sp_delete_proxy (Transact-sql)sp_delete_proxy (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

指定したプロキシを削除します。Removes the specified proxy.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
sp_delete_proxy [ @proxy_id = ] id , [ @proxy_name = ] 'proxy_name'  

引数Arguments

[ @proxy_id = ] id削除するプロキシのプロキシ識別番号を指定します。[ @proxy_id = ] id The proxy identification number of the proxy to remove. Proxy_idint,、既定値は NULL です。The proxy_id is int, with a default of NULL.

[ @proxy_name = ] 'proxy_name'削除するプロキシの名前。[ @proxy_name = ] 'proxy_name' The name of the proxy to remove. Proxy_namesysnameで、既定値は NULL です。The proxy_name is sysname, with a default of NULL.

リターン コードの値Return Code Values

0 (成功) または1 (失敗)0 (success) or 1 (failure)

結果セットResult Sets

なしNone

解説Remarks

** @Proxy_nameまたは @proxy_id**のいずれかを指定する必要があります。Either @proxy_name or @proxy_id must be specified. 両方の引数を指定する場合は、両方とも同じプロキシを参照する必要があります。異なるプロキシを参照する場合、ストアド プロシージャは失敗します。If both arguments are specified, the arguments must both refer to the same proxy or the stored procedure fails.

指定されたプロキシをジョブステップが参照している場合、プロキシを削除することはできず、ストアドプロシージャは失敗します。If a job step refers to the proxy specified, the proxy cannot be deleted and the stored procedure fails.

アクセス許可Permissions

既定では、 sp_delete_proxyを実行できるのは、 sysadmin固定サーバーロールのメンバーだけです。By default, only members of the sysadmin fixed server role can execute sp_delete_proxy.

Examples

次の例では、 Catalog application proxyプロキシを削除します。The following example deletes the proxy Catalog application proxy.

USE msdb ;  
GO  
  
EXEC dbo.sp_delete_proxy  
    @proxy_name = N'Catalog application proxy' ;  
GO  

参照See Also

sp_add_proxy (Transact-sql)sp_add_proxy (Transact-SQL)