sp_helpfilegroup (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

現在のデータベースに関連付けられたファイル グループの名前と属性を返します。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

  
sp_helpfilegroup [ [ @filegroupname = ] 'name' ]  

引数

[ @filegroupname = ] 'name' 現在のデータベース内の任意のファイル グループの論理名です。 namesysname で、 既定値は NULL です。 name 指定しない場合は、現在のデータベース内のすべてのファイル グループが一覧表示され、[結果セット] セクションに表示される最初の結果セットだけが表示されます。

リターン コードの値

0 (成功) または 1 (失敗)

結果セット

列名 データ型 説明
Groupname sysname ファイル グループの名前。
groupid smallint 数値ファイル グループ識別子です。
filecount int ファイル グループ内のファイルの数。

name 指定すると、ファイル グループ内のファイルごとに 1 行が返されます。

列名 データ型 説明
file_in_group sysname ファイル グループ内のファイルの論理名。
fileid smallint 数値ファイル識別子。
ファイル名 nchar(260) ディレクトリ パスを含むファイルの物理名。
size nvarchar(15) ファイル サイズ (KB 単位) です。
Maxsize nvarchar(15) ファイルの最大サイズ。

この値は、ファイルのサイズの上限です。 このフィールドの値が UNLIMITED である場合、ディスクがいっぱいになるまでファイルを拡張できることを示します。
成長 nvarchar(15) ファイルの増加増分。 これは、新しい領域が必要になるごとにファイルに追加される領域の量を示します。

0 = ファイルのサイズは固定されており、容量を追加することはできません。

アクセス許可

ロール public のメンバーシップが必要です。

A. データベース内のすべてのファイル グループを返す

次の例は、AdventureWorks2012 サンプル データベースのファイル グループに関する情報を返します。

USE AdventureWorks2012;  
GO  
EXEC sp_helpfilegroup;  
GO  

B. ファイル グループ内のすべてのファイルを返す

次の例は、AdventureWorks2012 サンプル データベースの PRIMARY ファイル グループにあるすべてのファイルの情報を返します。

USE AdventureWorks2012;  
GO  
EXEC sp_helpfilegroup 'PRIMARY';  
GO  

参照

データベース エンジンTransact-(ストアド プロシージャSQL)
sp_helpfile (Transact-SQL)
sys.database_files (Transact-SQL)
sys.master_files (Transact-SQL)
sys.filegroups (Transact-SQL)
システム ストアド プロシージャ (Transact-SQL)
データベース ファイルとファイル グループ