sp_changepublication (Transact-SQL)sp_changepublication (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database (Managed Instance のみ) noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database (Managed Instance only) noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

パブリケーションのプロパティを変更します。Changes the properties of a publication. このストアドプロシージャは、パブリッシャー側でパブリケーションデータベースに対して実行されます。This stored procedure is executed at the Publisher on the publication database.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

sp_changepublication [ [ @publication = ] 'publication' ]  
    [ , [ @property = ] 'property' ]  
    [ , [ @value = ] 'value' ]  
    [ , [ @force_invalidate_snapshot = ] force_invalidate_snapshot ]  
    [ , [ @force_reinit_subscription = ] force_reinit_subscription ]  
    [ , [ @publisher = ] 'publisher' ]  

引数Arguments

[ @publication = ] 'publication'パブリケーションの名前を指定します。[ @publication = ] 'publication' Is the name of the publication. publicationsysname,、既定値は NULL です。publication is sysname, with a default of NULL.

[ @property = ] 'property'変更するパブリケーションプロパティを設定します。[ @property = ] 'property' Is the publication property to change. プロパティnvarchar (255) です。property is nvarchar(255).

[ @value = ] 'value'新しいプロパティ値を指定します。[ @value = ] 'value' Is the new property value. nvarchar (255),、既定値は NULL です。value is nvarchar(255), with a default of NULL.

次の表に、変更可能なパブリケーションのプロパティと、プロパティの値に関する制限を示します。This table describes the properties of the publication that can be changed and restrictions on the values for those properties.

