要はありません。For this type of article, the base table does not need to be published separately. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.
logbased manualview のインデックス付きビューindexed view logbased manualview 手動ビューを使用する、ログベースのインデックス付きビュー アーティクルです。Log-based indexed view article with manual view. このオプションは、指定する必要があります、 sync_objectパラメーター。This option requires that you specify the sync_object parameter. この種類のアーティクルでは、ベース テーブルが個別にパブリッシュする必要はありません。For this type of article, the base table does not need to be published separately. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.
インデックス付きビュー スキーマのみindexed view schema only スキーマのみを使用するインデックス付きビュー。Indexed view with schema only. この種類のアーティクルでは、ベース テーブルも発行してください。For this type of article, the base table must also be published.
logbased (既定値)logbased (default) ログベースのアーティクルです。Log-based article.
logbased manualbothlogbased manualboth 手動フィルターおよび手動ビュー付きログベースのアーティクルです。Log-based article with manual filter and manual view. このオプションは、両方を指定する必要がありますsync_objectフィルターパラメーター。This option requires that you specify both sync_object and filter parameters. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.
logbased manualfilterlogbased manualfilter 手動フィルター付きログベースのアーティクルです。Log-based article with manual filter. このオプションは、両方を指定する必要がありますsync_objectフィルターパラメーター。This option requires that you specify both sync_object and filter parameters. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.
logbased manualviewlogbased manualview 手動ビューを使用する、ログベースのアーティクルです。Log-based article with manual view. このオプションは、指定する必要があります、 sync_objectパラメーター。This option requires that you specify the sync_object parameter. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.
proc execproc exec アーティクルのすべてのサブスクライバーにストアド プロシージャの実行をレプリケートします。Replicates the execution of the stored procedure to all Subscribers of the article. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers. オプションを使用することをお勧めします。 serializable proc execの代わりにproc execします。We recommend that you use the option serializable proc exec instead of proc exec. 詳細については、「種類のストアド プロシージャ実行アーティクル」セクションを参照してくださいトランザクション レプリケーションでの Publishing Stored Procedure Executionします。For more information, see the section "Types of Stored Procedure Execution Articles" in Publishing Stored Procedure Execution in Transactional Replication. 変更データ キャプチャが有効な場合は使用できません。Not available when change data capture is enabled.
proc スキーマのみproc schema only スキーマのみを使用するプロシージャ。Procedure with schema only. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.
serializable proc execserializable proc exec シリアライゼーション可能なトランザクションのコンテキスト内で実行される場合にのみ、ストアド プロシージャの実行をレプリケートします。Replicates the execution of the stored procedure only if it is executed within the context of a serializable transaction. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.

プロシージャを明示的なトランザクションをレプリケートするプロシージャの実行にも実行する必要があります。The procedure also must be executed inside an explicit transaction for the procedure execution to be replicated.
ビュー スキーマのみview schema only スキーマのみを使用するビュー。View with schema only. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers. このオプションを使用する場合は、ベース テーブルも発行する必要があります。When using this option, you must also publish the base table.

[ @filter = ] 'filter' (FOR REPLICATION で作成される) ストアド プロシージャは、テーブルの水平方向にフィルター選択に使用されます。[ @filter = ] 'filter' Is the stored procedure (created with FOR REPLICATION) used to filter the table horizontally. フィルターnvarchar (386)、既定値は NULL です。filter is nvarchar(386), with a default of NULL. sp_articleviewsp_articlefilterビューを作成して、フィルター ストアド プロシージャを手動で実行する必要があります。sp_articleview and sp_articlefilter must be executed manually to create the view and filter stored procedure. NULL 以外を指定した場合は、ストアド プロシージャが手動で作成されるものと見なされるため、フィルター プロシージャは作成されません。If not NULL, the filter procedure is not created (assumes the stored procedure is created manually).

[ @sync_object = ] 'sync_object' テーブルまたはこのアーティクルのスナップショットを表すために使用するデータ ファイルを生成するために使用されるビューの名前です。[ @sync_object = ] 'sync_object' Is the name of the table or view used for producing the data file used to represent the snapshot for this article. sync_objectnvarchar (386)、既定値は NULL です。sync_object is nvarchar(386), with a default of NULL. NULL の場合、 sp_articleview自動的に出力ファイルを生成するためのビューを作成します。If NULL, sp_articleview is called to automatically create the view used to generate the output file. これには、任意の列を追加した後に発生しますsp_articlecolumnします。This occurs after adding any columns with sp_articlecolumn. NULL 以外を指定した場合は、ビューが手動で作成されるものと見なされるため、ビューは作成されません。If not NULL, a view is not created (assumes the view is manually created).

[ @ins_cmd = ] 'ins_cmd' この記事の挿入をレプリケートするときに使用するレプリケーション コマンドの種類。[ @ins_cmd = ] 'ins_cmd' Is the replication command type used when replicating inserts for this article. ins_cmdnvarchar (255) 値は次のいずれかを指定できます。ins_cmd is nvarchar(255), and can be one of the following values.

Value 説明Description
NONENONE アクションは行われません。No action is taken.
CALL sp_msins _CALL sp_MSins_
テーブル (既定値)table (default)

- または --or-

呼び出し custom_stored_procedure_nameCALL custom_stored_procedure_name
サブスクライバー側で実行されるストアド プロシージャを呼び出します。Calls a stored procedure to be executed at the Subscriber. この方法でレプリケーションを使用するschema_optionストアド プロシージャの自動作成を指定するか、アーティクルの各サブスクライバーのレプリケーション先データベースの指定したストアド プロシージャを作成します。To use this method of replication, use schema_option to specify automatic creation of the stored procedure, or create the specified stored procedure in the destination database of each Subscriber of the article. custom_stored_procedureユーザーが作成したストアド プロシージャの名前を指定します。custom_stored_procedure is the name of a user-created stored procedure. sp_msins テーブルの代わりに、変換先テーブルの名前を含む、 _tableパラメーターの一部です。sp_MSinstable contains the name of the destination table in place of the _table part of the parameter. ときにdestination_ownerを指定すると、前に対象のテーブル名に付加されます。When destination_owner is specified, it is prepended to the destination table name. たとえば、 ProductCategoryで所有するテーブル、運用、サブスクライバーでスキーマは、パラメーターになりますCALL sp_MSins_ProductionProductCategoryします。For example, for the ProductCategory table owned by the Production schema at the Subscriber, the parameter would be CALL sp_MSins_ProductionProductCategory. ピア ツー ピア レプリケーション トポロジ内のアーティクル _tableは GUID 値が付加されます。For an article in a peer-to-peer replication topology, _table is appended with a GUID value. 指定するcustom_stored_procedureサブスクライバーの更新はサポートされていません。Specifying custom_stored_procedure is not supported for updating subscribers.
SQLまたは NULLSQL or NULL INSERT ステートメントをレプリケートします。Replicates an INSERT statement. INSERT ステートメントでは、アーティクル内にある、パブリッシュされるすべての列の値が指定されます。The INSERT statement is provided values for all columns published in the article. 次のコマンドは挿入時にレプリケートされます。This command is replicated on inserts:

INSERT INTO <table name> VALUES (c1value, c2value, c3value, ..., cnvalue)

詳細については、「トランザクション アーティクルに変更を反映する方法の指定」を参照してください。For more information, see Specify How Changes Are Propagated for Transactional Articles.

[ @del_cmd = ] 'del_cmd' この記事の削除をレプリケートするときに使用するレプリケーション コマンドの種類。[ @del_cmd = ] 'del_cmd' Is the replication command type used when replicating deletes for this article. del_cmdnvarchar (255) 値は次のいずれかを指定できます。del_cmd is nvarchar(255), and can be one of the following values.

