sp_addpublication (Transact-sql)sp_addpublication (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database (Managed Instance のみ) ×Azure SQL Data Warehouse ×Parallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database (Managed Instance only) noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

スナップショットパブリケーションまたはトランザクションパブリケーションを作成します。Creates a snapshot or transactional publication. このストアド プロシージャは、パブリッシャー側でパブリケーション データベースについて実行されます。This stored procedure is executed at the Publisher on the publication database.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
sp_addpublication [ @publication = ] 'publication'  
    [ , [ @taskid = ] tasked ]  
    [ , [ @restricted = ] 'restricted' ]  
    [ , [ @sync_method = ] 'sync_method' ]  
    [ , [ @repl_freq = ] 'repl_freq' ]  
    [ , [ @description = ] 'description' ]  
    [ , [ @status = ] 'status' ]  
    [ , [ @independent_agent = ] 'independent_agent' ]  
    [ , [ @immediate_sync = ] 'immediate_sync' ]  
    [ , [ @enabled_for_internet = ] 'enabled_for_internet' ]  
    [ , [ @allow_push = ] 'allow_push'  
    [ , [ @allow_pull = ] 'allow_pull' ]  
    [ , [ @allow_anonymous = ] 'allow_anonymous' ]  
    [ , [ @allow_sync_tran = ] 'allow_sync_tran' ]  
    [ , [ @autogen_sync_procs = ] 'autogen_sync_procs' ]  
    [ , [ @retention = ] retention ]  
    [ , [ @allow_queued_tran= ] 'allow_queued_updating' ]  
    [ , [ @snapshot_in_defaultfolder= ] 'snapshot_in_default_folder' ]  
    [ , [ @alt_snapshot_folder= ] 'alternate_snapshot_folder' ]  
    [ , [ @pre_snapshot_script= ] 'pre_snapshot_script' ]  
    [ , [ @post_snapshot_script= ] 'post_snapshot_script' ]  
    [ , [ @compress_snapshot= ] 'compress_snapshot' ]  
    [ , [ @ftp_address = ] 'ftp_address' ]  
    [ , [ @ftp_port= ] ftp_port ]  
    [ , [ @ftp_subdirectory = ] 'ftp_subdirectory' ]  
    [ , [ @ftp_login = ] 'ftp_login' ]  
    [ , [ @ftp_password = ] 'ftp_password' ]  
    [ , [ @allow_dts = ] 'allow_dts' ]  
    [ , [ @allow_subscription_copy = ] 'allow_subscription_copy' ]  
    [ , [ @conflict_policy = ] 'conflict_policy' ]  
    [ , [ @centralized_conflicts = ] 'centralized_conflicts' ]   
    [ , [ @conflict_retention = ] conflict_retention ]  
    [ , [ @queue_type = ] 'queue_type' ]  
    [ , [ @add_to_active_directory = ] 'add_to_active_directory' ]  
    [ , [ @logreader_job_name = ] 'logreader_agent_name' ]  
    [ , [ @qreader_job_name = ] 'queue_reader_agent_name' ]  
    [ , [ @publisher = ] 'publisher' ]   
    [ , [ @allow_initialize_from_backup = ] 'allow_initialize_from_backup' ]  
    [ , [ @replicate_ddl = ] replicate_ddl ]  
    [ , [ @enabled_for_p2p = ] 'enabled_for_p2p' ]  
    [ , [ @publish_local_changes_only = ] 'publish_local_changes_only' ]  
    [ , [ @enabled_for_het_sub = ] 'enabled_for_het_sub' ]  
    [ , [ @p2p_conflictdetection = ] 'p2p_conflictdetection' ]  
    [ , [ @p2p_originator_id = ] p2p_originator_id  
    [ , [ @p2p_continue_onconflict = ] 'p2p_continue_onconflict'  
    [ , [ @allow_partition_switch = ] 'allow_partition_switch'  
    [ , [ @replicate_partition_switch = ]'replicate_partition_switch'  

引数Arguments

[ \@publication = ] 'publication'作成するパブリケーションの名前を指定します。[ \@publication = ] 'publication' Is the name of the publication to create. パブリケーションsysname 、既定値はありません。publication is sysname, with no default. 名前はデータベース内で一意である必要があります。The name must be unique within the database.

[ \@taskid = ] taskid旧バージョンとの互換性のためにのみサポートされています。 (sp_addpublication_snapshot)を使用します。[ \@taskid = ] taskid Supported for backward compatibility only; use sp_addpublication_snapshot (Transact-SQL).

[ \@restricted = ] 'restricted'旧バージョンとの互換性のためにのみサポートされています。default_accessを使用します。[ \@restricted = ] 'restricted' Supported for backward compatibility only; use default_access.

[ \@sync_method = ] _'sync_method'は同期モードです。[ \@sync_method = ] _'sync_method' Is the synchronization mode. sync_methodnvarchar (13) ,、値は次のいずれかを指定することができます。sync_method is nvarchar(13), and can be one of the following values.

