sp_replmonitorchangepublicationthreshold (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL Managed Instance

パブリケーションの監視しきい値を変更します。 レプリケーションの監視に使用されるこのストアド プロシージャは、ディストリビューション データベースのディストリビューターで実行されます。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

  
sp_replmonitorchangepublicationthreshold [ @publisher = ] 'publisher'  
        , [ @publisher_db = ] 'publisher_db'  
        , [ @publication = ] 'publication'   
    [ , [ @publication_type = ] publication_type ]   
    [ , [ @metric_id = ] metric_id ]   
    [ , [ @thresholdmetricname = ] 'thresholdmetricname'   
    [ , [ @value = ] value ]   
    [ , [ @shouldalert = ] shouldalert ]   
    [ , [ @mode = ] mode ]  

引数

[ @publisher = ] 'publisher'オブジェクトの名前を指定Publisher。 publishersysname で、 既定値はありません。

[ @publisher_db = ] 'publisher_db' パブリッシュされたデータベースの名前を指定します。 publisher_dbsysname で、 既定値はありません。

[ @publication = ] 'publication' 監視しきい値属性を変更するパブリケーションの名前を指定します。 publication は sysname で、既定値はありません。

[ @publication_type = ] publication_type パブリケーションの種類の場合。 publication_type int であり、これらの値の 1 つを指定できます。

説明
0 トランザクション パブリケーション。
1 スナップショット パブリケーション。
2 マージ パブリケーションです。
NULL (既定値) レプリケーションはパブリケーションの種類の決定を試みる。

[ @metric_id = ] metric_id 変更されるパブリケーションのしきい値メトリックの ID です。 metric_idは int で、既定値は NULL で、これらの値の 1 つを指定できます。

メトリックの名前
1 expiration - トランザクション パブリケーションへのサブスクリプションに期限が迫っていないかを監視します。
2 latency - トランザクション パブリケーションへのサブスクリプションのパフォーマンスを監視します。
4 mergeexpiration - マージ パブリケーションへのサブスクリプションに期限が迫っていないかを監視します。
5 mergeslowrunduration - 低帯域幅 (ダイヤルアップ) 接続に対するマージ同期の期間を監視します。
6 mergefastrunduration - 高帯域幅ローカル エリア ネットワーク (LAN) 接続でのマージ同期の期間を監視します。
7 mergefastrunspeed : 高帯域幅 (LAN) 接続経由でのマージ同期の同期速度を監視します。
8 mergeslowrunspeed - 低帯域幅 (ダイヤルアップ) 接続でのマージ同期の同期速度を監視します。

または thresholdmetricname をmetric_id**する必要がありますthresholdmetricname を指定 した場合、metric_id NULL である必要があります。

[ @thresholdmetricname = ] 'thresholdmetricname' 変更するパブリケーションのしきい値メトリックの名前を指定します。 thresholdmetricname は sysname で、 既定値は NULL です。 thresholdmetricname または を指定する 必要 metric_id。 指定 metric_id 場合 、thresholdmetricname は NULL である必要があります。

[ @value = ] value パブリケーションのしきい値メトリックの新しい値です。 valueint で、既定値は NULL です。 null の場合、メトリック値は更新されません。

[ @shouldalert = ] shouldalert パブリケーションのしきい値メトリックに達した場合にアラートが生成される場合は です。 shouldalert はビット で、既定値は NULL です。 値 1 は アラートが生成され、値 0 はアラートが生成されないという意味です。

[ @mode = ] mode パブリケーションのしきい値メトリックが有効になっている場合は です。 モードtinyint で、既定値は 1 です。 値 1 は、 このメトリックの監視が有効であり、値 2 は、このメトリックの監視が無効になっているを意味します。

リターン コードの値

0 (成功) または 1 (失敗)

注釈

sp_replmonitorchangepublicationthreshold 種類のレプリケーションで使用されます。

アクセス許可

ディストリビューション データベースの db_ownerまたは replmonitor 固定データベース ロールのメンバーだけが、 を実行 sp_replmonitorchangepublicationthreshold。

参照

プログラムによるレプリケーションの監視