sp_helptrigger (Transact-sql)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース

現在のデータベースにある、指定したテーブルに定義されている DML トリガーの種類を返します。 sp_helptrigger は DDL トリガーでは使用できません。 代わりに、 システムストアドプロシージャ カタログビューに対してクエリを実行します。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

  
sp_helptrigger [ @tabname = ] 'table'   
     [ , [ @triggertype = ] 'type' ]  

引数

[ @tabname = ] 'table' トリガー情報を返す現在のデータベース内のテーブルの名前を指定します。 テーブルnvarchar (776),、既定値はありません。

[ @triggertype = ] 'type' 情報を返す DML トリガーの種類を示します。 種類char (6),、既定値は NULL の場合、これらの値のいずれかを指定できます。

説明
DELETE DELETE トリガー情報を返します。
INSERT 挿入トリガー情報を返します。
UPDATE 更新トリガー情報を返します。

リターン コードの値

0 (成功) または 1 (失敗)

結果セット

次の表に、結果セットに含まれる情報を示します。

列名 データ型 説明
trigger_name sysname トリガーの名前。
trigger_owner sysname トリガーが定義されたテーブルの所有者の名前。
isupdate int 1 = UPDATE トリガー

0 = UPDATE トリガーではありません。
isdelete int 1 = DELETE トリガー

0 = DELETE トリガーではありません。
isinsert int 1 = INSERT トリガー。

0 = INSERT トリガー以外。
isafter int 1 = AFTER トリガー

0 = AFTER トリガーではありません。
isinsteadof int 1 = INSTEAD OF トリガー

0 = INSTEAD OF トリガー以外。
trigger_schema sysname トリガーが属するスキーマの名前。

アクセス許可

テーブルに対する メタデータ表示の構成 権限が必要です。

次の例では、を実行し sp_helptrigger て、テーブルのトリガーに関する情報を生成し Person.Person ます。

USE AdventureWorks2012;  
GO  
EXEC sp_helptrigger 'Person.Person';  

参照

Transact-sql)(のストアドプロシージャのデータベースエンジン
ALTER TRIGGER (Transact-SQL)
CREATE TRIGGER (Transact-SQL)
DROP TRIGGER (Transact-SQL)
システム ストアド プロシージャ (Transact-SQL)