Value 説明Description
NONENONE アクションは行われません。No action is taken.
CALLsp_MSdel_CALLsp_MSdel_
テーブル (既定値)table (default)

- または --or-

呼び出し custom_stored_procedure_nameCALL custom_stored_procedure_name
サブスクライバー側で実行されるストアド プロシージャを呼び出します。Calls a stored procedure to be executed at the Subscriber. この方法でレプリケーションを使用するschema_optionストアド プロシージャの自動作成を指定するか、アーティクルの各サブスクライバーのレプリケーション先データベースの指定したストアド プロシージャを作成します。To use this method of replication, use schema_option to specify automatic creation of the stored procedure, or create the specified stored procedure in the destination database of each Subscriber of the article. custom_stored_procedureユーザーが作成したストアド プロシージャの名前を指定します。custom_stored_procedure is the name of a user-created stored procedure. sp_msdel テーブルの代わりに、変換先テーブルの名前を含む、 _tableパラメーターの一部です。sp_MSdeltable contains the name of the destination table in place of the _table part of the parameter. ときにdestination_ownerを指定すると、前に対象のテーブル名に付加されます。When destination_owner is specified, it is prepended to the destination table name. たとえば、 ProductCategoryで所有するテーブル、運用、サブスクライバーでスキーマは、パラメーターになりますCALL sp_MSdel_ProductionProductCategoryします。For example, for the ProductCategory table owned by the Production schema at the Subscriber, the parameter would be CALL sp_MSdel_ProductionProductCategory. ピア ツー ピア レプリケーション トポロジ内のアーティクル _tableは GUID 値が付加されます。For an article in a peer-to-peer replication topology, _table is appended with a GUID value. 指定するcustom_stored_procedureサブスクライバーの更新はサポートされていません。Specifying custom_stored_procedure is not supported for updating subscribers.
XCALL sp_msdel _XCALL sp_MSdel_
テーブルtable

- または --or-

XCALL custom_stored_procedure_nameXCALL custom_stored_procedure_name
XCALL スタイルのパラメーターを使用してストアド プロシージャを呼び出します。Calls a stored procedure taking XCALL style parameters. この方法でレプリケーションを使用するschema_optionストアド プロシージャの自動作成を指定するか、アーティクルの各サブスクライバーのレプリケーション先データベースの指定したストアド プロシージャを作成します。To use this method of replication, use schema_option to specify automatic creation of the stored procedure, or create the specified stored procedure in the destination database of each Subscriber of the article. サブスクライバーの更新は、ユーザーが作成したストアド プロシージャを指定することはできません。Specifying a user-created stored procedure is not allowed for updating subscribers.
SQLまたは NULLSQL or NULL DELETE ステートメントをレプリケートします。Replicates a DELETE statement. すべての主キー列値は、DELETE ステートメントが指定されます。The DELETE statement is provided all primary key column values. このコマンドを使用した削除はレプリケートされます。This command is replicated on deletes:

DELETE FROM <table name> WHERE pkc1 = pkc1value AND pkc2 = pkc2value AND pkcn = pkcnvalue

詳細については、「トランザクション アーティクルに変更を反映する方法の指定」を参照してください。For more information, see Specify How Changes Are Propagated for Transactional Articles.

[ @upd_cmd = ] 'upd_cmd' この記事の更新をレプリケートするときに使用するレプリケーション コマンドの種類。[ @upd_cmd = ] 'upd_cmd' Is the replication command type used when replicating updates for this article. upd_cmdnvarchar (255) 値は次のいずれかを指定できます。upd_cmd is nvarchar(255), and can be one of the following values.

Value 説明Description
NONENONE アクションは行われません。No action is taken.
CALL sp_msupd _CALL sp_MSupd_
テーブルtable

- または --or-

呼び出し custom_stored_procedure_nameCALL custom_stored_procedure_name
サブスクライバー側で実行されるストアド プロシージャを呼び出します。Calls a stored procedure to be executed at the Subscriber. この方法でレプリケーションを使用するschema_optionストアド プロシージャの自動作成を指定するか、アーティクルの各サブスクライバーのレプリケーション先データベースの指定したストアド プロシージャを作成します。To use this method of replication, use schema_option to specify automatic creation of the stored procedure, or create the specified stored procedure in the destination database of each Subscriber of the article.
MCALL sp_msupd _MCALL sp_MSupd_
テーブルtable

- または --or-

MCALL custom_stored_procedure_nameMCALL custom_stored_procedure_name
MCALL スタイルのパラメーターを使用してストアド プロシージャを呼び出します。Calls a stored procedure taking MCALL style parameters. この方法でレプリケーションを使用するschema_optionストアド プロシージャの自動作成を指定するか、アーティクルの各サブスクライバーのレプリケーション先データベースの指定したストアド プロシージャを作成します。To use this method of replication, use schema_option to specify automatic creation of the stored procedure, or create the specified stored procedure in the destination database of each Subscriber of the article. custom_stored_procedureユーザーが作成したストアド プロシージャの名前を指定します。custom_stored_procedure is the name of a user-created stored procedure. sp_msupd テーブルの代わりに、変換先テーブルの名前を含む、 _tableパラメーターの一部です。sp_MSupdtable contains the name of the destination table in place of the _table part of the parameter. ときにdestination_ownerを指定すると、前に対象のテーブル名に付加されます。When destination_owner is specified, it is prepended to the destination table name. たとえば、 ProductCategoryで所有するテーブル、運用、サブスクライバーでスキーマは、パラメーターになりますMCALL sp_MSupd_ProductionProductCategoryします。For example, for the ProductCategory table owned by the Production schema at the Subscriber, the parameter would be MCALL sp_MSupd_ProductionProductCategory. ピア ツー ピア レプリケーション トポロジ内のアーティクル _tableは GUID 値が付加されます。For an article in a peer-to-peer replication topology, _table is appended with a GUID value. サブスクライバーの更新は、ユーザーが作成したストアド プロシージャを指定することはできません。Specifying a user-created stored procedure is not allowed for updating subscribers.
SCALL sp_msupd _SCALL sp_MSupd_
テーブル (既定値)table (default)

- または --or-

SCALL custom_stored_procedure_nameSCALL custom_stored_procedure_name
SCALL スタイルのパラメーターを使用してストアド プロシージャを呼び出します。Calls a stored procedure taking SCALL style parameters. この方法でレプリケーションを使用するschema_optionストアド プロシージャの自動作成を指定するか、アーティクルの各サブスクライバーのレプリケーション先データベースの指定したストアド プロシージャを作成します。To use this method of replication, use schema_option to specify automatic creation of the stored procedure, or create the specified stored procedure in the destination database of each Subscriber of the article. custom_stored_procedureユーザーが作成したストアド プロシージャの名前を指定します。custom_stored_procedure is the name of a user-created stored procedure. sp_msupd テーブルの代わりに、変換先テーブルの名前を含む、 _tableパラメーターの一部です。sp_MSupdtable contains the name of the destination table in place of the _table part of the parameter. ときにdestination_ownerを指定すると、前に対象のテーブル名に付加されます。When destination_owner is specified, it is prepended to the destination table name. たとえば、 ProductCategoryで所有するテーブル、運用、サブスクライバーでスキーマは、パラメーターになりますSCALL sp_MSupd_ProductionProductCategoryします。For example, for the ProductCategory table owned by the Production schema at the Subscriber, the parameter would be SCALL sp_MSupd_ProductionProductCategory. ピア ツー ピア レプリケーション トポロジ内のアーティクル _tableは GUID 値が付加されます。For an article in a peer-to-peer replication topology, _table is appended with a GUID value. サブスクライバーの更新は、ユーザーが作成したストアド プロシージャを指定することはできません。Specifying a user-created stored procedure is not allowed for updating subscribers.
XCALL sp_msupd _XCALL sp_MSupd_
テーブルtable

