sp_revoke_proxy_from_subsystem (Transact-SQL)sp_revoke_proxy_from_subsystem (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

サブシステムに対するアクセス権をプロキシから取り消します。Revokes access to a subsystem from a proxy.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
sp_revoke_proxy_from_subsystem   
    [ @proxy_id = ] proxy_id,  
    [ @proxy_name = ] 'proxy_name',  
    [ @subsystem_id = ] subsystem_id,  
    [ @subsystem_name = ] 'subsystem_name'  

引数Arguments

[ @proxy_id = ] id アクセスを取り消すプロキシのプロキシ識別番号。[ @proxy_id = ] id The proxy identification number of the proxy to revoke access from. Proxy_idint、既定値は NULL です。The proxy_id is int, with a default of NULL. いずれかproxy_idまたはproxy_name指定する必要がありますが、両方を指定することはできません。Either proxy_id or proxy_name must be specified, but both cannot be specified.

[ @proxy_name = ] 'proxy_name' アクセスを取り消すプロキシの名前。[ @proxy_name = ] 'proxy_name' The name of the proxy to revoke access from. Proxy_namesysname、既定値は NULL です。The proxy_name is sysname, with a default of NULL. いずれかproxy_idまたはproxy_name指定する必要がありますが、両方を指定することはできません。Either proxy_id or proxy_name must be specified, but both cannot be specified.

[ @subsystem_id = ] id アクセスを取り消す対象となるサブシステムの id 番号。[ @subsystem_id = ] id The id number of the subsystem to revoke access to. Subsystem_idint、既定値は NULL です。The subsystem_id is int, with a default of NULL. いずれかsubsystem_idまたはsubsystem_name指定する必要がありますが、両方を指定することはできません。Either subsystem_id or subsystem_name must be specified, but both cannot be specified. 次の表では、各サブシステムの値を示します。The following table lists the values for each subsystem.

Value 説明Description
22 ActiveX スクリプトActiveX Script

** 重要な ** ActiveX スクリプティング サブシステムはから削除するSQL ServerSQL Serverの将来のバージョンのエージェントMicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Serverです。** Important ** The ActiveX Scripting subsystem will be removed from SQL ServerSQL Server Agent in a future version of MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server. 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。Avoid using this feature in new development work, and plan to modify applications that currently use this feature.
33 オペレーティング システム (CmdExec)Operating System (CmdExec)
44 レプリケーション スナップショット エージェントReplication Snapshot Agent
55 レプリケーション ログ リーダー エージェントReplication Log Reader Agent
66 レプリケーション ディストリビューション エージェントReplication Distribution Agent
77 Replication Merge AgentReplication Merge Agent
88 Replication Queue Reader AgentReplication Queue Reader Agent
99 Analysis Services コマンドAnalysis Services Command
"10"10 Analysis Services クエリAnalysis Services Query
1111 SSISSSIS パッケージ実行package execution
1212 PowerShell スクリプトPowerShell Script

[ @subsystem_name = ] 'subsystem_name' アクセスを取り消す対象となるサブシステムの名前。[ @subsystem_name = ] 'subsystem_name' The name of the subsystem to revoke access to. Subsystem_namesysname、既定値は NULL です。The subsystem_name is sysname, with a default of NULL. いずれかsubsystem_idまたはsubsystem_name指定する必要がありますが、両方を指定することはできません。Either subsystem_id or subsystem_name must be specified, but both cannot be specified. 次の表では、各サブシステムの値を示します。The following table lists the values for each subsystem.

[値]Value 説明Description
ActiveScriptingActiveScripting ActiveX スクリプトActiveX Script
CmdExecCmdExec オペレーティング システム (CmdExec)Operating System (CmdExec)
スナップショットSnapshot レプリケーション スナップショット エージェントReplication Snapshot Agent
LogReaderLogReader レプリケーション ログ リーダー エージェントReplication Log Reader Agent
DistributionDistribution レプリケーション ディストリビューション エージェントReplication Distribution Agent
MergeMerge Replication Merge AgentReplication Merge Agent
QueueReaderQueueReader Replication Queue Reader AgentReplication Queue Reader Agent
ANALYSISQUERYANALYSISQUERY Analysis Services コマンドAnalysis Services Command
ANALYSISCOMMANDANALYSISCOMMAND Analysis Services クエリAnalysis Services Query
DtsDts SSISSSIS パッケージ実行package execution
PowerShellPowerShell PowerShell スクリプトPowerShell Script

コメントRemarks

サブシステムへのアクセスを取り消す場合は、プロキシで指定されるプリンシパルのアクセス許可は変更されません。Revoking access to a subsystem does not change the permissions for the principal specified in the proxy.

注意

プロキシを参照するジョブ ステップを確認するを右クリックし、プロキシノードの下SQL Server エージェントmicrosoft SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio、 をクリックし、プロパティTo determine which job steps reference a proxy, right-click the Proxies node under SQL Server Agent in Microsoft SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, and then click Properties. プロキシ アカウントのプロパティダイアログ ボックスで、参照このプロキシを参照するすべてのジョブ ステップを表示するページ。In the Proxy Account Properties dialog box, select the References page to view all job steps that reference this proxy.

アクセス許可Permissions

メンバーのみ、 sysadmin固定サーバー ロールが実行できるsp_revoke_proxy_from_subsystemします。Only members of the sysadmin fixed server role can execute sp_revoke_proxy_from_subsystem.

使用例Examples

次の例では、プロキシ Catalog application proxy が持つ SSISSSIS サブシステムへのアクセス権を取り消します。The following example revokes access to the SSISSSIS subsystem for the proxy Catalog application proxy.

USE msdb ;  
GO  
  
EXEC dbo.sp_revoke_proxy_from_subsystem  
    @proxy_name = 'Catalog application proxy',  
    @subsystem_name = N'Dts';  

関連項目See Also

SQL Server エージェント ストアド プロシージャ(TRANSACT-SQL) SQL Server Agent Stored Procedures (Transact-SQL)
SQL Server エージェントのセキュリティを実装します。 Implement SQL Server Agent Security
sp_grant_proxy_to_subsystem (TRANSACT-SQL)sp_grant_proxy_to_subsystem (Transact-SQL)