sp_helpindex (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Database YesAzure SQL Managed Instance

テーブルまたはビューのインデックスに関する情報をレポートします。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

  
sp_helpindex [ @objname = ] 'name'  

引数

[ @objname = ] 'name' ユーザー定義テーブルまたはビューの修飾名または非修飾名です。 引用符は、テーブルまたはビューの修飾名を指定したときにのみ必要です。 データベース名を含む完全修飾名を指定する場合、データベース名は現在のデータベースの名前である必要があります。 namenvarchar(776) で、既定値はありません。

リターン コードの値

0 (成功) または 1 (失敗)

結果セット

列名 データ型 説明
index_name sysname インデックス名。
index_description varchar(210) 配置されているファイル グループを含むインデックスの説明。
index_keys nvarchar(2078) インデックスの作成で使用するテーブルまたはビュー内の列。

降順のインデックス付き列が結果セットに一覧表示され、その名前の後にマイナス記号 (-) が付きます。インデックス付き昇順の列 (既定値) は、その名前だけで一覧表示されます。

解説

UPDATE STATISTICS の NORECOMPUTE オプションを使用してインデックスが設定されている場合、その情報は index_description 列に含まれます。

sp_helpindex は、順序付け可能なインデックス列のみを公開します。したがって、XML インデックスや空間インデックスに関する情報は公開されません。

アクセス許可

ロール public のメンバーシップが必要です。

次の例では、Customer テーブルのインデックスの種類に関するレポートを表示します。

USE AdventureWorks2012;  
GO  
EXEC sp_helpindex N'Sales.Customer';  
GO  

参照

ストアド プロシージャのデータベース エンジン (Transact-SQL)
sys.indexes (Transact-SQL)
sys.index_columns (Transact-SQL)
システム ストアド プロシージャ (Transact-SQL)
UPDATE STATISTICS (Transact-SQL)