- または --or-

XCALL custom_stored_procedure_nameXCALL custom_stored_procedure_name
XCALL スタイルのパラメーターを使用してストアド プロシージャを呼び出します。Calls a stored procedure taking XCALL style parameters. この方法でレプリケーションを使用するschema_optionストアド プロシージャの自動作成を指定するか、アーティクルの各サブスクライバーのレプリケーション先データベースの指定したストアド プロシージャを作成します。To use this method of replication, use schema_option to specify automatic creation of the stored procedure, or create the specified stored procedure in the destination database of each Subscriber of the article. サブスクライバーの更新は、ユーザーが作成したストアド プロシージャを指定することはできません。Specifying a user-created stored procedure is not allowed for updating subscribers.
SQLまたは NULLSQL or NULL UPDATE ステートメントをレプリケートします。Replicates an UPDATE statement. UPDATE ステートメントでは、すべての列の値と主キー列の値が指定されます。The UPDATE statement is provided on all column values and the primary key column values. 更新プログラムでは、このコマンドがレプリケートされます。This command is replicated on updates:

UPDATE <table name> SET c1 = c1value, SET c2 = c2value, SET cn = cnvalue WHERE pkc1 = pkc1value AND pkc2 = pkc2value AND pkcn = pkcnvalue

注意

呼び出し、MCALL、SCALL、XCALL 構文では、サブスクライバーに反映されるデータの量によって異なります。The CALL, MCALL, SCALL, and XCALL syntax vary the amount of data propagated to the subscriber. CALL 構文では、挿入されたすべての列および削除されたすべての列に関するすべての値が渡されます。The CALL syntax passes all values for all inserted and deleted columns. SCALL 構文では、影響を受けた列の値のみが渡されます。The SCALL syntax passes values only for affected columns. XCALL 構文は、列の前の値を含むか、変更されたかどうか、すべての列の値を渡します。The XCALL syntax passes values for all columns, whether changed or not, including the previous value of the column. 詳細については、「トランザクション アーティクルに変更を反映する方法の指定」を参照してください。For more information, see Specify How Changes Are Propagated for Transactional Articles.

[ @creation_script = ] 'creation_script' パスとサブスクリプション データベースでアーティクルを作成するために使用、オプションのアーティクル スキーマ スクリプトの名前です。[ @creation_script = ] 'creation_script' Is the path and name of an optional article schema script used to create the article in the subscription database. creation_scriptnvarchar (255)、既定値は NULL です。creation_script is nvarchar(255), with a default of NULL.

[ @description = ] 'description' この記事の説明エントリです。[ @description = ] 'description' Is a descriptive entry for the article. 説明nvarchar (255)、既定値は NULL です。description is nvarchar(255), with a default of NULL.

[ @pre_creation_cmd = ] 'pre_creation_cmd' システムで実行する必要がありますを指定しますこのアーティクルのスナップショットを適用するときに、サブスクライバーで同じ名前の既存のオブジェクトを検出した場合。[ @pre_creation_cmd = ] 'pre_creation_cmd' Specifies what the system should do if it detects an existing object of the same name at the subscriber when applying the snapshot for this article. pre_creation_cmdnvarchar (10) 値は次のいずれかを指定できます。pre_creation_cmd is nvarchar(10), and can be one of the following values.

Value 説明Description
[なし]none コマンドを使用しません。Does not use a command.
deletedelete スナップショットを適用する前に、レプリケーション先テーブルからデータを削除します。Deletes data from the destination table before applying the snapshot. アーティクルは行方向にフィルター選択、フィルター句で指定された列のデータのみが削除されます。When the article is horizontally filtered, only data in columns specified by the filter clause is deleted. 行フィルターが定義されている場合は、Oracle パブリッシャーに対してはサポートされません。Not supported for Oracle Publishers when a horizontal filter is defined.
drop (既定値)drop (default) 変換先テーブルを削除します。Drops the destination table.
truncatetruncate 変換先テーブルを切り捨てます。Truncates the destination table. ODBC または OLE DB サブスクライバーに対して無効です。Is not valid for ODBC or OLE DB Subscribers.

[ @filter_clause = ] 'filter_clause' 制限は、水平方向のフィルターを定義する (、) where 句。[ @filter_clause = ] 'filter_clause' Is a restriction (WHERE) clause that defines a horizontal filter. 制限句を入力するときに、キーワードを省略する場所。When entering the restriction clause, omit the keyword WHERE. filter_clausentext、既定値は NULL です。filter_clause is ntext, with a default of NULL. 詳細については、「パブリッシュされたデータのフィルター選択」を参照してください。For more information, see Filter Published Data.

[ @schema_option = ] schema_option 指定されたアーティクルに対するスキーマ生成オプションのビットマスクです。[ @schema_option = ] schema_option Is a bitmask of the schema generation option for the given article. schema_optionbinary (8)、でき、 |(ビットごとの OR)これらの値の 1 つ以上の製品。schema_option is binary(8), and can be the | (Bitwise OR) product of one or more of these values:

注意

この値が NULL の場合は、他のアーティクルのプロパティに応じて、アーティクルの有効なスキーマ オプションが自動生成されます。If this value is NULL, the system auto-generates a valid schema option for the article depending on other article properties. スキーマ オプションの既定の「解説」で指定されたテーブル アーティクルの種類とレプリケーションの種類の組み合わせに基づいて選択される値を示しています。The Default Schema Options table given in the Remarks shows the value that will be chosen based upon the combination of the article type and the replication type.

Value 説明Description
0x000x00 スナップショット エージェントによるスクリプト作成を無効にしを使用してcreation_scriptします。Disables scripting by the Snapshot Agent and uses creation_script.
0x010x01 オブジェクトの作成スクリプト (CREATE TABLE、CREATE PROCEDURE など) を生成します。Generates the object creation script (CREATE TABLE, CREATE PROCEDURE, and so on). この値は、ストアド プロシージャ アーティクルの既定値です。This value is the default for stored procedure articles.
0x020x02 定義されている場合、アーティクルの変更を反映するストアド プロシージャを生成します。Generates the stored procedures that propagate changes for the article, if defined.
0x040x04 Id 列が IDENTITY プロパティを使用してスクリプトを作成します。Identity columns are scripted using the IDENTITY property.
0x080x08 レプリケートタイムスタンプ列。Replicate timestamp columns. ない場合、タイムスタンプとして列をレプリケートバイナリします。If not set, timestamp columns are replicated as binary.
0x100x10 対応するクラスター化インデックスを生成します。Generates a corresponding clustered index. このオプションが設定されていない場合でもに関連する主キー インデックスと一意の制約がパブリッシュされたテーブルで既に定義されている場合に生成されます。Even if this option is not set, indexes related to primary keys and unique constraints are generated if they are already defined on a published table.
0x200x20 サブスクライバーのデータ型の基に変換しますユーザー定義データ型 (UDT)。Converts user-defined data types (UDT) to base data types at the Subscriber. UDT 列が主キーの一部である場合、または計算列は、UDT 列を参照している場合、UDT 列のチェックまたは既定の制約がある場合に、このオプションを使用することはできません。This option cannot be used when there is a CHECK or DEFAULT constraint on a UDT column, if a UDT column is part of the primary key, or if a computed column references a UDT column. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていませんします。Not supported for Oracle Publishers.
0x400x40 対応する非クラスター化インデックスを生成します。Generates corresponding nonclustered indexes. このオプションが設定されていない場合でもに関連する主キー インデックスと一意の制約がパブリッシュされたテーブルで既に定義されている場合に生成されます。Even if this option is not set, indexes related to primary keys and unique constraints are generated if they are already defined on a published table.
0x800x80 主キー制約をレプリケートします。Replicates primary key constraints. 制約に関連するすべてのインデックスもレプリケートされる場合でもオプション0x100x40有効ではありません。Any indexes related to the constraint are also replicated, even if options 0x10 and 0x40 are not enabled.
0x1000x100 定義されている場合、テーブル アーティクル上のユーザー トリガーをレプリケートします。Replicates user triggers on a table article, if defined. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていませんします。Not supported for Oracle Publishers.
0x2000x200 外部キー制約をレプリケートします。Replicates foreign key constraints. 参照先のテーブルがパブリケーションの一部は、パブリッシュされたテーブルですべての外部キー制約はレプリケートされません。If the referenced table is not part of a publication, all foreign key constraints on a published table are not replicated. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていませんします。Not supported for Oracle Publishers.
0x4000x400 Check 制約をレプリケートします。Replicates check constraints. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていませんします。Not supported for Oracle Publishers.
0x8000x800 既定値をレプリケートします。Replicates defaults. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていませんします。Not supported for Oracle Publishers.
0x10000x1000 列レベルの照合順序をレプリケートします。Replicates column-level collation.