Value 説明Description
nativenative すべてのテーブルのネイティブモードの一括コピープログラム出力を生成します。Produces native-mode bulk copy program output of all tables. Oracle パブリッシャーではサポートされていませんNot supported for Oracle Publishers.
charactercharacter すべてのテーブルのキャラクターモードの一括コピープログラム出力を生成します。Produces character-mode bulk copy program output of all tables. _Oracle パブリッシャーの_場合文字_スナップショットレプリケーションでのみ有効_です。For an Oracle Publisher, character is valid only for snapshot replication.
同時concurrent すべてのテーブルのネイティブモードの一括コピープログラム出力を生成しますが、スナップショット中はテーブルをロックしません。Produces native-mode bulk copy program output of all tables but does not lock tables during the snapshot. トランザクションパブリケーションでのみサポートされます。Only supported for transactional publications. Oracle パブリッシャーではサポートされていませんNot supported for Oracle Publishers.
concurrent_cconcurrent_c すべてのテーブルのキャラクターモードの一括コピープログラム出力を生成しますが、スナップショット中はテーブルをロックしません。Produces character-mode bulk copy program output of all tables but does not lock tables during the snapshot. トランザクションパブリケーションでのみサポートされます。Only supported for transactional publications.
データベーススナップショットdatabase snapshot データベース スナップショットから、すべてのテーブルのネイティブ モードの一括コピー プログラム出力を作成します。Produces native-mode bulk copy program output of all tables from a database snapshot. データベーススナップショットは、のすべてのMicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Serverエディションで使用できるわけではありません。Database snapshots are not available in every edition of MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server. SQL ServerSQL Serverの各エディションでサポートされる機能の一覧については、「 SQL Server 2016 の各エディションがサポートする機能」を参照してください。For a list of features that are supported by the editions of SQL ServerSQL Server, see Features Supported by the Editions of SQL Server 2016.
データベーススナップショットの文字database snapshot character データベーススナップショットから、すべてのテーブルのキャラクターモードの一括コピープログラム出力を生成します。Produces character-mode bulk copy program output of all tables from a database snapshot. データベーススナップショットは、のすべてのMicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Serverエディションで使用できるわけではありません。Database snapshots are not available in every edition of MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server. SQL ServerSQL Serverの各エディションでサポートされる機能の一覧については、「 SQL Server 2016 の各エディションがサポートする機能」を参照してください。For a list of features that are supported by the editions of SQL ServerSQL Server, see Features Supported by the Editions of SQL Server 2016.
NULL (既定値)NULL (default) パブリッシャーの MicrosoftMicrosoft 既定値はnativeSQL ServerSQL Serverです。Defaults to native for MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server Publishers. SQL ServerSQL Server以外のパブリッシャーの場合、 repl_freqの値がSnapshotに設定されている場合は文字が使用され、それ以外の場合はconcurrent_cになります。For non-SQL ServerSQL Server Publishers, defaults to character when the value of repl_freq is Snapshot and to concurrent_c for all other cases.

[ \@repl_freq = ] 'repl_freq'レプリケーション頻度の種類を指定します。 repl_freqnvarchar (10) で、次のいずれかの値を指定できます。[ \@repl_freq = ] 'repl_freq' Is the type of replication frequency, repl_freq is nvarchar(10), and can be one of the following values.

Value 説明Description
継続的標準continuous (default) すべてのログベースのトランザクションの出力をパブリッシュする。Publisher provides output of all log-based transactions. 以外SQL ServerSQL Serverのパブリッシャーの場合は、 sync_methodconcurrent_cに設定する必要があります。For non-SQL ServerSQL Server Publishers, this requires that sync_method be set to concurrent_c.
ショットsnapshot スケジュールされた同期イベントのみをパブリッシュする。Publisher produces only scheduled synchronization events. 以外SQL ServerSQL Serverのパブリッシャーの場合は、 sync_methodcharacterに設定する必要があります。For non-SQL ServerSQL Server Publishers, this requires that sync_method be set to character.

[ \@description = ] 'description'パブリケーションの説明を指定します (省略可能)。[ \@description = ] 'description' Is an optional description for the publication. 説明nvarchar (255) ,、既定値は NULL です。description is nvarchar(255), with a default of NULL.

[ \@status = ] 'status'パブリケーションデータを使用できるかどうかを指定します。[ \@status = ] 'status' Specifies if publication data is available. 状態nvarchar (8) ,、値は次のいずれかを指定することができます。status is nvarchar(8), and can be one of the following values.

Value 説明Description
能動的active サブスクライバーでパブリケーション データを直ちに使用できる。Publication data is available for Subscribers immediately.
非アクティブ標準inactive (default) パブリケーションが最初に作成されたときは、パブリケーションデータを使用できません (サブスクライブすることはできますが、サブスクリプションは処理されません)。Publication data is not available for Subscribers when the publication is first created (they can subscribe, but the subscriptions are not processed).

Oracle パブリッシャーではサポートされていませんNot supported for Oracle Publishers.

[ \@independent_agent = ] 'independent_agent'このパブリケーションに対してスタンドアロンのディストリビューションエージェントがあるかどうかを指定します。[ \@independent_agent = ] 'independent_agent' Specifies if there is a stand-alone Distribution Agent for this publication. independent_agentnvarchar (5) ,、既定値は FALSE。independent_agent is nvarchar(5), with a default of FALSE. Trueの場合、このパブリケーションにはスタンドアロンのディストリビューションエージェントがあります。If true, there is a stand-alone Distribution Agent for this publication. Falseの場合、パブリケーションは共有ディストリビューションエージェントを使用し、各パブリッシャーデータベース/サブスクライバーデータベースのペアには1つの共有エージェントが存在します。If false, the publication uses a shared Distribution Agent, and each Publisher database/Subscriber database pair has a single, shared Agent.

[ \@immediate_sync = ] 'immediate_synchronization'スナップショットエージェントを実行するたびに、パブリケーションの同期ファイルを作成するかどうかを指定します。[ \@immediate_sync = ] 'immediate_synchronization' Specifies if the synchronization files for the publication are created each time the Snapshot Agent runs. immediate_synchronizationnvarchar (5) ,、既定値は FALSE。immediate_synchronization is nvarchar(5), with a default of FALSE. Trueの場合、スナップショットエージェントが実行されるたびに同期ファイルが作成または再作成されます。If true, the synchronization files are created or re-created each time the Snapshot Agent runs. サブスクリプションが作成される前にスナップショットエージェントが完了している場合、サブスクライバーはすぐに同期ファイルを取得できます。Subscribers are able to get the synchronization files immediately if the Snapshot Agent has completed before the subscription is created. 新しいサブスクリプションは、最近実行されたスナップショット エージェントによって生成された最新の同期ファイルを取得します。New subscriptions get the newest synchronization files generated by the most recent execution of the Snapshot Agent. immediate_synchronizationtrueにするには、 independent_agenttrueである必要があります。independent_agent must be true for immediate_synchronization to be true. Falseの場合、新しいサブスクリプションがある場合にのみ、同期ファイルが作成されます。If false, the synchronization files are created only if there are new subscriptions. 既存のパブリケーションに新しいアーティクルを段階的に追加する場合は、サブスクリプションごとにsp_addsubscriptionを呼び出す必要があります。You must call sp_addsubscription for each subscription when you incrementally add a new article to an existing publication. サブスクリプションの後、スナップショット エージェントが起動して完了するまでは、サブスクライバーでは同期ファイルを取得できません。Subscribers cannot receive the synchronization files after the subscription until the Snapshot Agents are started and completed.

