sp_help_proxy (Transact-SQL)sp_help_proxy (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

1 つまたは複数のプロキシに関する情報を一覧表示します。Lists information for one or more proxies.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
sp_help_proxy   
    [ @proxy_id = ] id,  
    [ @proxy_name = ] 'proxy_name' ,  
    [ @subsystem_name = ] 'subsystem_name' ,  
    [ @name = ] 'name'  

引数Arguments

[ @proxy_id = ] id に関する情報を表示するプロキシのプロキシ識別番号。[ @proxy_id = ] id The proxy identification number of the proxy to list information for. Proxy_idint、既定値は NULL です。The proxy_id is int, with a default of NULL. いずれか、 idまたはproxy_name指定することがあります。Either the id or the proxy_name may be specified.

[ @proxy_name = ] 'proxy_name' に関する情報を表示するプロキシの名前。[ @proxy_name = ] 'proxy_name' The name of the proxy to list information for. Proxy_namesysname、既定値は NULL です。The proxy_name is sysname, with a default of NULL. いずれか、 idまたはproxy_name指定することがあります。Either the id or the proxy_name may be specified.

[ @subsystem_name = ] 'subsystem_name' プロキシを一覧表示するサブシステムの名前。[ @subsystem_name = ] 'subsystem_name' The name of the subsystem to list proxies for. Subsystem_namesysname、既定値は NULL です。The subsystem_name is sysname, with a default of NULL. ときにsubsystem_nameが指定されている名前も指定する必要があります。When subsystem_name is specified, name must also be specified.

次の表では、各サブシステムの値を示します。The following table lists the values for each subsystem.

[値]Value 説明Description
ActiveScriptingActiveScripting ActiveX スクリプトActiveX Script
CmdExecCmdExec オペレーティング システム (CmdExec)Operating System (CmdExec)
スナップショットSnapshot レプリケーション スナップショット エージェントReplication Snapshot Agent
LogReaderLogReader レプリケーション ログ リーダー エージェントReplication Log Reader Agent
DistributionDistribution レプリケーション ディストリビューション エージェントReplication Distribution Agent
MergeMerge Replication Merge AgentReplication Merge Agent
QueueReaderQueueReader Replication Queue Reader AgentReplication Queue Reader Agent
ANALYSISQUERYANALYSISQUERY Analysis Services コマンドAnalysis Services Command
ANALYSISCOMMANDANALYSISCOMMAND Analysis Services クエリAnalysis Services Query
DtsDts SSIS パッケージ実行SSIS package execution
PowerShellPowerShell PowerShell スクリプトPowerShell Script

[ @name = ] 'name' 名前、SQL ServerSQL Serverログイン プロキシを一覧表示します。[ @name = ] 'name' The name of a SQL ServerSQL Server login to list proxies for. 名前はnvarchar (256) 、既定値は NULL です。The name is nvarchar(256), with a default of NULL. ときに名前が指定されているsubsystem_nameも指定する必要があります。When name is specified, subsystem_name must also be specified.

リターン コードの値Return Code Values

0 (成功) または1 (失敗)0 (success) or 1 (failure)

結果セットResult Sets

列名Column name データ型Data type 説明Description
proxy_idproxy_id intint プロキシ識別番号。Proxy identification number.
namename sysnamesysname プロキシの名前。The name of the proxy.
credential_identitycredential_identity sysnamesysname Microsoft Windows ドメインの名前と、プロキシに関連付けられている資格情報のユーザー名。The Microsoft Windows domain name and user name for the credential associated with the proxy.
enabledenabled tinyinttinyint プロキシが有効かどうかWhether this proxy is enabled. { 0 = 無効、 1 = 有効}{ 0 = not enabled, 1 = enabled }
descriptiondescription nvarchar(1024)nvarchar(1024) このプロキシの説明です。The description for this proxy.
user_siduser_sid varbinary(85)varbinary(85) プロキシに関する Windows ユーザーの Windows セキュリティ IDThe Windows security id of the Windows user for this proxy.
credential_idcredential_id intint このプロキシに関連付けられている資格情報の識別子。The identifier for the credential associated with this proxy.
credential_identity_existscredential_identity_exists intint credential_identity が存在するかどうかWhether the credential_identity exists. {0 = 1 が存在しない = が存在する}{ 0 = does not exist, 1 = exists }

コメントRemarks

パラメーターが指定されていないときにsp_help_proxyインスタンス内のすべてのプロキシ情報を一覧表示します。When no parameters are provided, sp_help_proxy lists information for all proxies in the instance.

プロキシ ログインできるサブシステムの使用を確認するのには、指定名前subsystem_nameします。To determine which proxies a login can use for a given subsystem, specify name and subsystem_name. これらの引数が指定された場合、 sp_help_proxyがアクセスとを使用できます、指定したサブシステムのログインが指定されているプロキシを一覧表示されます。When these arguments are provided, sp_help_proxy lists proxies that the login specified may access and that may be used for the specified subsystem.

アクセス許可Permissions

既定では、このストアド プロシージャを実行できるのは、 sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーです。By default, members of the sysadmin fixed server role can execute this stored procedure. それ以外のユーザーには、 msdb データベースの SQLAgentOperatorRole 固定サーバー ロールを与える必要があります。Other users must be granted the SQLAgentOperatorRole fixed database role in the msdb database.

詳細についてはSQLAgentOperatorRoleを参照してくださいSQL Server エージェント固定データベース ロールします。For details about SQLAgentOperatorRole, see SQL Server Agent Fixed Database Roles.

注意

Credential_identityuser_sidでのみ列が返されます場合の結果セットのメンバー sysadminこのストアド プロシージャを実行します。The credential_identity and user_sid columns are only returned in the result set when members of sysadmin execute this stored procedure.

使用例Examples

A.A. すべてのプロキシに関する情報を一覧表示するListing information for all proxies

次の例では、インスタンス内のすべてのプロキシに関する情報を一覧表示します。The following example lists information for all proxies in the instance.

USE msdb ;  
GO  
  
EXEC dbo.sp_help_proxy ;  
GO  

B.B. 特定のプロキシに関する情報を表示Listing information for a specific proxy

次の例では、という名前のプロキシ情報を一覧表示Catalog application proxyします。The following example lists information for the proxy named Catalog application proxy.

USE msdb ;  
GO  
  
EXEC dbo.sp_help_proxy  
    @proxy_name = N'Catalog application proxy' ;  
GO  

関連項目See Also

SQL Server エージェント ストアド プロシージャ(TRANSACT-SQL) SQL Server Agent Stored Procedures (Transact-SQL)
sp_add_proxy (TRANSACT-SQL) sp_add_proxy (Transact-SQL)
sp_delete_proxy (TRANSACT-SQL)sp_delete_proxy (Transact-SQL)