注: このオプションは、大文字小文字を区別する比較を有効にする Oracle パブリッシャーに対して設定する必要があります。Note: This option should be set for Oracle Publishers to enable case-sensitive comparisons.
0x20000x2000 パブリッシュされたアーティクルのソース オブジェクトに関連付けられた拡張プロパティをレプリケートします。Replicates extended properties associated with the published article source object. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていませんします。Not supported for Oracle Publishers.
0x40000x4000 UNIQUE 制約をレプリケートします。Replicates UNIQUE constraints. 制約に関連するすべてのインデックスもレプリケートされる場合でもオプション0x100x40有効ではありません。Any indexes related to the constraint are also replicated, even if options 0x10 and 0x40 are not enabled.
0x80000x8000 このオプションは無効ですSQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x)パブリッシャーです。This option is not valid for SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) Publishers.
0x100000x10000 制約が同期中に適用されないように、CHECK 制約を NOT FOR REPLICATION としてレプリケートします。Replicates CHECK constraints as NOT FOR REPLICATION so that the constraints are not enforced during synchronization.
0x200000x20000 制約が同期中に適用されないように、FOREIGN KEY 制約を NOT FOR REPLICATION としてレプリケートします。Replicates FOREIGN KEY constraints as NOT FOR REPLICATION so that the constraints are not enforced during synchronization.
0x400000x40000 パーティション テーブルまたはインデックスに関連付けられているファイル グループをレプリケートします。Replicates filegroups associated with a partitioned table or index.
0x800000x80000 パーティション テーブルのパーティション構成をレプリケートします。Replicates the partition scheme for a partitioned table.
0x1000000x100000 パーティション インデックスのパーティション構成をレプリケートします。Replicates the partition scheme for a partitioned index.
0x2000000x200000 テーブルな統計をレプリケートします。Replicates table statistics.
0x4000000x400000 既定のバインドです。Default Bindings
0x8000000x800000 ルールのバインドです。Rule Bindings
0x10000000x1000000 フルテキスト インデックスです。Full-text index
0x20000000x2000000 バインドされた XML スキーマ コレクションxml列はレプリケートされません。XML schema collections bound to xml columns are not replicated.
0x40000000x4000000 インデックスをレプリケートxml列。Replicates indexes on xml columns.
0x80000000x8000000 サブスクライバーにまだ存在しないスキーマを作成します。Create any schemas not already present on the subscriber.
0x100000000x10000000 変換しますxmlntextサブスクライバーにします。Converts xml columns to ntext on the Subscriber.
0x200000000x20000000 変換の大きなオブジェクトのデータ型 (nvarchar (max)varchar (max)、およびvarbinary (max)) で導入されたSQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x)でサポートされているデータ型SQL Server 2000 (8.x)SQL Server 2000 (8.x).Converts large object data types (nvarchar(max), varchar(max), and varbinary(max)) introduced in SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) to data types that are supported on SQL Server 2000 (8.x)SQL Server 2000 (8.x).
0x400000000x40000000 アクセス許可をレプリケートします。Replicate permissions.
0x800000000x80000000 パブリケーションの一部ではない任意のオブジェクトに対する依存関係を削除しようとしてください。Attempt to drop dependencies to any objects that are not part of the publication.
0x1000000000x100000000 このオプションを使用して、指定されている場合は、FILESTREAM 属性をレプリケートするvarbinary (max) 列。Use this option to replicate the FILESTREAM attribute if it is specified on varbinary(max) columns. テーブルをレプリケートする場合は、このオプションを指定しないSQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x)サブスクライバー。Do not specify this option if you are replicating tables to SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) Subscribers. FILESTREAM 列を持つテーブルをレプリケートSQL Server 2000 (8.x)SQL Server 2000 (8.x)サブスクライバーがサポートされていません、このスキーマ オプションを設定する方法に関係なく、します。Replicating tables that have FILESTREAM columns to SQL Server 2000 (8.x)SQL Server 2000 (8.x) Subscribers is not supported, regardless of how this schema option is set.

関連するオプションを参照してください。 0x800000000します。See related option 0x800000000.
0x2000000000x200000000 日付と時刻のデータ型に変換 (日付時間datetimeoffset、およびdatetime2) で導入されたSQL Server 2008:SQL Server 2008データ以前のバージョンでサポートされている種類SQL ServerSQL Serverします。Converts date and time data types (date, time, datetimeoffset, and datetime2) introduced in SQL Server 2008:SQL Server 2008 to data types that are supported on earlier versions of SQL ServerSQL Server.
0x4000000000x400000000 データとインデックスの圧縮オプションをレプリケートします。Replicates the compression option for data and indexes. 詳細については、「 Data Compression」を参照してください。For more information, see Data Compression.
0x8000000000x800000000 このオプションを設定すると、サブスクライバーの独自のファイル グループに FILESTREAM データを格納できます。Set this option to store FILESTREAM data on its own filegroup at the Subscriber. このオプションが設定されていない場合は、FILESTREAM データが既定のファイル グループに格納されます。If this option is not set, FILESTREAM data is stored on the default filegroup. レプリケーションが; ファイル グループを作成できません。したがって、このオプションを設定する場合、サブスクライバーでスナップショットを適用する前に、ファイル グループを作成する必要があります。Replication does not create filegroups; therefore, if you set this option, you must create the filegroup before you apply the snapshot at the Subscriber. スナップショットを適用する前に、オブジェクトを作成する方法の詳細については、前にスクリプトを実行し、後のスナップショットが適用されるを参照してください。For more information about how to create objects before you apply the snapshot, see Execute Scripts Before and After the Snapshot Is Applied.

関連するオプションを参照してください。 0x100000000します。See related option 0x100000000.
0x10000000000x1000000000 共通言語ランタイム (CLR) ユーザー定義型 (Udt) 8000 バイトを超えるに変換しますvarbinary (max) を実行しているサブスクライバーに UDT 型の列をレプリケートできるようにSQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x)します。Converts common language runtime (CLR) user-defined types (UDTs) that are larger than 8000 bytes to varbinary(max) so that columns of type UDT can be replicated to Subscribers that are running SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x).
0x20000000000x2000000000 変換、 hierarchyidのデータ型varbinary (max) ように型の列hierarchyid実行しているサブスクライバーにレプリケートできるSQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x)Converts the hierarchyid data type to varbinary(max) so that columns of type hierarchyid can be replicated to Subscribers that are running SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x). 使用する方法の詳細についてのhierarchyidレプリケートされたテーブル内の列を参照してくださいhierarchyid (TRANSACT-SQL)します。For more information about how to use hierarchyid columns in replicated tables, see hierarchyid (Transact-SQL).
0x40000000000x4000000000 テーブルにフィルター選択されたインデックスをレプリケートします。Replicates any filtered indexes on the table. フィルター選択されたインデックスの詳細については、Create Filtered Indexesを参照してください。For more information about filtered indexes, see Create Filtered Indexes.
0x80000000000x8000000000 変換、 geographygeometryデータ型をvarbinary (max) を実行しているサブスクライバーにこれらの型の列をレプリケートできるようにSQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x).Converts the geography and geometry data types to varbinary(max) so that columns of these types can be replicated to Subscribers that are running SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x).
0x100000000000x10000000000 型の列にインデックスをレプリケートgeographygeometryします。Replicates indexes on columns of type geography and geometry.
0x200000000000x20000000000 列の SPARSE 属性をレプリケートします。Replicates the SPARSE attribute for columns. この属性の詳細については、スパース列の使用を参照してください。For more information about this attribute, see Use Sparse Columns.
0x400000000000x40000000000 サブスクライバーのメモリ最適化テーブルを作成するスナップショット エージェントによるスクリプト作成を有効にします。Enable scripting by the snapshot agent to create memory-optimized table on the subscriber.
0x800000000000x80000000000 アーティクルのメモリ最適化非クラスター化インデックスをクラスター化インデックスを変換します。Converts clustered index to nonclustered index for memory-optimized articles.
0x4000000000000x400000000000 テーブルの非クラスター化列ストア インデックスをレプリケートします。Replicates any non-clustered columnstore indexes on the table(s)
0x8000000000000x800000000000 テーブルで flitered 非クラスター化列ストア インデックスをレプリケートします。Replicates any flitered non-clustered columnstore indexes on the table(s).
NULLNULL レプリケーションが自動的に設定schema_option既定値に、この値が他のアーティクルのプロパティに依存します。Replication automatically sets schema_option to a default value, the value of which depends on other article properties. 「解説」セクションでは"既定のスキーマ オプション」の表では、アーティクルの種類とレプリケーションの種類に基づいて既定のスキーマ オプションを示します。The "Default Schema Options" table in the Remarks section shows the default schema options based on article type and replication type.