[ \@enabled_for_internet = ] 'enabled_for_internet'パブリケーションがインターネットに対して有効になっているかどうかを指定し、ファイル転送プロトコル (FTP) を使用してスナップショットファイルをサブスクライバーに転送できるかどうかを指定します。[ \@enabled_for_internet = ] 'enabled_for_internet' Specifies if the publication is enabled for the Internet, and determines if file transfer protocol (FTP) can be used to transfer the snapshot files to a subscriber. enabled_for_internetnvarchar (5) ,、既定値は FALSE。enabled_for_internet is nvarchar(5), with a default of FALSE. Trueの場合、パブリケーションの同期ファイルは C:\PROGRAM are SQL Server\MSSQL\MSSQL.x\Repldata\Ftp ディレクトリに格納されます。If true, the synchronization files for the publication are put into the C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL\MSSQL.x\Repldata\Ftp directory. ユーザーは Ftp ディレクトリを作成する必要があります。The user must create the Ftp directory.

[ \@allow_push = ] 'allow_push'指定されたパブリケーションに対してプッシュサブスクリプションを作成できるかどうかを指定します。[ \@allow_push = ] 'allow_push' Specifies if push subscriptions can be created for the given publication. allow_pushnvarchar (5) ,、既定値は TRUE の場合、パブリケーションに対してプッシュサブスクリプションを許可します。allow_push is nvarchar(5), with a default of TRUE, which allows push subscriptions on the publication.

[ \@allow_pull = ] 'allow_pull'指定されたパブリケーションに対してプルサブスクリプションを作成できるかどうかを指定します。[ \@allow_pull = ] 'allow_pull' Specifies if pull subscriptions can be created for the given publication. allow_pullnvarchar (5) ,、既定値は FALSE。allow_pull is nvarchar(5), with a default of FALSE. Falseの場合、パブリケーションに対するプルサブスクリプションは許可されません。If false, pull subscriptions are not allowed on the publication.

[ \@allow_anonymous = ] 'allow_anonymous'指定されたパブリケーションに対して匿名サブスクリプションを作成できるかどうかを指定します。[ \@allow_anonymous = ] 'allow_anonymous' Specifies if anonymous subscriptions can be created for the given publication. allow_anonymousnvarchar (5) ,、既定値は FALSE。allow_anonymous is nvarchar(5), with a default of FALSE. Trueの場合、 immediate_synchronizationtrueに設定する必要があります。If true, immediate_synchronization must also be set to true. Falseの場合、パブリケーションに対して匿名サブスクリプションは許可されません。If false, anonymous subscriptions are not allowed on the publication.

[ \@allow_sync_tran = ] 'allow_sync_tran'パブリケーションで即時更新サブスクリプションを許可するかどうかを指定します。[ \@allow_sync_tran = ] 'allow_sync_tran' Specifies if immediate-updating subscriptions are allowed on the publication. allow_sync_trannvarchar (5) ,、既定値は FALSE。allow_sync_tran is nvarchar(5), with a default of FALSE. Oracle パブリッシャーでは、true はサポートされていませんtrue is Not supported for Oracle Publishers.

[ \@autogen_sync_procs = ] 'autogen_sync_procs'更新サブスクリプションの同期ストアドプロシージャがパブリッシャーで生成されるかどうかを指定します。[ \@autogen_sync_procs = ] 'autogen_sync_procs' Specifies if the synchronizing stored procedure for updating subscriptions is generated at the Publisher. autogen_sync_procsnvarchar (5) ,、値は次のいずれかを指定することができます。autogen_sync_procs is nvarchar(5), and can be one of the following values.

[値]Value 説明Description
truetrue 更新サブスクリプションが有効になっている場合に自動的に設定します。Set automatically when updating subscriptions is enabled.
falsefalse 更新サブスクリプションが無効の場合、または Oracle パブリッシャーの場合、自動的に生成される。Set automatically when updating subscriptions is not enabled or for Oracle Publishers.
NULL (既定値)NULL (default) 更新サブスクリプションが有効になっている場合の既定値はtrueで、更新サブスクリプションが有効になっていない場合はfalseになります。Defaults to true when updating subscriptions is enabled and to false when updating subscriptions is not enabled.

注意

Autogen_sync_procsに対してユーザーが指定した値は、 allow_queued_tranおよびallow_sync_tranに指定された値によって上書きされます。The user supplied value for autogen_sync_procswill be overridden depending on the values specified for allow_queued_tran and allow_sync_tran.

[ \@retention = ] retentionサブスクリプションアクティビティの保有期間を時間単位で示します。[ \@retention = ] retention Is the retention period in hours for subscription activity. リテンション期間int,、既定値は336時間です。retention is int, with a default of 336 hours. サブスクリプションは、保有期間内に非アクティブになると、期限切れとなって削除されます。If a subscription is not active within the retention period, it expires and is removed. 値は、パブリッシャーによって使用されるディストリビューションデータベースの最大保有期間よりも長くすることができます。The value can be greater than the maximum retention period of the distribution database used by the Publisher. 0の場合、パブリケーションに対する既知のサブスクリプションは有効期限が切れず、有効期限が切れたサブスクリプションクリーンアップエージェントによって削除されます。If 0, well-known subscriptions to the publication will never expire and be removed by the Expired Subscription Cleanup Agent.

[ \@allow_queued_tran = ] 'allow_queued_updating'パブリッシャーで適用できるようになるまで、サブスクライバーでの変更のキュー登録を有効または無効にします。[ \@allow_queued_tran = ] 'allow_queued_updating' Enables or disables queuing of changes at the Subscriber until they can be applied at the Publisher. allow_queued_updatingnvarchar (5) 既定値は FALSE です。allow_queued_updating is nvarchar(5) with a default of FALSE. Falseの場合、サブスクライバーでの変更はキューに登録されません。If false, changes at the Subscriber are not queued. Oracle パブリッシャーでは、true はサポートされていませんtrue is Not supported for Oracle Publishers.

