sp_OADestroy (Transact-SQL)sp_OADestroy (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

作成した OLE オブジェクトを破棄します。Destroys a created OLE object.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
sp_OADestroy objecttoken      

引数Arguments

objecttokenobjecttoken
使用して作成した OLE オブジェクトのオブジェクト トークンsp_OACreateします。Is the object token of an OLE object that was previously created by using sp_OACreate.

リターン コードの値Return Code Values

成功した場合は 0、失敗した場合は OLE オートメーション オブジェクトによって返される HRESULT の 0 以外の整数値を返します。0 (success) or a nonzero number (failure) that is the integer value of the HRESULT returned by the OLE Automation object.

HRESULT のリターン コードの詳細については、次を参照してください。 OLE オートメーションのリターン コードとエラー情報します。For more information about HRESULT Return Codes, see OLE Automation Return Codes and Error Information.

コメントRemarks

場合sp_OADestroyが呼び出されない、作成した OLE オブジェクトは、バッチの最後に自動的に破棄されます。If sp_OADestroy is not called, the created OLE object is automatically destroyed at the end of the batch.

アクセス許可Permissions

メンバーシップが必要です、 sysadmin固定サーバー ロールまたはアクセス許可をこのストアド プロシージャを直接実行します。Requires membership in the sysadmin fixed server role or execute permission directly on this Stored Procedure. Ole Automation Procedures 構成でなければなりません有効になっているOLE オートメーションに関連するすべてのシステム プロシージャを使用します。Ole Automation Procedures configuration must be enabled to use any system procedure related to OLE Automation.

使用例Examples

次の例では、破棄、以前に作成したSQLServerオブジェクト。The following example destroys the previously created SQLServer object.

EXEC @hr = sp_OADestroy @object;  
IF @hr <> 0  
BEGIN  
   EXEC sp_OAGetErrorInfo @object  
    RETURN  
END;  

参照See Also

OLE オートメーション ストアド プロシージャ(TRANSACT-SQL) OLE Automation Stored Procedures (Transact-SQL)
OLE オートメーションのサンプル スクリプトOLE Automation Sample Script