既定値以外SQL ServerSQL Serverパブリケーションは0x050D3します。The default for non-SQL ServerSQL Server publications is 0x050D3.

すべてschema_option値は、レプリケーションのすべての種類およびアーティクルの種類に有効です。Not all schema_option values are valid for every type of replication and article type. 有効なスキーマ オプション「解説」セクションの表は、アーティクルの種類とレプリケーション種類の組み合わせに基づいて選択できる有効なスキーマ オプションを示しています。The Valid Schema Options table in the Remarks section shows the valid schema options that can be chosen based upon the combination of the article type and the replication type.

[ @destination_owner = ] 'destination_owner' 対象オブジェクトの所有者の名前です。[ @destination_owner = ] 'destination_owner' Is the name of the owner of the destination object. destination_ownersysname、既定値は NULL です。destination_owner is sysname, with a default of NULL. ときにdestination_ownerが指定されていない、次の規則に基づいて自動的に所有者を指定します。When destination_owner is not specified, the owner is specified automatically based on the following rules:

条件Condition 対象オブジェクトの所有者Destination object owner
パブリケーションはネイティブ モードの一括コピーを使用して、SQL ServerSQL Server サブスクライバーのみをサポートする初期スナップショットを生成します。Publication uses native-mode bulk copy to generate the initial snapshot, which only supports SQL ServerSQL Server Subscribers. 値の既定値はsource_ownerします。Defaults to the value of source_owner.
SQL ServerSQL Server 以外のパブリッシャーからパブリッシュされます。Published from a non-SQL ServerSQL Server Publisher. 既定値は、転送先データベースの所有者です。Defaults to the owner of the destination database.
パブリケーションがサポートしている以外の初期スナップショットを生成するキャラクター モードの一括コピーを使用してSQL ServerSQL Serverサブスクライバー。Publication uses character-mode bulk copy to generate the initial snapshot, which supports non-SQL ServerSQL Server Subscribers. 割り当てられていません。Not assigned.

非をサポートするSQL ServerSQL Serverサブスクライバー、 destination_owner NULL にする必要があります。To support non- SQL ServerSQL Server Subscribers, destination_owner must be NULL.

[ @status = ] status アーティクルがアクティブおよびその他のオプションの変更を反映する方法を指定します。[ @status = ] status Specifies if the article is active and additional options for how changes are propagated. ステータスtinyint、でき、 |(ビットごとの OR)これらの値の 1 つ以上の製品です。status is tinyint, and can be the | (Bitwise OR) product of one or more of these values.

Value 説明Description
11 アーティクルはアクティブです。Article is active.
88 INSERT ステートメントに列名を含めます。Includes the column name in INSERT statements.
16 (既定値)16 (default) パラメーター化されたステートメントを使用します。Uses parameterized statements.
2424 INSERT ステートメントに列名が含まれていて、パラメーター化されたステートメントを使用します。Includes the column name in INSERT statements and uses parameterized statements.
6464 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.

たとえば、パラメーター化されたステートメントを使用するアクティブなアーティクルでは、このコラムでの値は 17 があります。For example, an active article using parameterized statements would have a value of 17 in this column. 0アーティクルがアクティブでないと、追加のプロパティが定義されていないことを意味します。A value of 0 means that the article is inactive and no additional properties are defined.

[ @source_owner = ] 'source_owner' ソース オブジェクトの所有者です。[ @source_owner = ] 'source_owner' Is the owner of the source object. source_ownersysname、既定値は NULL です。source_owner is sysname, with a default of NULL. source_owner Oracle パブリッシャーに対して指定する必要があります。source_owner must be specified for Oracle Publishers.

[ @sync_object_owner = ] 'sync_object_owner' パブリッシュされたアーティクルを定義するビューの所有者です。[ @sync_object_owner = ] 'sync_object_owner' Is the owner of the view that defines the published article. sync_object_ownersysname、既定値は NULL です。sync_object_owner is sysname, with a default of NULL.

[ @filter_owner = ] 'filter_owner' フィルターの所有者です。[ @filter_owner = ] 'filter_owner' Is the owner of the filter. filter_ownersysname、既定値は NULL です。filter_owner is sysname, with a default of NULL.

[ @source_object = ] 'source_object' パブリッシュするデータベース オブジェクトです。[ @source_object = ] 'source_object' Is the database object to be published. source_objectsysname、既定値は NULL です。source_object is sysname, with a default of NULL. 場合source_tableが null の場合、 source_object NULL にすることはできません 。source_objectの代わりに使用する必要がありますsource_tableします。If source_table is NULL, source_object cannot be NULL.source_object should be used instead of source_table. スナップショット パブリケーションまたはトランザクション レプリケーションを使用してパブリッシュできるオブジェクトの種類の詳細については、発行データおよびデータベース オブジェクトを参照してください。For more information about the types of objects that can be published using snapshot or transactional replication, see Publish Data and Database Objects.

[ @artid = ] _article_ID_ OUTPUT 新しいアーティクルのアーティクル ID です。[ @artid = ] _article_ID_ OUTPUT Is the article ID of the new article. int既定値は null には、出力パラメーター。article_ID is int with a default of NULL, and it is an OUTPUT parameter.

[ @auto_identity_range = ] 'auto_identity_range' により、自動 id 範囲の作成時、パブリケーションのパブリケーションでの処理を無効にします。[ @auto_identity_range = ] 'auto_identity_range' Enables and disables automatic identity range handling on a publication at the time it is created. auto_identity_rangenvarchar (5) 値は次のいずれかを指定できます。auto_identity_range is nvarchar(5), and can be one of the following values:

Value 説明Description
truetrue 自動 id 範囲処理を有効にEnables automatic identity range handling
falsefalse 自動 ID 範囲処理を無効にします。Disables automatic identity range handling
NULL(default)NULL(default) Id 範囲処理を定めたidentityrangemanagementoptionします。Identity range handling is set by identityrangemanagementoption.

注意

auto_identity_rangeは非推奨し、旧バージョンとの互換性を保つのために提供されます。auto_identity_range has been deprecated and is provided for backward compatibility only. 使用する必要がありますidentityrangemanagementoption id 範囲管理オプションを指定するためです。You should use identityrangemanagementoption for specifying identity range management options. 詳細については、「Replicate Identity Columns」 (ID 列のレプリケート) を参照してください。For more information, see Replicate Identity Columns.