[ \@snapshot_in_defaultfolder = ] 'snapshot_in_default_folder'スナップショットファイルを既定のフォルダーに格納するかどうかを指定します。[ \@snapshot_in_defaultfolder = ] 'snapshot_in_default_folder' Specifies if snapshot files are stored in the default folder. snapshot_in_default_foldernvarchar (5) 既定値は TRUE です。snapshot_in_default_folder is nvarchar(5) with a default of TRUE. Trueの場合、スナップショットファイルは既定のフォルダーにあります。If true, snapshot files can be found in the default folder. Falseの場合、スナップショットファイルはalternate_snapshot_folderで指定された別の場所に格納されています。If false, snapshot files have been stored in the alternate location specified by alternate_snapshot_folder. 別のサーバー、ネットワークドライブ、またはリムーバブルメディア (CD-ROM やリムーバブルディスクなど) に別の場所を配置することもできます。Alternate locations can be on another server, on a network drive, or on removable media (such as CD-ROM or removable disks). スナップショット ファイルを FTP サイトに保存し、後でサブスクライバーで取得することもできます。You can also save the snapshot files to an FTP site, for retrieval by the Subscriber at a later time. このパラメーターは true であっても、 @alt_snapshot_folderパラメーター内に位置があることに注意してください。Note that this parameter can be true and still have a location in the @alt_snapshot_folder parameter. この組み合わせでは、スナップショットファイルが既定の場所と代替の場所の両方に格納されることを指定します。This combination specifies that the snapshot files will be stored in both the default and alternate locations.

[ \@alt_snapshot_folder = ] 'alternate_snapshot_folder'スナップショットの代替フォルダーの場所を指定します。[ \@alt_snapshot_folder = ] 'alternate_snapshot_folder' Specifies the location of the alternate folder for the snapshot. alternate_snapshot_foldernvarchar (255) 既定値は NULL です。alternate_snapshot_folder is nvarchar(255) with a default of NULL.

[ \@pre_snapshot_script = ] 'pre_snapshot_script' .Sqlファイルの場所へのポインターを指定します。[ \@pre_snapshot_script = ] 'pre_snapshot_script' Specifies a pointer to an .sql file location. pre_snapshot_scriptnvarchar (255),、 既定値は NULL です。pre_snapshot_script is nvarchar(255), with a default of NULL. ディストリビューションエージェントは、サブスクライバーでスナップショットを適用するときに、レプリケートされたオブジェクトスクリプトを実行する前に、プリスナップショットスクリプトを実行します。The Distribution Agent will run the pre-snapshot script before running any of the replicated object scripts when applying a snapshot at a Subscriber. このスクリプトは、サブスクリプションデータベースに接続するときに、ディストリビューションエージェントによって使用されるセキュリティコンテキストで実行されます。The script is executed in the security context used by the Distribution Agent when connecting to the subscription database.

[ \@post_snapshot_script = ] 'post_snapshot_script' .Sqlファイルの場所へのポインターを指定します。[ \@post_snapshot_script = ] 'post_snapshot_script' Specifies a pointer to an .sql file location. post_snapshot_scriptnvarchar (255) ,、既定値は NULL です。post_snapshot_script is nvarchar(255), with a default of NULL. このディストリビューションエージェントでは、すべてのレプリケートされたオブジェクトスクリプトとデータが初期同期中に適用された後に、ポストスナップショットスクリプトが実行されます。The Distribution Agent will run the post-snapshot script after all the other replicated object scripts and data have been applied during an initial synchronization. このスクリプトは、サブスクリプションデータベースに接続するときに、ディストリビューションエージェントによって使用されるセキュリティコンテキストで実行されます。The script is executed in the security context used by the Distribution Agent when connecting to the subscription database.

[ \@compress_snapshot = ] 'compress_snapshot' @Alt_snapshot_folderの場所に書き込まれるスナップショットをMicrosoftMicrosoft CAB 形式で圧縮することを指定します。[ \@compress_snapshot = ] 'compress_snapshot' Specifies that the snapshot that is written to the @alt_snapshot_folder location is to be compressed into the MicrosoftMicrosoft CAB format. compress_snapshotnvarchar (5) ,、既定値は FALSE。compress_snapshot is nvarchar(5), with a default of FALSE. falseを指定すると、スナップショットは圧縮されません。trueを指定すると、スナップショットが圧縮されます。false specifies that the snapshot will not be compressed; true specifies that the snapshot will be compressed. 2 GB を超えるスナップショット ファイルは圧縮できません。Snapshot files that are larger than 2 gigabytes (GB) cannot be compressed. 圧縮スナップショットファイルは、ディストリビューションエージェントが実行されている場所で圧縮解除されます。プルサブスクリプションは、通常、ファイルがサブスクライバーで圧縮されないように、圧縮スナップショットと共に使用されます。Compressed snapshot files are uncompressed at the location where the Distribution Agent runs; pull subscriptions are typically used with compressed snapshots so that files are uncompressed at the Subscriber. 既定のフォルダー内のスナップショットは圧縮できません。The snapshot in the default folder cannot be compressed.

[ \@ftp_address = ] 'ftp_address'ディストリビューター用の FTP サービスのネットワークアドレスを示します。[ \@ftp_address = ] 'ftp_address' Is the network address of the FTP service for the Distributor. ftp_addresssysname,、既定値は NULL です。ftp_address is sysname, with a default of NULL. ここでは、サブスクライバーのディストリビューション エージェントまたはマージ エージェントがパブリケーション スナップショット ファイルを取得する場所を指定します。Specifies where publication snapshot files are located for the Distribution Agent or Merge Agent of a subscriber to pick up. このプロパティは、各パブリケーションに対して格納されるため、各パブリケーションは異なるftp_addressを持つことができます。Since this property is stored for each publication, each publication can have a different ftp_address. パブリケーションは、FTP を使用したスナップショットの配布をサポートしている必要があります。The publication must support propagating snapshots using FTP.

[ \@ftp_port = ] ftp_portディストリビューターの FTP サービスのポート番号を指定します。[ \@ftp_port = ] ftp_port Is the port number of the FTP service for the Distributor. ftp_portint,、既定値は21です。ftp_port is int, with a default of 21. サブスクライバーが取得するディストリビューションエージェントまたはマージエージェントのパブリケーションスナップショットファイルの場所を指定します。Specifies where the publication snapshot files are located for the Distribution Agent or Merge Agent of a subscriber to pick up. このプロパティは、各パブリケーションに対して格納されるため、各パブリケーションは独自のftp_portを持つことができます。Since this property is stored for each publication, each publication can have its own ftp_port.