プロパティProperty Value [説明]Description
allow_anonymousallow_anonymous 本来true 指定されたパブリケーションに対して匿名サブスクリプションを作成できます。また、 immediate_synctrueである必要があります。Anonymous subscriptions can be created for the given publication, and immediate_sync must also be true. ピアツーピアパブリケーションの場合は変更できません。Cannot be changed for peer-to-peer publications.
falsefalse 指定されたパブリケーションに対して匿名サブスクリプションを作成することはできません。Anonymous subscriptions cannot be created for the given publication. ピアツーピアパブリケーションの場合は変更できません。Cannot be changed for peer-to-peer publications.
allow_initialize_from_backupallow_initialize_from_backup 本来true サブスクライバーでは、初期スナップショットではなくバックアップから、このパブリケーションへのサブスクリプションを初期化できます。Subscribers can initialize a subscription to this publication from a backup rather than an initial snapshot. このプロパティは、MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server publications.
falsefalse サブスクライバーは初期スナップショットを使用する必要があります。Subscribers must use the initial snapshot. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
allow_partition_switchallow_partition_switch 本来true テーブルの変更...パブリッシュされたデータベースに対して SWITCH ステートメントを実行できます。ALTER TABLE...SWITCH statements can be executed against the published database. 詳細については、「パーティション テーブルとパーティション インデックスのレプリケート」を参照してください。For more information, see Replicate Partitioned Tables and Indexes.
falsefalse テーブルの変更...パブリッシュされたデータベースに対して SWITCH ステートメントを実行することはできません。ALTER TABLE...SWITCH statements cannot be executed against the published database.
allow_pullallow_pull 本来true 指定されたパブリケーションでは、プルサブスクリプションが許可されます。Pull subscriptions are allowed for the given publication. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
falsefalse 指定したパブリケーションに対してプル サブスクリプションを許可しません。Pull subscriptions are not allowed for the given publication. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
allow_pushallow_push 本来true 指定したパブリケーションに対してプッシュ サブスクリプションを許可します。Push subscriptions are allowed for the given publication.
falsefalse 指定したパブリケーションに対してプッシュ サブスクリプションを許可しません。Push subscriptions are not allowed for the given publication.
allow_subscription_copyallow_subscription_copy 本来true このパブリケーションをサブスクライブするデータベースをコピーする機能を有効にします。Enables the ability to copy databases that subscribe to this publication. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
falsefalse このパブリケーションにサブスクライブするデータベースをコピーできないようにします。Disables the ability to copy databases that subscribe to this publication. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
alt_snapshot_folderalt_snapshot_folder スナップショットの代替フォルダーの場所。Location of the alternate folder for the snapshot.
centralized_conflictscentralized_conflicts 本来true 競合レコードはパブリッシャーに格納されます。Conflict records are stored at the Publisher. アクティブなサブスクリプションがない場合にのみ変更できます。Can be changed only if there are no active subscriptions. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
falsefalse 競合レコードは、競合の原因となったパブリッシャーとサブスクライバーの両方に保存されます。Conflict records are stored at both the Publisher and at the Subscriber that caused the conflict. アクティブなサブスクリプションがない場合にのみ変更できます。Can be changed only if there are no active subscriptions. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
compress_snapshotcompress_snapshot 本来true 代替スナップショット フォルダーにあるスナップショットは .cab ファイル形式に圧縮されます。Snapshot in an alternate snapshot folder is compressed into the .cab file format. 既定のスナップショットフォルダー内のスナップショットは圧縮できません。The snapshot in the default snapshot folder cannot be compressed.
falsefalse スナップショットは圧縮されません。これはレプリケーションの既定の動作です。Snapshot is not compressed, which is the default behavior for replication.
conflict_policyconflict_policy pub winspub wins パブリッシャーが競合で優先される場合に、サブスクライバーの更新で競合を解決する方法です。Conflict resolution policy for updating Subscribers where the Publisher wins the conflict. このプロパティは、アクティブなサブスクリプションがない場合にのみ変更できます。This property can be changed only if there are no active subscriptions. Oracle パブリッシャーではサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.
サブ reinitsub reinit サブスクライバーの更新で競合が発生した場合は、サブスクリプションを再初期化する必要があります。For updating Subscribers, if a conflict occurs the subscription must be reinitialized. このプロパティは、アクティブなサブスクリプションがない場合にのみ変更できます。This property can be changed only if there are no active subscriptions. Oracle パブリッシャーではサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.
sub winssub wins サブスクライバーが競合で優先される場合に、サブスクライバーの更新で競合を解決する方法です。Conflict resolution policy for updating Subscribers where the Subscriber wins the conflict. このプロパティは、アクティブなサブスクリプションがない場合にのみ変更できます。This property can be changed only if there are no active subscriptions. Oracle パブリッシャーではサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.
conflict_retentionconflict_retention 競合の保有期間を日数で指定するintです。int that specifies the conflict retention period, in days. 既定の保有期間は14日です。The default retention is 14 days. 0は、競合のクリーンアップが必要ないことを意味します。0 means that no conflict cleanup is needed. Oracle パブリッシャーではサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.
記述description パブリケーションを説明する省略可能なエントリです。Optional entry describing the publication.
enabled_for_het_subenabled_for_het_sub 本来true パブリケーションで以外のSQL ServerSQL Serverサブスクライバーをサポートできるようにします。Enables the publication to support non-SQL ServerSQL Server Subscribers. パブリケーションへのサブスクリプションが存在する場合、 enabled_for_het_subを変更することはできません。enabled_for_het_sub cannot be changed when there are subscriptions to the publication. Enabled_for_het_subを true に設定する前に、次の要件に準拠するために、レプリケーションストアドプロシージャ (transact-sql)の実行が必要になる場合があります。You may need to execute Replication Stored Procedures (Transact-SQL) to comply with the following requirements before setting enabled_for_het_sub to true:
- allow_queued_tranfalseである必要があります。- allow_queued_tran must be false.
- allow_sync_tranfalseである必要があります。- allow_sync_tran must be false.
Enabled_for_het_subtrueに変更すると、既存のパブリケーション設定が変更される可能性があります。Changing enabled_for_het_sub to true may change existing publication settings. 詳細については、「 Non-SQL Server Subscribers」を参照してください。For more information, see Non-SQL Server Subscribers. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
falsefalse パブリケーションは、以外のSQL ServerSQL Serverサブスクライバーをサポートしていません。Publication does not support non-SQL ServerSQL Server Subscribers. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