[ @pub_identity_range = ] pub_identity_range 場合、アーティクルはパブリッシャーの範囲のサイズを制御identityrangemanagementoption設定自動またはauto_identity_rangeに設定は true.[ @pub_identity_range = ] pub_identity_range Controls the range size at the Publisher if the article has identityrangemanagementoption set to auto or auto_identity_range set to true. identity_rangebigint、既定値は NULL です。pub_identity_range is bigint, with a default of NULL. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていませんします。Not supported for Oracle Publishers.

[ @identity_range = ] identity_range 場合、アーティクルは、サブスクライバーの範囲のサイズを制御identityrangemanagementoption設定自動またはauto_identity_rangeに設定は true.[ @identity_range = ] identity_range Controls the range size at the Subscriber if the article has identityrangemanagementoption set to auto or auto_identity_range set to true. identity_rangebigint、既定値は NULL です。identity_range is bigint, with a default of NULL. ときに使用されるauto_identity_rangeに設定されているtrueします。Used when auto_identity_range is set to true. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていませんします。Not supported for Oracle Publishers.

[ @threshold = ] threshold ディストリビューション エージェントが新しい id 範囲を割り当てるときを制御するパーセンテージの値です。[ @threshold = ] threshold Is the percentage value that controls when the Distribution Agent assigns a new identity range. 値の比率が指定されている場合しきい値はディストリビューション エージェント、新しい id 範囲を作成します。When the percentage of values specified in threshold is used, the Distribution Agent creates a new identity range. しきい値bigint、既定値は NULL です。threshold is bigint, with a default of NULL. ときに使用されるidentityrangemanagementoptionに設定されている自動またはauto_identity_rangeに設定されているtrueします。Used when identityrangemanagementoption is set to auto or auto_identity_range is set to true. Oracle パブリッシャーに対してはサポートされていませんします。Not supported for Oracle Publishers.

[ @force_invalidate_snapshot = ] force_invalidate_snapshot このストアド プロシージャが実行する操作が既存のスナップショットが無効になることを確認します。[ @force_invalidate_snapshot = ] force_invalidate_snapshot Acknowledges that the action taken by this stored procedure may invalidate an existing snapshot. 更によっては、ビット、既定値は 0。force_invalidate_snapshot is a bit, with a default of 0.

0アーティクルの追加も無効になるスナップショットは発生しませんを指定します。0 specifies that adding an article does not cause the snapshot to be invalid. 変更に新しいスナップショットが必要であることをストアド プロシージャが検出すると、エラーが発生し、変更は加えられません。If the stored procedure detects that the change requires a new snapshot, an error occurs and no changes are made.

1追加アーティクルがスナップショットが無効であることになることが、新しいスナップショットをする必要があるサブスクリプションが存在しない場合、obsolete としてマーク済みである既存のスナップショットと、新しいスナップショットを生成するためのアクセス許可を提供するを指定します。1 specifies that adding an article may cause the snapshot to be invalid, and if subscriptions exist that would require a new snapshot, gives permission for the existing snapshot to be marked as obsolete and a new snapshot to be generated.

[ @use_default_datatypes = ] use_default_datatypes Oracle パブリッシャーからアーティクルをパブリッシュするときに既定の列のデータ型マッピングを使用するかどうか。[ @use_default_datatypes = ] use_default_datatypes Is whether the default column data type mappings are used when publishing an article from an Oracle Publisher. use_default_datatypesビットは、既定値は 1 です。use_default_datatypes is bit, with a default of 1.

1 = 既定のアーティクル列マッピングが使用されます。1 = the default article column mappings are used. 既定のデータ型マッピングを実行して表示できるsp_getdefaultdatatypemappingします。The default data type mappings can be displayed by executing sp_getdefaultdatatypemapping.

0 = カスタム アーティクル列のマッピングが定義されている、ためsp_articleviewがによって呼び出されなかったsp_addarticleします。0 = custom article column mappings are defined, and therefore sp_articleview is not called by sp_addarticle.

ときにuse_default_datatypesに設定されている0、実行する必要がありますsp_changearticlecolumndatatype既定から変更されている列マッピングごとに 1 回です。When use_default_datatypes is set to 0, you must execute sp_changearticlecolumndatatype once for each column mapping being changed from the default. 実行する必要がありますすべてのカスタム列マッピングを定義したらsp_articleviewします。After all custom column mappings have been defined, you must execute sp_articleview.

注意

このパラメーターは、Oracle パブリッシャーに対してのみ使用する必要があります。This parameter should only be used for Oracle Publishers. 設定use_default_datatypes0SQL ServerSQL Serverパブリッシャーには、エラーが生成されます。Setting use_default_datatypes to 0 for a SQL ServerSQL Server Publisher generates an error.

[ @identityrangemanagementoption = ] identityrangemanagementoption アーティクルに対する id 範囲管理を処理する方法を指定します。[ @identityrangemanagementoption = ] identityrangemanagementoption Specifies how identity range management is handled for the article. identityrangemanagementoptionnvarchar (10) 値は次のいずれかを指定できます。identityrangemanagementoption is nvarchar(10), and can be one of the following values.

Value 説明Description
[なし]none 明示的な ID 範囲の管理は行われません。Replication does no explicit identity range management. このオプションはお勧めのみ旧バージョンと以前のバージョンの SQL Server との互換性。This option is recommended only for backwards compatibility with earlier versions of SQL Server. ピア レプリケーションに対しては許可されていません。Not allowed for peer replication.
手動manual 手動による id 範囲処理を有効にする NOT FOR REPLICATION を使用して id 列をマークします。Marks the identity column using NOT FOR REPLICATION to enable manual identity range handling.
自動auto Id 範囲の自動管理を指定します。Specifies automatic management of identity ranges.
NULL(default)NULL(default) 既定値はnoneときの値auto_identity_rangeでないtrueします。Defaults to none when the value of auto_identity_range is not true. 既定値は手動ピア ツー ピア トポロジの既定の (auto_identity_rangeは無視されます)。Defaults to manual in a peer-to-peer topology default (auto_identity_range is ignored).

旧バージョンとの互換性のためときの値identityrangemanagementoption null の場合の値は、 auto_identity_rangeがチェックされます。For backward compatibility, when the value of identityrangemanagementoption is NULL, the value of auto_identity_range is checked. ただし、場合の値identityrangemanagementoption null の場合、次の値でないauto_identity_rangeは無視されます。However, when the value of identityrangemanagementoption is not NULL, then the value of auto_identity_range is ignored.

詳細については、「Replicate Identity Columns」 (ID 列のレプリケート) を参照してください。For more information, see Replicate Identity Columns.

[ @publisher = ] 'publisher' 以外を指定SQL ServerSQL Serverパブリッシャーです。[ @publisher = ] 'publisher' Specifies a non- SQL ServerSQL Server Publisher. パブリッシャーsysname、既定値は NULL です。publisher is sysname, with a default of NULL.

注意

パブリッシャーにアーティクルを追加するときに使用されません、SQL ServerSQL Serverパブリッシャーです。publisher should not be used when adding an article to a SQL ServerSQL Server Publisher.

[ @fire_triggers_on_snapshot = ] 'fire_triggers_on_snapshot' レプリケートされている場合は、初期スナップショットが適用されるときに、ユーザー トリガーが実行されます。[ @fire_triggers_on_snapshot = ] 'fire_triggers_on_snapshot' Is if replicated user triggers are executed when the initial snapshot is applied. fire_triggers_on_snapshotnvarchar (5)、既定値は FALSE。fire_triggers_on_snapshot is nvarchar(5), with a default of FALSE. trueスナップショットが適用されるときに、レプリケートされたテーブル上でユーザー トリガーが実行されることを意味します。true means that user triggers on a replicated table are executed when the snapshot is applied. トリガーをレプリケートするためのビットマスク値schema_option値を含める必要があります0x100します。In order for triggers to be replicated, the bitmask value of schema_option must include the value 0x100.