[ \@ftp_subdirectory = ] 'ftp_subdirectory'パブリケーションで FTP を使用したスナップショットの配布がサポートされている場合に、サブスクライバーのディストリビューションエージェントまたはマージエージェントでスナップショットファイルを取得できる場所を指定します。[ \@ftp_subdirectory = ] 'ftp_subdirectory' Specifies where the snapshot files will be available for the Distribution Agent or Merge Agent of subscriber to pick up if the publication supports propagating snapshots using FTP. ftp_subdirectorynvarchar (255) ,、既定値は NULL です。ftp_subdirectory is nvarchar(255), with a default of NULL. このプロパティはパブリケーションごとに格納されるので、各パブリケーションは独自のftp_subdirctoryを持つことができます。または、NULL 値が指定されたサブディレクトリを選択できません。Since this property is stored for each publication, each publication can have its own ftp_subdirctory or choose to have no subdirectory, indicated with a NULL value.

[ \@ftp_login = ] 'ftp_login'FTP サービスへの接続に使用するユーザー名です。[ \@ftp_login = ] 'ftp_login' Is the username used to connect to the FTP service. ftp_loginsysname,、既定値は ANONYMOUS です。ftp_login is sysname, with a default of ANONYMOUS.

[ \@ftp_password = ] 'ftp_password'FTP サービスへの接続に使用するユーザーパスワードを入力します。[ \@ftp_password = ] 'ftp_password' Is the user password used to connect to the FTP service. ftp_passwordsysname,、既定値は NULL です。ftp_password is sysname, with a default of NULL.

[ \@allow_dts = ] 'allow_dts'パブリケーションがデータ変換を許可することを指定します。[ \@allow_dts = ] 'allow_dts' Specifies that the publication allows data transformations. サブスクリプションを作成するときに DTS パッケージを指定できます。You can specify a DTS package when creating a subscription. allow_transformable_subscriptionsnvarchar (5) 既定値は FALSE では、DTS 変換はできません。allow_transformable_subscriptions is nvarchar(5) with a default of FALSE, which does not allow DTS transformations. Allow_dtsが true の場合、 sync_method文字またはconcurrent_cのいずれかに設定する必要があります。When allow_dts is true, sync_method must be set to either character or concurrent_c.

Oracle パブリッシャーでは、true はサポートされていませんtrue is not supported for Oracle Publishers.

[ \@allow_subscription_copy = ] 'allow_subscription_copy'このパブリケーションをサブスクライブするサブスクリプションデータベースをコピーする機能を有効または無効にします。[ \@allow_subscription_copy = ] 'allow_subscription_copy' Enables or disables the ability to copy the subscription databases that subscribe to this publication. allow_subscription_copynvarchar (5) ,、既定値は FALSE。allow_subscription_copy isnvarchar(5), with a default of FALSE.

[ \@conflict_policy = ] 'conflict_policy'キュー更新サブスクライバーオプションを使用する場合の競合解決ポリシーを指定します。[ \@conflict_policy = ] 'conflict_policy' Specifies the conflict resolution policy followed when the queued updating subscriber option is used. conflict_policynvarchar (100) 既定値は NULL の場合、次のいずれかの値を指定できます。conflict_policy is nvarchar(100) with a default of NULL, and can be one of the following values.

[値]Value 説明Description
pub winspub wins パブリッシャーを優先。Publisher wins the conflict.
サブ reinitsub reinit サブスクライバーを再初期化。Reinitialize the subscription.
サブ winssub wins サブスクライバーを優先。Subscriber wins the conflict.
NULL (既定値)NULL (default) NULL の場合、パブリケーションがスナップショットパブリケーションの場合、既定のポリシーはsub reinitになります。If NULL, and the publication is a snapshot publication, the default policy becomes sub reinit. NULL の場合、パブリケーションがスナップショットパブリケーションでない場合、既定値はpub winsになります。If NULL and the publication is not a snapshot publication, the default becomes pub wins.

Oracle パブリッシャーではサポートされていませんNot supported for Oracle Publishers.

[ \@centralized_conflicts = ] 'centralized_conflicts'競合レコードがパブリッシャーに格納されるかどうかを指定します。[ \@centralized_conflicts = ] 'centralized_conflicts' Specifies if conflict records are stored on the Publisher. centralized_conflictsnvarchar (5) ,、既定値は TRUE です。centralized_conflicts is nvarchar(5), with a default of TRUE. Trueの場合、競合レコードはパブリッシャーに格納されます。If true, conflict records are stored at the Publisher. Falseの場合、競合レコードは、競合の原因となったパブリッシャーとサブスクライバーの両方に格納されます。If false, conflict records are stored at both the publisher and at the subscriber that caused the conflict. Oracle パブリッシャーではサポートされていませんNot supported for Oracle Publishers.

[ \@conflict_retention = ] conflict_retention競合の保有期間を日数で指定します。[ \@conflict_retention = ] conflict_retention Specifies the conflict retention period, in days. これは、ピアツーピアトランザクションレプリケーションおよびキュー更新サブスクリプションの競合メタデータが格納される期間です。This is the period of time that conflict metadata is stored for peer-to-peer transactional replication and queued updating subscriptions. conflict_retentionint,、既定値は14です。conflict_retention is int, with a default of 14. Oracle パブリッシャーではサポートされていませんNot supported for Oracle Publishers.

[ \@queue_type = ] 'queue_type'使用するキューの種類を指定します。[ \@queue_type = ] 'queue_type' Specifies which type of queue is used. queue_typenvarchar (10) ,、既定値は NULL の場合、これらの値のいずれかを指定できます。queue_type is nvarchar(10), with a default of NULL, and can be one of these values.

[値]Value 説明Description
sqlsql トランザクションSQL ServerSQL Serverを格納するために使用します。Use SQL ServerSQL Server to store transactions.
NULL (既定値)NULL (default) 既定値はsqlです。これはSQL ServerSQL Server 、を使用してトランザクションを格納することを指定します。Defaults to sql, which specifies to use SQL ServerSQL Server to store transactions.

注意

MicrosoftMicrosoft Message Queuing (MSMQ) の使用は現在サポートされていません。Support for using MicrosoftMicrosoft Message Queuing has been discontinued. Msmqの値を指定すると、警告が表示され、レプリケーションによって値が自動的にsqlに設定されます。Specifying a value of msmq will result in a warning, and replication will automatically set the value to sql.

Oracle パブリッシャーではサポートされていませんNot supported for Oracle Publishers.

[ \@add_to_active_directory = ] 'add\to_active_directory'このパラメーターは非推奨とされており、スクリプトの旧バージョンとの互換性のためにのみサポートされています。[ \@add_to_active_directory = ] 'add\to_active_directory' This parameter has been deprecated and is only supported for the backward compatibility of scripts. MicrosoftMicrosoft Active Directory にパブリケーション情報を追加できなくなりました。You can no longer add publication information to the MicrosoftMicrosoft Active Directory.