enabled_for_internetenabled_for_internet 本来true パブリケーションはインターネットに対して有効であり、ファイル転送プロトコル (FTP) を使用して、スナップショットファイルをサブスクライバーに転送できます。Publication is enabled for the Internet, and File Transfer Protocol (FTP) can be used to transfer the snapshot files to a subscriber. パブリケーションの同期ファイルはディレクトリ C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL\Repldata\ftp に保存されます。The synchronization files for the publication are put into the following directory: C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL\Repldata\ftp. ftp_addressを NULL にすることはできません。ftp_address cannot be NULL. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
falsefalse パブリケーションはインターネットに対応していません。Publication is not enabled for the Internet. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
enabled_for_p2penabled_for_p2p 本来true パブリケーションは、ピアツーピアレプリケーションをサポートしています。The publication supports peer-to-peer replication. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
Enabled_for_p2ptrueに設定するには、次の制限が適用されます。To set enabled_for_p2p to true, the following restrictions apply:
- allow_anonymousfalseである必要があります- allow_anonymous must be false
- allow_dtsfalseである必要があります。- allow_dts must be false.
- allow_initialize_from_backuptrueである必要があります- allow_initialize_from_backup must be true
- allow_queued_tranfalseである必要があります。- allow_queued_tran must be false.
- allow_sync_tranfalseである必要があります。- allow_sync_tran must be false.
- enabled_for_het_subfalseである必要があります。- enabled_for_het_sub must be false.
- independent_agenttrueである必要があります。- independent_agent must be true.
- repl_freq連続している必要があります。- repl_freq must be continuous.
- replicate_ddl1である必要があります。- replicate_ddl must be 1.
falsefalse パブリケーションでピア ツー ピア レプリケーションがサポートされません。The publication does not support peer-to-peer replication. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
ftp_addressftp_address パブリケーションスナップショットファイルの FTP アクセス可能な場所です。FTP accessible location of the publication snapshot files. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
ftp_loginftp_login FTP サービスへの接続に使用するユーザー名です。値 ANONYMOUS は許可されます。User name used to connect to the FTP service, and the value ANONYMOUS is allowed. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
ftp_passwordftp_password FTP サービスへの接続に使用するユーザー名のパスワード。Password for the user name used to connect to the FTP service. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
ftp_portftp_port ディストリビューター用 FTP サービスのポート番号。Port number of the FTP service for the Distributor. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
ftp_subdirectoryftp_subdirectory パブリケーションが FTP を使用したスナップショットの配布をサポートしている場合にスナップショットファイルを作成する場所を指定します。Specifies where the snapshot files are created if the publication supports propagating snapshots using FTP. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
immediate_syncimmediate_sync 本来true スナップショットエージェントを実行するたびに、パブリケーションの同期ファイルが作成または再作成されます。Synchronization files for the publication are created or re-created each time the Snapshot Agent runs. サブスクリプションの前にスナップショットエージェントが完了している場合、サブスクライバーはサブスクリプションの直後に同期ファイルを受け取ることができます。Subscribers are able to receive the synchronization files immediately after the subscription if the Snapshot Agent has been completed once before the subscription. 新しいサブスクリプションは、最近実行されたスナップショット エージェントによって生成された最新の同期ファイルを取得します。New subscriptions get the newest synchronization files generated by the most recent execution of the Snapshot Agent. independent_agenttrueである必要があります。independent_agent must also be true. Immediate_syncの詳細については、以下の解説を参照してください。See remarks below for additional information about immediate_sync.
falsefalse 同期ファイルは、新しいサブスクリプションがある場合にのみ作成されます。Synchronization files are created only if there are new subscriptions. スナップショットエージェントが開始されて完了するまで、サブスクライバーはサブスクリプションの後に同期ファイルを受け取ることができません。Subscribers cannot receive the synchronization files after the subscription until the Snapshot Agent is started and completes.
independent_agentindependent_agent 本来true パブリケーションに専用のディストリビューション エージェントがあります。Publication has its own dedicated Distribution Agent.
falsefalse パブリケーションでは共有ディストリビューション エージェントが使用されます。パブリケーションおよびサブスクリプション データベースの各ペアには 1 つの共有エージェントがあります。Publication uses a shared Distribution Agent, and each publication/subscription database pair has a shared agent.
p2p_continue_onconflictp2p_continue_onconflict 本来true 競合が検出された場合、ディストリビューションエージェントは引き続き変更を処理します。The Distribution Agent continues to process changes when a conflict is detected.
注意:FALSE既定値を使用することをお勧めします。Caution: We recommend that you use the default value of FALSE. このオプションがにTRUE設定されている場合、ディストリビューションエージェントは、発信元 ID が最も大きいノードから競合する行を適用して、トポロジ内のデータを収束しようとします。When this option is set to TRUE, the Distribution Agent tries to converge data in the topology by applying the conflicting row from the node that has the highest originator ID. この方法では、収束は保証されません。This method does not guarantee convergence. 競合が検出された後、トポロジが一貫していることを確認する必要があります。You should make sure that the topology is consistent after a conflict is detected. 詳細については、「 Conflict Detection in Peer-to-Peer Replication」の「競合の処理」を参照してください。For more information, see "Handling Conflicts" in Conflict Detection in Peer-to-Peer Replication.
falsefalse ディストリビューションエージェントは、競合が検出された場合に、変更の処理を停止します。The Distribution Agent stops processing changes when a conflict is detected.
post_snapshot_scriptpost_snapshot_script ディストリビューション エージェントで実行される Transact-SQLTransact-SQL スクリプト ファイルの場所を指定します。このスクリプトの実行は、初期同期で、レプリケートされたすべてのオブジェクト スクリプトとデータが適用された後で行われます。Specifies the location of a Transact-SQLTransact-SQL script file that the Distribution Agent runs after all the other replicated object scripts and data have been applied during an initial synchronization.
pre_snapshot_scriptpre_snapshot_script ディストリビューション エージェントで実行される Transact-SQLTransact-SQL スクリプト ファイルの場所を指定します。このスクリプトの実行は、初期同期で、レプリケートされたすべてのオブジェクト スクリプトとデータが適用される前に行われます。Specifies the location of a Transact-SQLTransact-SQL script file that the Distribution Agent runs before all the other replicated object scripts and data have been applied during an initial synchronization.
publish_to_ActiveDirectorypublish_to_ActiveDirectory 本来true このパラメーターは非推奨とされており、スクリプトの旧バージョンとの互換性のためにのみサポートされています。This parameter has been deprecated and is only supported for the backward compatibility of scripts. MicrosoftMicrosoft Active Directory にパブリケーション情報を追加できなくなりました。You can no longer add publication information to the MicrosoftMicrosoft Active Directory.
falsefalse Active Directory からパブリケーション情報を削除します。Removes the publication information from Active Directory.
queue_typequeue_type sqlsql トランザクションSQL ServerSQL Serverを格納するために使用します。Use SQL ServerSQL Server to store transactions. このプロパティは、アクティブなサブスクリプションがない場合にのみ変更できます。This property can be changed only if there are no active subscriptions.