リターン コードの値Return Code Values

0 (成功) または1 (失敗)0 (success) or 1 (failure)

コメントRemarks

sp_addarticleスナップショット レプリケーションまたはトランザクション レプリケーションで使用されます。sp_addarticle is used in snapshot replication or transactional replication.

既定では、列データ型がレプリケーションによってサポートされていない場合は、レプリケーションによってソース テーブル内の列がパブリッシュされることはありません。By default, replication does not publish any columns in the source table when the column data type is not supported by replication. 実行する必要があります、このような列をパブリッシュする必要がある場合sp_articlecolumn列を追加します。If you need to publish such a column, you must execute sp_articlecolumn to add the column.

ピア ツー ピア トランザクション レプリケーションをサポートするパブリケーションにアーティクルを追加するときに、次の制限が適用されます。When adding an article to a publication that supports peer-to-peer transactional replication, the following restrictions apply:

  • すべての 'logbased' アーティクルに対してパラメーター化されたステートメントを指定する必要があります。Parameterized statements must be specified for all logbased articles. 含める必要があります16で、状態値。You must include 16 in the status value.

  • 変換先テーブルの名前と所有者は、ソース テーブルと一致する必要があります。Name and owner of the destination table must match the source table.

  • アーティクルは、行方向または列方向にフィルター選択することはできません。The article cannot be filtered horizontally or vertically.

  • 自動 ID 範囲管理はサポートされていません。Automatic identity range management is not supported. マニュアルの値を指定する必要がありますidentityrangemanagementoptionします。You must specify a value of manual for identityrangemanagementoption.

  • 場合、タイムスタンプテーブルの列が存在するに 0x08 を含める必要がありますschema_optionとして列をレプリケートするタイムスタンプします。If a timestamp column exists in the table, you must include 0x08 in schema_option to replicate the column as timestamp.

  • SQLは指定できませんins_cmdupd_cmd、およびdel_cmdします。A value of SQL cannot be specified for ins_cmd, upd_cmd, and del_cmd.

詳細については、「 Peer-to-Peer Transactional Replication」を参照してください。For more information, see Peer-to-Peer Transactional Replication.

オブジェクトを発行するときに、その定義がサブスクライバーにコピーされます。When you publish objects, their definitions are copied to Subscribers. その他の 1 つまたは複数のオブジェクトに依存するデータベース オブジェクトをパブリッシュする場合は、すべての参照先オブジェクトを発行する必要があります。If you are publishing a database object that depends on one or more other objects, you must publish all referenced objects. たとえば、テーブルに依存しているビューをパブリッシュする場合は、そのテーブルもパブリッシュする必要があります。For example, if you publish a view that depends on a table, you must publish the table also.

場合vertical_partitionに設定されているtruesp_addarticleまでビューの作成を延期sp_articleview (後に呼び出されます最後のsp_articlecolumnが追加されます)。If vertical_partition is set to true, sp_addarticle defers the creation of the view until sp_articleview is called (after the last sp_articlecolumn is added).

パブリケーションのサブスクリプションと、パブリッシュされたテーブルの更新が許可する場合、必要はありません、 uniqueidentifier列、 sp_addarticleを追加、一意識別子列テーブルに自動的にします。If the publication allows updating subscriptions and the published table does not have a uniqueidentifier column, sp_addarticle adds a uniqueidentifier column to the table automatically.

インスタンスではないサブスクライバーにレプリケートするときにSQL ServerSQL Server(異種レプリケーション) のみTransact-SQLTransact-SQLステートメントはサポートされて挿入UPDATE、および削除コマンド。When replicating to a subscriber that is not an instance of SQL ServerSQL Server (heterogeneous replication), only Transact-SQLTransact-SQL statements are supported for INSERT, UPDATE, and DELETE commands.

ログ リーダー エージェントが実行されている場合は、ピア ツー ピア パブリケーションにアーティクルを追加と、ログ リーダー エージェントと、アーティクルを追加するプロセスの間デッドロックが発生することができます。When the log reader agent is running, adding an article to a peer-to-peer publication can cause a deadlock between the log reader agent and the process that adds the article. アーティクルを追加するノードをログ リーダー エージェントを停止する場合、レプリケーション モニターの使用をピア ツー ピア パブリケーションにアーティクルを追加する前に、この問題を回避します。To avoid this issue, before adding an article to a peer-to-peer publication use the Replication Monitor to stop the log reader agent on the node where you are adding the article. アーティクルを追加した後、ログ リーダー エージェントを再起動します。Restart the log reader agent after adding the article.

設定するときに@del_cmd = 'NONE'または@ins_cmd = 'NONE'の伝達更新コマンドは、範囲指定された更新が発生した場合、これらのコマンドを送信しないことにより影響も可能性があります。When setting @del_cmd = 'NONE' or @ins_cmd = 'NONE', the propagation of UPDATE commands might also be affected by not sending those commands when a bounded update occurs. (範囲指定された更新は、サブスクライバーで DELETE/INSERT ペアとしてレプリケートするパブリッシャーの UPDATE ステートメントの種類です)。(A bounded update is type of UPDATE statement from the publisher that replicates as a DELETE/INSERT pair on the subscriber.)

既定のスキーマ オプションDefault Schema Options

次の表は、レプリケーションによって設定される場合は既定値を示しますschema_optionsがこの値が (上部に表示される) レプリケーションの種類およびアーティクルの種類 (最初の列 1) に依存する場所、ユーザーが指定されていません。This table describes the default value set by replication if schema_options is not specified by the user, where this value depends on the replication type (shown across the top) and the article type (shown down the first column).

アーティクルの種類Article type レプリケーションの種類Replication type
トランザクションTransactional スナップショットSnapshot
集計スキーマのみaggregate schema only 0x010x01 0x010x01
func スキーマのみfunc schema only 0x010x01 0x010x01
インデックス付きビュー スキーマのみindexed view schema only 0x010x01 0x010x01
インデックス付きビュー ' logbased 'indexed view logbased 0x30F30x30F3 0x30710x3071
インデックス付きビューの対数の底 manualbothindexed view logbase manualboth 0x30F30x30F3 0x30710x3071
logbased manualfilter のインデックス付きビューindexed view logbased manualfilter 0x30F30x30F3 0x30710x3071
logbased manualview のインデックス付きビューindexed view logbased manualview 0x30F30x30F3 0x30710x3071
logbasedlogbased 0x30F30x30F3 0x30710x3071
logbased manualfilterlogbased manualfilter 0x30F30x30F3 0x30710x3071
logbased manualviewlogbased manualview 0x30F30x30F3 0x30710x3071
proc execproc exec 0x010x01 0x010x01
proc スキーマのみproc schema only 0x010x01 0x010x01
serializable proc execserializable proc exec 0x010x01 0x010x01
ビュー スキーマのみview schema only 0x010x01 0x010x01

注意

パブリケーションがキュー更新を有効になっている場合、 schema_option @property 0x80の表に示す既定値に追加されます。If a publication is enabled for queued updating, a schema_option value of 0x80 is added to the default value shown in the table. 既定のschema_option以外のSQL ServerSQL Serverパブリケーションは0x050D3します。The default schema_option for a non- SQL ServerSQL Server publication is 0x050D3.

有効なスキーマ オプションValid Schema Options

この表に指定できる値schema_option (上部に表示される) レプリケーションの種類およびアーティクルの種類 (最初の列 1) に基づいています。This table describes the allowable values of schema_option based upon the replication type (shown across the top) and the article type (shown down the first column).