[ \@logreader_job_name = ] 'logreader_agent_name'既存のエージェントジョブの名前を指定します。[ \@logreader_job_name = ] 'logreader_agent_name' Is the name of an existing agent job. logreader_agent_namesysname,、既定値は NULL です。logreader_agent_name is sysname, with a default value of NULL. このパラメーターは、ログ リーダー エージェントで、新しく作成されるジョブではなく既存のジョブが使用される場合にのみ指定します。This parameter is only specified when the Log Reader Agent will use an existing job instead of a new one being created.

[ \@qreader_job_name = ] 'queue_reader_agent_name'既存のエージェントジョブの名前を指定します。[ \@qreader_job_name = ] 'queue_reader_agent_name' Is the name of an existing agent job. queue_reader_agent_namesysname,、既定値は NULL です。queue_reader_agent_name is sysname, with a default value of NULL. このパラメーターは、キューリーダーエージェントが新しいジョブを作成するのではなく、既存のジョブを使用する場合にのみ指定します。This parameter is only specified when the Queue Reader Agent will use an existing job instead of a new one being created.

[ \@publisher = ] 'publisher'以外SQL ServerSQL Serverのパブリッシャーを指定します。[ \@publisher = ] 'publisher' Specifies a non- SQL ServerSQL Server publisher. publishersysnameで、既定値は NULL です。publisher is sysname, with a default of NULL.

注意

パブリッシャーにパブリケーションを追加する場合は、パブリッシャーSQL ServerSQL Server使用しないでください。publisher should not be used when adding a publication to a SQL ServerSQL Server Publisher.

[ \@allow_initialize_from_backup = ] 'allow_initialize_from_backup'サブスクライバーが、初期スナップショットではなくバックアップから、このパブリケーションに対するサブスクリプションを初期化できるかどうかを示します。[ \@allow_initialize_from_backup = ] 'allow_initialize_from_backup' Indicates if Subscribers can initialize a subscription to this publication from a backup rather than an initial snapshot. allow_initialize_from_backupnvarchar (5) ,、次の値のいずれかを指定することができます。allow_initialize_from_backup is nvarchar(5), and can be one of these values:

Value 説明Description
truetrue バックアップからの初期化を有効にする。Enables initialization from a backup.
falsefalse バックアップからの初期化を無効にします。Disables initialization from a backup.
NULL (既定値)NULL (default) ピアツーピアレプリケーショントポロジのパブリケーションでは、既定値はtrueになり、他のすべてのパブリケーションではfalseになります。Defaults to true for a publication in a peer-to-peer replication topology and false for all other publications.

詳細については、「スナップショットを使用しないトランザクション サブスクリプションの初期化」を参照してください。For more information, see Initialize a Transactional Subscription Without a Snapshot.

警告

サブスクライバー データの欠落を回避するために、 sp_addpublication@allow_initialize_from_backup = N'true'を使用する場合は、常に @immediate_sync = N'true'を使用します。To avoid missing subscriber data, when using sp_addpublication with @allow_initialize_from_backup = N'true', always use @immediate_sync = N'true'.

[ \@replicate_ddl = ] replicate_ddlパブリケーションでスキーマレプリケーションがサポートされているかどうかを示します。[ \@replicate_ddl = ] replicate_ddl Indicates if schema replication is supported for the publication. replicate_ddlint,、既定値は 、パブリッシャー SQL ServerSQL Serverの場合は1、以外SQL ServerSQL Serverのパブリッシャーの場合は0です。replicate_ddl is int, with a default of 1 for SQL ServerSQL Server Publishers and 0 for non- SQL ServerSQL Server Publishers. 1は、パブリッシャーで実行されるデータ定義言語 (DDL) ステートメントがレプリケートされることを示し、 0は ddl ステートメントがレプリケートされないことを示します。1 indicates that data definition language (DDL) statements executed at the publisher are replicated, and 0 indicates that DDL statements are not replicated. スキーマレプリケーションは、Oracle パブリッシャーではサポートされていません。Schema replication is not supported for Oracle Publishers. 詳細については、「パブリケーション データベースでのスキーマの変更」を参照してください。For more information, see Make Schema Changes on Publication Databases.

@Replicate_ddl DDL ステートメントは、列を追加するときは、パラメーターを有効にします。The @replicate_ddl parameter is honored when a DDL statement adds a column. @Replicate_ddl DDL ステートメントが変更または次の理由により、列を削除するときに、パラメーターは無視されます。The @replicate_ddl parameter is ignored when a DDL statement alters or drops a column for the following reasons.

  • 列が削除された場合、sysarticlecolumns を更新して、新しい DML ステートメントに削除された列が含まれないようにする必要があります。これにより、ディストリビューションエージェントが失敗する原因となります。When a column is dropped, sysarticlecolumns must be updated to prevent new DML statements from including the dropped column which would cause the distribution agent to fail. @Replicate_ddlレプリケーションは、スキーマの変更を常にレプリケートする必要がありますので、パラメーターは無視されます。The @replicate_ddl parameter is ignored because replication must always replicate the schema change.

  • 列が変更されると、変換元のデータ型または null 値の許容属性が変更され、サブスクライバー側のテーブルと互換性がない可能性のある値が DML ステートメントに含まれる可能性があります。When a column is altered, the source data type or nullability might have changed, causing DML statements to contain a value that may not be compatible with the table at the subscriber. そうした DML ステートメントは、ディストリビューション エージェントが失敗する原因となる場合があります。Such DML statements might cause distribution agent to fail. @Replicate_ddlレプリケーションは、スキーマの変更を常にレプリケートする必要がありますので、パラメーターは無視されます。The @replicate_ddl parameter is ignored because replication must always replicate the schema change.

  • DDL ステートメントによって新しい列が追加された場合、sysarticlecolumns には新しい列は含まれません。When a DDL statement adds a new column, sysarticlecolumns does not include the new column. DML ステートメントでは、新しい列のデータのレプリケートは試行されません。DML statements will not try to replicate data for the new column. DDL をレプリケートするかどうかを指定できるので、パラメーターは受け入れられます。The parameter is honored because either replicating or not replicating the DDL is acceptable.

