sp_resync_targetserver (Transact-SQL)sp_resync_targetserver (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

指定されたターゲット サーバー内のマルチサーバー ジョブをすべて再同期します。Resynchronizes all multiserver jobs in the specified target server.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
sp_resync_targetserver  
     [ @server_name = ] 'server'  

引数Arguments

[ @server_name = ] 'server' 再同期化するサーバーの名前。[ @server_name = ] 'server' The name of the server to resynchronize. server のデータ型は sysnameで、既定値はありません。server is sysname, with no default. 場合すべてを指定すると、すべての対象サーバーが再同期します。If ALL is specified, all target servers are resynchronized.

リターン コードの値Return Code Values

0 (成功) または1 (失敗)0 (success) or 1 (failure)

結果セットResult Sets

結果を報告sp_post_msx_operationアクション。Reports the result of sp_post_msx_operation actions.

コメントRemarks

sp_resync_targetserver手順については、ターゲット サーバー用の現在のセットを削除し、ダウンロードする対象サーバーの新しいセットします。sp_resync_targetserver deletes the current set of instructions for the target server and posts a new set for the target server to download. 新しいセットは、すべてのマルチサーバー ジョブを削除する命令が 1 つと、サーバーで対象になっている各ジョブのエージェントで構成されます。The new set consists of an instruction to delete all multiserver jobs, followed by an insert for each job currently targeted at the server.

アクセス許可Permissions

このプロシージャの実行権限は、既定では sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーに与えられています。Permissions to execute this procedure default to members of the sysadmin fixed server role.

使用例Examples

次の例では、SEATTLE1 ターゲット サーバーを再同期します。The following example resynchronizes the SEATTLE1 target server.

USE msdb ;  
GO  
  
EXEC dbo.sp_resync_targetserver  
    N'SEATTLE1' ;  
GO  

参照See Also

sp_help_downloadlist (TRANSACT-SQL) sp_help_downloadlist (Transact-SQL)
sp_post_msx_operation (TRANSACT-SQL) sp_post_msx_operation (Transact-SQL)
システム ストアド プロシージャ (Transact-SQL)System Stored Procedures (Transact-SQL)