sp_delete_targetserver (Transact-SQL)sp_delete_targetserver (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

指定されたサーバーを利用可能な対象サーバーの一覧から削除します。Removes the specified server from the list of available target servers.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
sp_delete_targetserver [ @server_name = ] 'server'   
     [ , [ @clear_downloadlist = ] clear_downloadlist ]  
     [ , [ @post_defection = ] post_defection ]  

引数Arguments

[ @server_name = ] 'server' 使用可能なターゲット サーバーとして削除するサーバーの名前。[ @server_name = ] 'server' The name of the server to remove as an available target server. servernvarchar (30) 、既定値はありません。server is nvarchar(30), with no default.

[ @clear_downloadlist = ] clear_downloadlist 対象サーバーに対するダウンロードの一覧を消去するかどうかを指定します。[ @clear_downloadlist = ] clear_downloadlist Specifies whether to clear the download list for the target server. clear_downloadlist型は、ビット、既定値は1します。clear_downloadlist is type bit, with a default of 1. ときにclear_downloadlist1サーバーを削除する前に、サーバーのダウンロード一覧が消去されます。When clear_downloadlist is 1, the procedure clears the download list for the server before deleting the server. ときにclear_downloadlist0ダウンロードの一覧は消去されません。When clear_downloadlist is 0, the download list is not cleared.

[ @post_defection = ] post_defection ターゲット サーバーを参加解除の命令を投稿するかどうかを指定します。[ @post_defection = ] post_defection Specifies whether to post a defect instruction to the target server. post_defection型は、ビット、既定値は 1 です。post_defection is type bit, with a default of 1. ときにpost_defection1サーバーを削除する前に、ターゲット サーバーを参加解除の命令が通知されます。When post_defection is 1, the procedure posts a defect instruction to the target server before deleting the server. ときにpost_defection0プロシージャは、ターゲット サーバーを参加解除の命令が通知されません。When post_defection is 0, the procedure does not post a defect instruction to the target server.

リターン コードの値Return Code Values

0 (成功) または1 (失敗)0 (success) or 1 (failure)

結果セットResult Sets

なしNone

コメントRemarks

ターゲット サーバーを削除するのには、通常の方法を呼び出すことです。 sp_msx_defect対象サーバーでします。The normal way to delete a target server is to call sp_msx_defect at the target server. 使用sp_delete_targetserverを手動で参加解除が必要な場合にのみです。Use sp_delete_targetserver only when a manual defection is necessary.

アクセス許可Permissions

このストアド プロシージャを実行するユーザーに付与する必要があります、 sysadmin固定サーバー ロール。To run this stored procedure, users must be granted the sysadmin fixed server role.

使用例Examples

次の例では、サーバーを削除するLONDON1利用可能なジョブ サーバーからです。The following example removes the server LONDON1 from the available job servers.

USE msdb ;  
GO  
  
EXEC dbo.sp_delete_targetserver  
  @server_name = N'LONDON1' ;  
GO  

関連項目See also

sp_help_targetserver (TRANSACT-SQL) sp_help_targetserver (Transact-SQL)
sp_msx_defect (TRANSACT-SQL) sp_msx_defect (Transact-SQL)
システム ストアド プロシージャ (Transact-SQL)System Stored Procedures (Transact-SQL)