sp_changedbowner (Transact-SQL)sp_changedbowner (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure Synapse Analytics (SQL DW) XParallel Data Warehouse APPLIES TO: YesSQL Server NoAzure SQL Database NoAzure Synapse Analytics (SQL DW) NoParallel Data Warehouse

現在のデータベースの所有者を変更します。Changes the owner of the current database.

重要

この機能はメンテナンス モードであり、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除される可能性があります。This feature is in maintenance mode and may be removed in a future version of Microsoft SQL Server. 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。Avoid using this feature in new development work, and plan to modify applications that currently use this feature.代わりにALTER AUTHORIZATIONを使用してください。Use ALTER AUTHORIZATION instead.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
sp_changedbowner [ @loginame = ] 'login'  
     [ , [ @map = ] remap_alias_flag ]  

引数Arguments

[ @loginame= ]'login'[ @loginame= ] 'login'
現在のデータベースの新しい所有者のログイン ID を指定します。Is the login ID of the new owner of the current database. loginsysname,、既定値はありません。login is sysname, with no default. ログインは既に存在SQL ServerSQL Serverするログインまたは Windows ユーザーである必要があります。login must be an already existing SQL ServerSQL Server login or Windows user. データベース内の既存のユーザーセキュリティアカウントを使用して既にデータベースにアクセスできる場合、ログインを現在のデータベースの所有者にすることはできません。login cannot become the owner of the current database if it already has access to the database through an existing user security account within the database. この問題を回避するには、先に現在のデータベース内のユーザーを削除してください。To avoid this, drop the user within the current database first.

[ @map= ]remap_alias_flag[ @map= ] remap_alias_flag
ログイン** の別名はからSQL ServerSQL Server削除されているため、remap_alias_flag パラメーターは非推奨とされます。The remap_alias_flag parameter is deprecated because login aliases have been removed from SQL ServerSQL Server. Remap_alias_flagパラメーターを使用してもエラーは発生しませんが、効果はありません。Using the remap_alias_flag parameter does not cause an error but has no effect.

リターン コードの値Return Code Values

0 (成功) または 1 (失敗)0 (success) or 1 (failure)

解説Remarks

sp_changedbowner を実行した後、新しい所有者はデータベース内で dbo ユーザーとして認識されるようになります。After sp_changedbowner is executed, the new owner is known as the dbo user inside the database. dbo には、データベース内ですべての操作を実行できる権限が暗黙的に与えられます。The dbo has implied permissions to perform all activities in the database.

master、model、または tempdb システム データベースの所有者を変更することはできません。The owner of the master, model, or tempdb system databases cannot be changed.

有効なログイン値の一覧を表示するには、sp_helplogins ストアドプロシージャを実行します。To display a list of the valid login values, execute the sp_helplogins stored procedure.

Loginパラメーターだけを指定して sp_changedbowner を実行すると、ログインするデータベースの所有権が変更されます。Executing sp_changedbowner with only the login parameter changes database ownership to login.

任意のセキュリティ保護可能なリソースの所有者を変更するには、ALTER AUTHORIZATION ステートメントを使用します。You can change the owner of any securable by using the ALTER AUTHORIZATION statement. 詳細については、「ALTER AUTHORIZATION (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see ALTER AUTHORIZATION (Transact-SQL).

アクセス許可Permissions

サーバーに対する TAKE OWNERSHIP 権限が必要です。Requires TAKE OWNERSHIP permission on the database. 新しい所有者に対応するユーザーがデータベース内に存在する場合は、ログインに対する IMPERSONATE 権限が必要です。存在しない場合は、サーバーに対する CONTROL SERVER 権限が必要です。If the new owner has a corresponding user in the database, requires IMPERSONATE permission on the login, otherwise requires CONTROL SERVER permission on the server.

Examples

次の例では、ログイン Albert を、現在のデータベースの所有者にします。The following example makes the login Albert the owner of the current database.

EXEC sp_changedbowner 'Albert';  

参照See Also

セキュリティストアドプロシージャ (Transact-sql) Security Stored Procedures (Transact-SQL)
CREATE DATABASE (SQL Server Transact-sql) CREATE DATABASE (SQL Server Transact-SQL)
sp_dropalias (Transact-sql) sp_dropalias (Transact-SQL)
sp_dropuser (Transact-sql) sp_dropuser (Transact-SQL)
sp_helpdb (Transact-sql) sp_helpdb (Transact-SQL)
sp_helplogins (Transact-sql) sp_helplogins (Transact-SQL)
システムストアドプロシージャ (Transact-sql)System Stored Procedures (Transact-SQL)