注: メッセージキューのMicrosoftMicrosoft使用のサポートは廃止されました。Note: Support for using MicrosoftMicrosoft Message Queuing has been discontinued. msmqの値を指定すると、エラーが発生します。Specifying a value of msmq for value results in an error.
repl_freqrepl_freq 連続continuous ログ ベースのすべてのトランザクションの出力をパブリッシュします。Publishes output of all log-based transactions.
ショットsnapshot スケジュールされた同期イベントのみをパブリッシュします。Publishes only scheduled synchronization events.
replicate_ddlreplicate_ddl 11 パブリッシャーで実行されるデータ定義言語 (DDL) ステートメントはレプリケートされます。Data definition language (DDL) statements executed at the publisher are replicated. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications.
00 DDL ステートメントはレプリケートされません。DDL statements are not replicated. このプロパティは、SQL ServerSQL Server以外のパブリケーションに対しては変更できません。This property cannot be changed for non-SQL ServerSQL Server publications. スキーマ変更のレプリケーションは、ピア ツー ピア レプリケーションを使用する場合は無効にできません。Replication of schema changes cannot be disabled when using peer-to-peer replication.
replicate_partition_switchreplicate_partition_switch 本来true テーブルの変更...パブリッシュされたデータベースに対して実行される SWITCH ステートメントは、サブスクライバーにレプリケートする必要があります。ALTER TABLE...SWITCH statements that are executed against the published database should be replicated to Subscribers. このオプションは、 allow_partition_switchが TRUE に設定されている場合にのみ有効です。This option is valid only if allow_partition_switch is set to TRUE. 詳細については、「パーティション テーブルとパーティション インデックスのレプリケート」を参照してください。For more information, see Replicate Partitioned Tables and Indexes.
falsefalse テーブルの変更...SWITCH ステートメントをサブスクライバーにレプリケートすることはできません。ALTER TABLE...SWITCH statements should not be replicated to Subscribers.
保有retention サブスクリプションアクティビティの保有期間を時間単位で表すintです。int representing the retention period, in hours, for subscription activity. 保有期間内にサブスクリプションがアクティブでない場合は、削除されます。If a subscription is not active within the retention period, it is removed.
snapshot_in_defaultfoldersnapshot_in_defaultfolder 本来true スナップショットファイルは、既定のスナップショットフォルダーに格納されます。Snapshot files are stored in the default snapshot folder. Alt_snapshot_folderも指定されている場合、スナップショットファイルは既定の場所と代替の場所の両方に格納されます。If alt_snapshot_folderis also specified, snapshot files are stored in both the default and alternate locations.
falsefalse スナップショットファイルは、 alt_snapshot_folderによって指定された別の場所に格納されます。Snapshot files are stored in the alternate location specified by alt_snapshot_folder.
オンラインstatus 能動的active パブリケーション データはパブリケーションが作成された直後にサブスクライバーで使用できます。Publication data is available for Subscribers immediately when the publication is created. Oracle パブリッシャーではサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.
稼動inactive パブリケーションデータは、パブリケーションの作成時にサブスクライバーで使用することはできません。Publication data are not available for Subscribers when the publication is created. Oracle パブリッシャーではサポートされていません。Not supported for Oracle Publishers.
sync_methodsync_method native サブスクリプションの同期時に、すべてのテーブルのネイティブ モード一括コピー出力を使用します。Uses native-mode bulk copy output of all tables when synchronizing subscriptions.
記号character サブスクリプションを同期するときに、すべてのテーブルのキャラクターモードの一括コピー出力を使用します。Uses character-mode bulk copy output of all tables when synchronizing subscriptions.
同時concurrent すべてのテーブルについてネイティブ モード BCP 出力を使用しますが、スナップショット生成処理中にテーブルをロックしません。Uses native-mode bulk-copy program output of all tables, but does not lock tables during the snapshot generation process. スナップショットレプリケーションでは無効です。Not valid for snapshot replication.
concurrent_cconcurrent_c すべてのテーブルについてキャラクター モード BCP 出力を使用しますが、スナップショット生成処理中にテーブルをロックしません。Uses character-mode bulk copy program output of all tables, but does not lock tables during the snapshot generation process. スナップショットレプリケーションでは無効です。Not valid for snapshot replication.
taskidtaskid このプロパティは非推奨とされており、サポートされなくなりました。This property has been deprecated and is no longer supported.
allow_dropallow_drop 本来true トランザクションDROP TABLEレプリケーションに含まれるアーティクルの DLL サポートを有効にします。Enables DROP TABLE DLL support for articles which are part of transactional replication. サポートされてSQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x)いる最小バージョン: service pack SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 2 以降および service pack 1 以降。Minimum supported version: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) Service Pack 2 or above and SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) Service Pack 1 or above. 追加の参照: KB 3170123Additional reference: KB 3170123
falsefalse トランザクションDROP TABLEレプリケーションに含まれるアーティクルの DLL サポートを無効にします。Disables DROP TABLE DLL support for articles that are part of transactional replication. これは、このプロパティの既定値です。This is the default value for this property.
NULL (既定値)NULL (default) プロパティに対してサポートされている値の一覧を返します。Returns the list of supported values for property.