[ \@enabled_for_p2p = ] 'enabled_for_p2p'ピアツーピアレプリケーショントポロジでパブリケーションを使用できるようにします。[ \@enabled_for_p2p = ] 'enabled_for_p2p' Enables the publication to be used in a peer-to-peer replication topology. enabled_for_p2pnvarchar (5) ,、既定値は FALSE。enabled_for_p2p is nvarchar(5), with a default of FALSE. trueは、パブリケーションがピアツーピアレプリケーションをサポートすることを示します。true indicates that the publication supports peer-to-peer replication. Enabled_for_p2ptrueに設定すると、次の制限が適用されます。When setting enabled_for_p2p to true, the following restrictions apply:

  • allow_anonymousfalseである必要があります。allow_anonymous must be false.

  • allow_dtsfalseである必要があります。allow_dts must be false.

  • allow_initialize_from_backuptrueである必要があります。allow_initialize_from_backup must be true.

  • allow_queued_tranfalseである必要があります。allow_queued_tran must be false.

  • allow_sync_tranfalseである必要があります。allow_sync_tran must be false.

  • conflict_policyfalseである必要があります。conflict_policy must be false.

  • independent_agenttrueである必要があります。independent_agent must be true.

  • repl_freq連続している必要があります。repl_freq must be continuous.

  • replicate_ddl1である必要があります。replicate_ddl must be 1.

詳細については、「 Peer-to-Peer Transactional Replication」を参照してください。For more information, see Peer-to-Peer Transactional Replication.

[ \@publish_local_changes_only = ] 'publish_local_changes_only' 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.[ \@publish_local_changes_only = ] 'publish_local_changes_only' 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.

[ \@enabled_for_het_sub = ] 'enabled_for_het_sub'パブリケーションで以外のSQL ServerSQL Serverサブスクライバーをサポートできるようにします。[ \@enabled_for_het_sub = ] 'enabled_for_het_sub' Enables the publication to support non-SQL ServerSQL Server Subscribers. enabled_for_het_subnvarchar (5) 既定値は FALSE です。enabled_for_het_sub is nvarchar(5) with a default value of FALSE. trueは、パブリケーションが以外SQL ServerSQL Serverのサブスクライバーをサポートすることを意味します。A value of true means that the publication supports non-SQL ServerSQL Server Subscribers. Enabled_for_het_subtrueの場合、次の制限が適用されます。When enabled_for_het_sub is true, the following restrictions apply:

  • allow_initialize_from_backupfalseである必要があります。allow_initialize_from_backup must be false.

  • allow_pushtrueである必要があります。allow_push must be true.

  • allow_queued_tranfalseである必要があります。allow_queued_tran must be false.

  • allow_subscription_copyfalseである必要があります。allow_subscription_copy must be false.

  • allow_sync_tranfalseである必要があります。allow_sync_tran must be false.

  • autogen_sync_procsfalseである必要があります。autogen_sync_procs must be false.

  • conflict_policyは NULL にする必要があります。conflict_policy must be NULL.

  • enabled_for_internetfalseである必要があります。enabled_for_internet must be false.

  • enabled_for_p2pfalseである必要があります。enabled_for_p2p must be false.

  • ftp_addressは NULL にする必要があります。ftp_address must be NULL.

  • ftp_subdirectoryは NULL にする必要があります。ftp_subdirectory must be NULL.

  • ftp_passwordは NULL にする必要があります。ftp_password must be NULL.

  • pre_snapshot_scriptは NULL にする必要があります。pre_snapshot_script must be NULL.

  • post_snapshot_scriptは NULL にする必要があります。post_snapshot_script must be NULL.

  • replicate_ddlは0にする必要があります。replicate_ddl must be 0.

  • qreader_job_nameは NULL にする必要があります。qreader_job_name must be NULL.

  • queue_typeは NULL にする必要があります。queue_type must be NULL.

  • sync_methodネイティブまたは同時実行することはできません。sync_method cannot be native or concurrent.

詳細については、「 Non-SQL Server Subscribers」を参照してください。For more information, see Non-SQL Server Subscribers.

[ \@p2p_conflictdetection = ] 'p2p_conflictdetection'パブリケーションがピアツーピアレプリケーションに対して有効になっている場合に、ディストリビューションエージェントが競合を検出できるようにします。[ \@p2p_conflictdetection = ] 'p2p_conflictdetection' Enables the Distribution Agent to detect conflicts if the publication is enabled for peer-to-peer replication. p2p_conflictdetectionnvarchar (5) 既定値は TRUE です。p2p_conflictdetection is nvarchar(5) with a default value of TRUE. 詳細については、「 Conflict Detection in Peer-to-Peer Replication」を参照してください。For more information, see Conflict Detection in Peer-to-Peer Replication.

[ \@p2p_originator_id = ] p2p_originator_idピアツーピアトポロジ内のノードの ID を指定します。[ \@p2p_originator_id = ] p2p_originator_id Specifies an ID for a node in a peer-to-peer topology. p2p_originator_idint,、既定値は NULL です。p2p_originator_id is int, with a default of NULL. P2p_conflictdetectionが TRUE に設定されている場合、この ID は競合の検出に使用されます。This ID is used for conflict detection if p2p_conflictdetection is set to TRUE. トポロジで使用されていない正の0以外の ID を指定してください。Specify a positive, non-zero ID that has never been used in the topology. 既に使用されている Id の一覧を表示するには、 sp_help_peerconflictdetectionを実行します。For a list of IDs that have already been used, execute sp_help_peerconflictdetection.

[ \@p2p_continue_onconflict = ] 'p2p_continue_onconflict'競合が検出された後もディストリビューションエージェントが変更を処理するかどうかを決定します。[ \@p2p_continue_onconflict = ] 'p2p_continue_onconflict' Determines whether the Distribution Agent continues to process changes after a conflict is detected. p2p_continue_onconflictnvarchar (5) 既定値は FALSE です。p2p_continue_onconflict is nvarchar(5) with a default value of FALSE.

注意事項

既定値の FALSE を使用することをお勧めします。We recommend that you use the default value of FALSE. このオプションが TRUE に設定されている場合、ディストリビューションエージェントは、発信元 ID が最も大きいノードから競合する行を適用してトポロジ内のデータを収束しようとします。When this option is set to TRUE, the Distribution Agent tries to converge data in the topology by applying the conflicting row from the node that has the highest originator ID. この方法では、収束は保証されません。This method does not guarantee convergence. 競合が検出された後、トポロジが一貫していることを確認する必要があります。You should make sure that the topology is consistent after a conflict is detected. 詳細については、「 Conflict Detection in Peer-to-Peer Replication」の「競合の処理」を参照してください。For more information, see "Handling Conflicts" in Conflict Detection in Peer-to-Peer Replication.