アーティクルの種類Article type レプリケーションの種類Replication type
トランザクションTransactional スナップショットSnapshot
logbasedlogbased すべてのオプションAll options すべてのオプションが0x02All options but 0x02
logbased manualfilterlogbased manualfilter すべてのオプションAll options すべてのオプションが0x02All options but 0x02
logbased manualviewlogbased manualview すべてのオプションAll options すべてのオプションが0x02All options but 0x02
インデックス付きビュー ' logbased 'indexed view logbased すべてのオプションAll options すべてのオプションが0x02All options but 0x02
logbased manualfilter のインデックス付きビューindexed view logbased manualfilter すべてのオプションAll options すべてのオプションが0x02All options but 0x02
logbased manualview のインデックス付きビューindexed view logbased manualview すべてのオプションAll options すべてのオプションが0x02All options but 0x02
インデックス付きビューの対数の底 manualbothindexed view logbase manualboth すべてのオプションAll options すべてのオプションが0x02All options but 0x02
proc execproc exec 0x010x200x20000x4000000x8000000x20000000x80000000x100000000x200000000x40000000、および0x800000000x01, 0x20, 0x2000, 0x400000, 0x800000, 0x2000000, 0x8000000, 0x10000000, 0x20000000, 0x40000000, and 0x80000000 0x010x200x20000x4000000x8000000x20000000x80000000x100000000x200000000x40000000、および0x800000000x01, 0x20, 0x2000, 0x400000, 0x800000, 0x2000000, 0x8000000, 0x10000000, 0x20000000, 0x40000000, and 0x80000000
serializable proc execserializable proc exec 0x010x200x20000x4000000x8000000x20000000x80000000x100000000x200000000x40000000、および0x800000000x01, 0x20, 0x2000, 0x400000, 0x800000, 0x2000000, 0x8000000, 0x10000000, 0x20000000, 0x40000000, and 0x80000000 0x010x200x20000x4000000x8000000x20000000x80000000x100000000x200000000x40000000、および0x800000000x01, 0x20, 0x2000, 0x400000, 0x800000, 0x2000000, 0x8000000, 0x10000000, 0x20000000, 0x40000000, and 0x80000000
proc スキーマのみproc schema only 0x010x200x20000x4000000x8000000x20000000x80000000x100000000x200000000x40000000、および0x800000000x01, 0x20, 0x2000, 0x400000, 0x800000, 0x2000000, 0x8000000, 0x10000000, 0x20000000, 0x40000000, and 0x80000000 0x010x200x20000x4000000x8000000x20000000x80000000x100000000x200000000x40000000、および0x800000000x01, 0x20, 0x2000, 0x400000, 0x800000, 0x2000000, 0x8000000, 0x10000000, 0x20000000, 0x40000000, and 0x80000000
ビュー スキーマのみview schema only 0x010x0100x0200x0400x01000x20000x400000x1000000x2000000x4000000x8000000x20000000x80000000x40000000、および0x800000000x01, 0x010, 0x020, 0x040, 0x0100, 0x2000, 0x40000, 0x100000, 0x200000, 0x400000, 0x800000, 0x2000000, 0x8000000, 0x40000000, and 0x80000000 0x010x0100x0200x0400x01000x20000x400000x1000000x2000000x4000000x8000000x20000000x80000000x40000000、および0x800000000x01, 0x010, 0x020, 0x040, 0x0100, 0x2000, 0x40000, 0x100000, 0x200000, 0x400000, 0x800000, 0x2000000, 0x8000000, 0x40000000, and 0x80000000
func スキーマのみfunc schema only 0x010x200x20000x4000000x8000000x20000000x80000000x100000000x200000000x40000000、および0x800000000x01, 0x20, 0x2000, 0x400000, 0x800000, 0x2000000, 0x8000000, 0x10000000, 0x20000000, 0x40000000, and 0x80000000 0x010x200x20000x4000000x8000000x20000000x80000000x100000000x200000000x40000000、および0x800000000x01, 0x20, 0x2000, 0x400000, 0x800000, 0x2000000, 0x8000000, 0x10000000, 0x20000000, 0x40000000, and 0x80000000
インデックス付きビュー スキーマのみindexed view schema only 0x010x0100x0200x0400x01000x20000x400000x1000000x2000000x4000000x8000000x20000000x80000000x40000000、および0x800000000x01, 0x010, 0x020, 0x040, 0x0100, 0x2000, 0x40000, 0x100000, 0x200000, 0x400000, 0x800000, 0x2000000, 0x8000000, 0x40000000, and 0x80000000 0x010x0100x0200x0400x01000x20000x400000x1000000x2000000x4000000x8000000x20000000x80000000x40000000、および0x800000000x01, 0x010, 0x020, 0x040, 0x0100, 0x2000, 0x40000, 0x100000, 0x200000, 0x400000, 0x800000, 0x2000000, 0x8000000, 0x40000000, and 0x80000000

注意

更新パブリケーションのキューに置かれた場合、 schema_option0x80000x80有効にする必要があります。For queued updating publications, the schema_option values of 0x8000 and 0x80 must be enabled. サポートされているschema_option値以外SQL ServerSQL Serverパブリケーションは。0x010x020x100x400x800x10000x40000X8000します。The supported schema_option values for non- SQL ServerSQL Server publications are: 0x01, 0x02, 0x10, 0x40, 0x80, 0x1000, 0x4000 and 0X8000.

Example

DECLARE @publication    AS sysname;
DECLARE @table AS sysname;
DECLARE @filterclause AS nvarchar(500);
DECLARE @filtername AS nvarchar(386);
DECLARE @schemaowner AS sysname;
SET @publication = N'AdvWorksProductTran'; 
SET @table = N'Product';
SET @filterclause = N'[DiscontinuedDate] IS NULL'; 
SET @filtername = N'filter_out_discontinued';
SET @schemaowner = N'Production';

-- Add a horizontally and vertically filtered article for the Product table.
-- Manually set @schema_option to ensure that the Production schema 
-- is generated at the Subscriber (0x8000000).
EXEC sp_addarticle 
    @publication = @publication, 
    @article = @table, 
    @source_object = @table,
    @source_owner = @schemaowner, 
    @schema_option = 0x80030F3,
    @vertical_partition = N'true', 
    @type = N'logbased',
    @filter_clause = @filterclause;

-- (Optional) Manually call the stored procedure to create the 
-- horizontal filtering stored procedure. Since the type is 
-- 'logbased', this stored procedures is executed automatically.
EXEC sp_articlefilter 
    @publication = @publication, 
    @article = @table, 
    @filter_clause = @filterclause, 
    @filter_name = @filtername;

-- Add all columns to the article.
EXEC sp_articlecolumn 
    @publication = @publication, 
    @article = @table;

-- Remove the DaysToManufacture column from the article
EXEC sp_articlecolumn 
    @publication = @publication, 
    @article = @table, 
    @column = N'DaysToManufacture', 
    @operation = N'drop';

-- (Optional) Manually call the stored procedure to create the 
-- vertical filtering view. Since the type is 'logbased', 
-- this stored procedures is executed automatically.
EXEC sp_articleview 
    @publication = @publication, 
    @article = @table,
    @filter_clause = @filterclause;
GO

アクセス許可Permissions

メンバーのみ、 sysadmin固定サーバー ロールまたはdb_owner固定データベース ロールが実行できるsp_addarticleします。Only members of the sysadmin fixed server role or db_owner fixed database role can execute sp_addarticle.

参照See Also

Define an Article Define an Article
sp_articlecolumn (Transact-SQL) sp_articlecolumn (Transact-SQL)
sp_articlefilter (Transact-SQL) sp_articlefilter (Transact-SQL)
sp_articleview (TRANSACT-SQL) sp_articleview (Transact-SQL)
sp_changearticle (Transact-SQL) sp_changearticle (Transact-SQL)
sp_droparticle (Transact-SQL) sp_droparticle (Transact-SQL)
sp_helparticle (Transact-SQL) sp_helparticle (Transact-SQL)
sp_helparticlecolumns (TRANSACT-SQL) sp_helparticlecolumns (Transact-SQL)
レプリケーション ストアド プロシージャ (Transact-SQL) Replication Stored Procedures (Transact-SQL)
データとデータベース オブジェクトのパブリッシュPublish Data and Database Objects