[ @force_invalidate_snapshot = ] force_invalidate_snapshotこのストアドプロシージャによって実行される操作によって既存のスナップショットが無効になる可能性があることを確認します。[ @force_invalidate_snapshot = ] force_invalidate_snapshot Acknowledges that the action taken by this stored procedure may invalidate an existing snapshot. force_invalidate_snapshotビット,、既定値は0です。force_invalidate_snapshot is a bit, with a default of 0.

  • 0を指定すると、アーティクルへの変更によってスナップショットが無効になることはありません。0 specifies that changes to the article do not cause the snapshot to be invalid. 変更に新しいスナップショットが必要であることをストアドプロシージャが検出すると、エラーが発生し、変更は加えられません。If the stored procedure detects that the change does require a new snapshot, an error occurs and no changes are made.
  • 1に設定すると、アーティクルへの変更によってスナップショットが無効になることがあります。1 specifies that changes to the article may cause the snapshot to be invalid. 新しいスナップショットを必要とする既存のサブスクリプションがある場合、この値によって、既存のスナップショットが古いバージョンとしてマークされ、新しいスナップショットが生成されます。If there are existing subscriptions that would require a new snapshot, this value gives permission for the existing snapshot to be marked as obsolete and a new snapshot generated.
    変更時に新しいスナップショットの生成が必要になるプロパティについては、「解説」を参照してください。See the Remarks section for the properties that, when changed, require the generation of a new snapshot.