[ \@allow_partition_switch = ] 'allow_partition_switch'ALTER TABLE...パブリッシュされたデータベースに対して SWITCH ステートメントを実行できます。[ \@allow_partition_switch = ] 'allow_partition_switch' Specifies whether ALTER TABLE...SWITCH statements can be executed against the published database. allow_partition_switchnvarchar (5) 既定値は FALSE です。allow_partition_switch is nvarchar(5) with a default value of FALSE. 詳細については、「パーティション テーブルとパーティション インデックスのレプリケート」を参照してください。For more information, see Replicate Partitioned Tables and Indexes.

[ \@replicate_partition_switch = ] 'replicate_partition_switch'ALTER TABLE...パブリッシュされたデータベースに対して実行される SWITCH ステートメントは、サブスクライバーにレプリケートする必要があります。[ \@replicate_partition_switch = ] 'replicate_partition_switch' Specifies whether ALTER TABLE...SWITCH statements that are executed against the published database should be replicated to Subscribers. replicate_partition_switchnvarchar (5) 既定値は FALSE です。replicate_partition_switch is nvarchar(5) with a default value of FALSE. このオプションは、 allow_partition_switchが TRUE に設定されている場合にのみ有効です。This option is valid only if allow_partition_switch is set to TRUE.

リターン コードの値Return Code Values

0 (成功) または1 (失敗)0 (success) or 1 (failure)

コメントRemarks

sp_addpublicationは、スナップショットレプリケーションおよびトランザクションレプリケーションで使用します。sp_addpublication is used in snapshot replication and transactional replication.

同じデータベースオブジェクトをパブリッシュする複数のパブリケーションが存在する場合、 replicate_ddl値が1のパブリケーションだけが ALTER TABLE、ALTER VIEW、ALTER PROCEDURE、ALTER FUNCTION、および alter TRIGGER ddl ステートメントをレプリケートします。If multiple publications exist that publish the same database object, only publications with a replicate_ddl value of 1 will replicate ALTER TABLE, ALTER VIEW, ALTER PROCEDURE, ALTER FUNCTION, and ALTER TRIGGER DDL statements. ただし、ALTER TABLE DROP COLUMN DDL ステートメントは、削除された列をパブリッシュしているすべてのパブリケーションによってレプリケートされます。However, an ALTER TABLE DROP COLUMN DDL statement will be replicated by all publications that are publishing the dropped column.

パブリケーションに対して ddl レプリケーションが有効になっている場合 (replicate_ddl = 1)、パブリケーションに対してレプリケートされていない ddl 変更を行うには、最初にsp_changepublicationを実行してreplicate_ddlをに設定する必要があります。0With DDL replication enabled (replicate_ddl = 1) for a publication, in order to make non-replicating DDL changes to the publication, sp_changepublication must first be executed to set replicate_ddl to 0. レプリケートされていない DDL ステートメントが発行されると、 sp_changepublicationを再度実行して ddl レプリケーションを有効に戻すことができます。After the non-replicating DDL statements have been issued, sp_changepublication can be run again to turn DDL replication back on.

Example

-- To avoid storing the login and password in the script file, the values 
-- are passed into SQLCMD as scripting variables. For information about 
-- how to use scripting variables on the command line and in SQL Server
-- Management Studio, see the "Executing Replication Scripts" section in
-- the topic "Programming Replication Using System Stored Procedures".

DECLARE @publicationDB AS sysname;
DECLARE @publication AS sysname;
DECLARE @login AS sysname;
DECLARE @password AS sysname;
SET @publicationDB = N'AdventureWorks'; 
SET @publication = N'AdvWorksProductTran'; 
-- Windows account used to run the Log Reader and Snapshot Agents.
SET @login = $(Login); 
-- This should be passed at runtime.
SET @password = $(Password); 

-- Enable transactional or snapshot replication on the publication database.
EXEC sp_replicationdboption 
    @dbname=@publicationDB, 
    @optname=N'publish',
    @value = N'true';

-- Execute sp_addlogreader_agent to create the agent job. 
EXEC sp_addlogreader_agent 
    @job_login = @login, 
    @job_password = @password,
    -- Explicitly specify the use of Windows Integrated Authentication (default) 
    -- when connecting to the Publisher.
    @publisher_security_mode = 1;

-- Create a new transactional publication with the required properties. 
EXEC sp_addpublication 
    @publication = @publication, 
    @status = N'active',
    @allow_push = N'true',
    @allow_pull = N'true',
    @independent_agent = N'true';

-- Create a new snapshot job for the publication, using a default schedule.
EXEC sp_addpublication_snapshot 
    @publication = @publication, 
    @job_login = @login, 
    @job_password = @password,
    -- Explicitly specify the use of Windows Integrated Authentication (default) 
    -- when connecting to the Publisher.
    @publisher_security_mode = 1;
GO

アクセス許可Permissions

Sp_addpublicationを実行できるのは、固定サーバーロールsysadminまたは固定データベースロールdb_ownerのメンバーだけです。Only members of the sysadmin fixed server role or db_owner fixed database role can execute sp_addpublication. Windows 認証ログインを行うには、Windows ユーザー アカウントを表すユーザー アカウントがデータベースに必要です。Windows authentication logins must have a user account in the database representing their Windows user account. Windows グループを表すユーザーアカウントでは不十分です。A user account representing a Windows group is not sufficient.

関連項目See Also

sp_addlogreader_agent (transact-sql) sp_addlogreader_agent (Transact-SQL)
sp_addpublication_snapshot (transact-sql) sp_addpublication_snapshot (Transact-SQL)
sp_changepublication (Transact-SQL) sp_changepublication (Transact-SQL)
sp_droppublication (transact-sql) sp_droppublication (Transact-SQL)
sp_helppublication (Transact-SQL) sp_helppublication (Transact-SQL)
sp_replicationdboption (transact-sql) sp_replicationdboption (Transact-SQL)
データとデータベース オブジェクトのパブリッシュ Publish Data and Database Objects
レプリケーション ストアド プロシージャ (Transact-SQL)Replication Stored Procedures (Transact-SQL)