[@force_reinit_subscription = ]force_reinit_subscription[@force_reinit_subscription = ] force_reinit_subscription
このストアドプロシージャによって実行されるアクションで、既存のサブスクリプションの再初期化が必要になる可能性があることを確認します。Acknowledges that the action taken by this stored procedure may require existing subscriptions to be reinitialized. force_reinit_subscriptionビットで、既定値は0です。force_reinit_subscription is a bit with a default of 0.

  • 0に設定すると、アーティクルへの変更によってサブスクリプションが再初期化されることはありません。0 specifies that changes to the article do not cause the subscription to be reinitialized. 変更によって既存のサブスクリプションが再初期化される必要があることをストアドプロシージャが検出すると、エラーが発生し、変更は加えられません。If the stored procedure detects that the change would require existing subscriptions to be reinitialized, an error occurs and no changes are made.
  • 1に設定すると、アーティクルへの変更によって既存のサブスクリプションが再初期化され、サブスクリプションの再初期化が許可されます。1 specifies that changes to the article cause the existing subscription to be reinitialized, and gives permission for the subscription reinitialization to occur.

[ @publisher = ] 'publisher'以外のSQL ServerSQL Serverパブリッシャーを指定します。[ @publisher = ] 'publisher' Specifies a non- SQL ServerSQL Server Publisher. publishersysnameで、既定値は NULL です。publisher is sysname, with a default of NULL.

注意

** パブリッシャーでアーティクルのSQL ServerSQL Serverプロパティを変更する場合は、パブリッシャーを使用しないでください。publisher should not be used when changing article properties on a SQL ServerSQL Server Publisher.

リターン コードの値Return Code Values

0 (成功) または1 (失敗)0 (success) or 1 (failure)

解説Remarks

sp_changepublicationは、スナップショットレプリケーションおよびトランザクションレプリケーションで使用します。sp_changepublication is used in snapshot replication and transactional replication.

次のいずれかのプロパティを変更した後で、新しいスナップショットを生成する必要があります。また、 force_invalidate_snapshotパラメーターに値1を指定する必要があります。After changing any of the following properties, you must generate a new snapshot, and you must specify a value of 1 for the force_invalidate_snapshot parameter.

  • alt_snapshot_folderalt_snapshot_folder
  • compress_snapshotcompress_snapshot
  • enabled_for_het_subenabled_for_het_sub
  • ftp_addressftp_address
  • ftp_loginftp_login
  • ftp_passwordftp_password
  • ftp_portftp_port
  • ftp_subdirectoryftp_subdirectory
  • post_snapshot_scriptpost_snapshot_script
  • pre_snapshot_scriptpre_snapshot_script
  • snapshot_in_defaultfoldersnapshot_in_defaultfolder
  • sync_modesync_mode

Publish_to_active_directoryパラメーターを使用して Active Directory 内のパブリケーションオブジェクトを一覧SQL ServerSQL Server表示するには、Active Directory にオブジェクトが既に作成されている必要があります。To list publication objects in the Active Directory using the publish_to_active_directory parameter, the SQL ServerSQL Server object must already be created in the Active Directory.

即時同期の影響Impact of immediate sync

即時同期をオンにすると、サブスクリプションがない場合でも、初期スナップショットが生成された直後にログ内のすべての変更が追跡されます。When immediate sync is on, all changes in the log are tracked immediately after the initial snapshot is generated even if there are no subscriptions. ログに記録された変更は、顧客がバックアップを使用して新しいピアノードを追加しているときに使用されます。Logged changes are used when a customer is using backup to add a new peer node. バックアップが復元されると、そのピアは、バックアップの作成後に発生した他の変更と同期されます。After the backup is restored, the peer is synched with any other changes occurring after the backup was taken. コマンドはディストリビューションデータベースで追跡されるため、同期ロジックは最後にバックアップされた LSN を確認し、これを開始点として使用します。これは、バックアップが最大保有期間内に作成された場合にコマンドが使用可能であることを把握するためのものです。Since the commands are tracked in the distribution database, the synchronization logic can look at the last backed up LSN and use this as a starting point, knowing that the command is available if the backup was taken within the max retention period. (最小保有期間の既定値は0時間で、最大保有期間は24時間です)。(The default value for the min retention period is 0 hrs and max retention period is 24 hrs.)

即時同期がオフの場合、変更は少なくとも最小の保有期間に保持され、既にレプリケートされているすべてのトランザクションに対してすぐにクリーンアップされます。When immediate sync is off, changes are kept at least the min retention period and cleaned up immediately for all the transactions that are already replicated. 即時同期が無効で、既定の保有期間で構成される場合、バックアップの作成後に必要な変更がクリーンアップされたため、新しいピア ノードが正しく初期化されない可能性があります。If immediate sync is off and configured with the default retention period, it is likely that the required changes after the backup was taken were cleaned up and the new peer node will not be initialized properly. 残された唯一のオプションがトポロジの停止です。The only option left is to quiesce the topology. 即時同期を有効に設定すると、柔軟性が向上するため、これは P2P アプリケーションにお勧めの設定です。Setting immediate sync to on provides greater flexibility and is the recommended setting for P2P replication.

Example

DECLARE @publication AS sysname
SET @publication = N'AdvWorksProductTran' 

-- Turn off DDL replication for the transactional publication.
USE [AdventureWorks2012]
EXEC sp_changepublication 
  @publication = @publication, 
  @property = N'replicate_ddl', 
  @value = 0
GO

アクセス許可Permissions

Sp_changepublicationを実行できるのは、固定サーバーロールsysadminまたは固定データベースロールdb_ownerのメンバーだけです。Only members of the sysadmin fixed server role or db_owner fixed database role can execute sp_changepublication.

参照See Also

パブリケーションのプロパティの表示および変更 View and Modify Publication Properties
パブリケーションとアーティクルのプロパティの変更 Change Publication and Article Properties
sp_addpublication (Transact-sql) sp_addpublication (Transact-SQL)
sp_droppublication (Transact-sql) sp_droppublication (Transact-SQL)
sp_helppublication (Transact-sql) sp_helppublication (Transact-SQL)
レプリケーションストアドプロシージャ (Transact-sql)Replication Stored Procedures (Transact-SQL)